×

自己PRの
書き方・伝え方ガイド ~パターン別のポイント・例文付き~

自己PRの書き方・伝え方を完全ガイド!自己PRの例文集から、書き方のコツ、よくある質問まで。採用担当者や面接官の目にとまる自己PRの書き方をご紹介します。

自己PRは、“企業が求める人材に、自分がマッチしていることをアピールする場”。これまで何をやってきて、何ができるのか、さらに入社後はどう貢献していきたいかに触れながら、分かりやすくまとめることがポイント。具体的な内容と根拠を盛り込みながら、オリジナリティのある自己PRを作成していきましょう。

自己PRの例文・サンプル集

自己PRを書く目的とは?

面接官に、「求める人材に自分がマッチしていること」を伝えることが大切。この前提を押さえた上で、自分が持つ能力やスキルが、入社後どのように活かせるのかを伝えていきましょう。

第二新卒の場合、未経験の場合、転職回数が多い場合…など、それぞれのシチュエーション別に例文・サンプル集を用意していますので、参考にしてみてください。

シチュエーション別の例文

経験職種別の例文

アピールポイント別の例文

受かる自己PRの書き方・コツ

企業は自己PRのどこを見てるの?

企業の面接官は、あなたが人生・仕事をする上で「大事にしていること(価値観)」や、将来どう成長したいかなど「志向」を見ています。

加えて、端的に自分をアピールできているかどうかも見ているため、書かれている内容や表現のわかりやすさが重要です。

自己PRを書き始める前に…

自己分析をする

自分をアピールするためには、自分のことをよく知らないといけません。そのため、まずは「自己分析」を行ないましょう。自分の考えや特性を把握し、言葉にする「自己分析」。5つのステップをご確認ください。

詳しくはこちら

他己分析をする

「自己分析」は、自分自身で行なうなので、主観的になりがち。一方、第三者から見た印象などをフィードバックしてもらうことで、より正確に自身についての理解を深められるのが「他己分析」です。

詳しくはこちら

自己PRの書き方・まとめ方のポイント

ただの自己紹介に終わらない!自己PRの書き方・まとめ方について、5つのポイントをご紹介します。

  • アピールポイント
  • 具体的なエピソード(根拠)
  • 成果・結果
  • 学び
  • 意気込み・今後どう生かしていくか

詳しくはこちら

実例から学ぶ!よりよい自己PRを書くには?

Aさんの場合 ~実績をアピールした自己PR

  • アピールポイント粘り強い営業スタイル
  • 具体的なエピソード(根拠)じっくり話を聞き、丁寧なフォローで受注につなげた
  • 成果・結果既存顧客の売上、対前年比120%
  • 学びきめ細やかなフォローの大切さ
  • 意気込み・今後どう生かしていくか顧客との深い関係性を構築、売上拡大

自己PR文にすると

私の強みは「寄り添い型の粘り強い営業スタイル」です。お客様に対して、強引に売り込むというよりも、何を求めているのか、まずはじっくり聞く。お客様との会話や何気ない対応から、本当に求められているものはなにかを考え、提案をしてきました。

このような積み重ねで、お客様との関係性を深め、結果として、前職の株式会社○△では、既存顧客の売上を拡大。対前年比120%という成果を収めることができました。

ここで学んだのは、細やかなフォローの大切さです。売り切りの営業スタイルではなく、常にお客様の立場になって、困りごとを解決してきました。今後も、長くお付き合いいただける営業を目指していきたいと思います。

Cさんの場合 ~長所をアピールした自己PR

  • アピールポイント協調性、チームワークを大切にしてきた
  • 具体的なエピソード(根拠)チーム内で成功事例を共有し、生産性アップ
  • 成果・結果残業時間20%カット
  • 学び全体視点を持って、仕事に向き合うこと
  • 意気込み・今後どう生かしていくか全体への影響を考えた、生産性の高いチームづくり

自己PR文にすると

前職の事務業務では、特にチームワークを大切に仕事をしてきました。具体的には、チーム内での成功事例を全員で共有できる場を設け、ノウハウを一般化。誰もがすぐに真似できる仕組みをつくりました。

結果として、チーム内の残業時間を月20%カットすることに成功。繁忙期には1人2時間程度発生していた残業を、1人1時間程度まで抑えることができました。チーム内の生産性アップを実現し、社内でも高く評価されました。

ここで学んだのは、全体視点を持って仕事に向き合うことです。個で考えるのではなく、会社全体にとってどのような貢献ができるのかを考えて、仕事をしていきたいと思います。

よくあるNG例!響かない自己PRはこれだ

「アピールの内容が具体性に欠けている…」「極端に文字数が少ない」他、よくある自己PRのNG例、企業の採用担当者に響かない自己PR例をご確認ください。

詳しくはこちら

自己PRのよくある質問

転職活動をしている人が疑問に持ちやすい、よくある自己PRの質問集。気になる質問、ぜひチェックしてください!

趣味を自己PRとしてアピールしたいときは?

趣味をアピールしたいときは、仕事に役立つような趣味や、ずっと長く続けている趣味が良いでしょう。面接官から好印象を得られます。

詳しくはこちら

履歴書と面接、自己PRは変えたほうがいい?

変えないほうが良いです。履歴書に記入した自己PRと、面接で話す自己PRの内容がずれていたら、企業側から不審に思われます。気をつけましょう。

詳しくはこちら

「長所」と「短所」の効果的な伝え方は?

採用担当者に「この人を採用したらメリットがある」という印象を与えることが重要です。長所だけでなく短所も含めて効果的にアピールしましょう。

詳しくはこちら

まとめ

自己PRを通じて大切なのは、応募企業から「求めていた人材」と感じてもらうこと。この前提を理解した上で、自分自身の強みを絞り込みアピールしていきましょう。

作成では、根拠となる実績や成果、さらにその強みを活かしてどう貢献していくのかまで伝えるのがポイント。フォーマットやサンプル集を参考にしながら、ありきたりではない自己PRを作成してくださいね。