×
どんな風に伝えれば「協調性」をうまく自己アピールできるか、例文を交えながら解説します。自己PRをする際、未経験の業界や職種でもアピールしやすい特性の1つが「協調性」です。しかし、「協調性」という言葉は非常に抽象的なので、伝え方には工夫が必要です。ぜひ参考にしてください。
2019/11/06

協調性をアピールする自己PR例文・ポイント

協調性をアピールする自己PR例文・ポイント

本ページでは、協調性をアピールする自己PRの例文とポイントをご紹介します。

 

1.協調性をアピールする自己PRのコツ

そもそも協調性とは?

「協調性のある人」って、どんな人?

ビジネスシーンに限れば、「仕事上のキーパーソンとなる人達とうまくやっていける人」が、協調性のある人と言えます。

 

面接官は、面接官自身を含め、チーム・上司・同僚・部下・顧客とうまくやっていけるかどうか?という観点で、協調性を見極めることになります。

 

これを意識しているだけで、面接での受け答えも変わってくるはず。ぜひビジネスにおける協調性を踏まえ、自己PRを考えてください。

 

企業によって、求められている協調性が違う!

当然ながら、企業ごとに働いている方々のタイプは変わってきます。つまり、各企業で求められる協調性も異なる、ということになるのです。

 

だから、企業のタイプを把握せずに突き進んでしまうと、「せっかく協調性をアピールしても空振り」ということもあるので、注意が必要です。

たとえば、ベンチャー気質でメンバーそれぞれが切磋琢磨していくタイプの会社なら、仲間と高めあいながら成長していきたいといった向上心がある方が求められているかもしれません。

 

一方、老舗で昔からのやり方にこだわるタイプの会社なら、社会や組織のルールを重んじるタイプの方がうまくやっていけるでしょう。
会社のタイプに応じて、自分のどんな面がその会社と共通しているか、それをアピールしていけるかがポイントとなるのです。

 

協調性をうまく伝えるための2つのポイント

直接的ではなく、間接的にアピールするのが大事

先述のように、「協調性」は企業ごとに捉え方が違う言葉です。そのため、「協調性があります」と言っても、伝わらないかもしれません。

 

大切なのは、直接的に協調性をアピールするのではなく、「この人は協調性がありそうだ」と間接的に感じてもらえるような話をすること。

 

例をあげるなら、「チーム一丸で売上目標を達成した」「チーム全体の底上げのために、ノウハウを共有した」といったお話が分かりやすいでしょうか。

 

企業のタイプに合わせて、他者と協力して何かを成し遂げた、あるいは常に周囲に目を向けていた、といった点をアピールしましょう。

 

エピソードを1つピックアップし、深堀りしよう

伝えたい内容が多いと、それぞれのエピソードが印象に残りにくくなります。協調性を伝えるエピソードも、1つに絞って伝えるべきです。

 

また、ただ結果や事象を伝えるだけでは、説得力があるとはいえません。なぜなら、企業が見ているのは、あくまで「組織として成果を出してくれそう!」と思える点があるかどうかだからです。

そこで、伝えたいエピソードを決めたら、どのような解決策を講じ、協調性を発揮したのかまで深堀りしてみましょう。

 

それをうまく伝えることができれば、面接官はあなたが組織の中で協調性を発揮することでどんな成果を出してくれるか、イメージしやすいでしょう。

2.協調性をアピールする自己PRサンプル

「営業職」を受けるときに効果的な協調性のアピール

他職種での経験をアピール(150文字ver.)

私は何よりチームワーク構築を重んじています。
店長をしていたアパレルショップでは、スタッフ一人ひとりと密にコミュニケーションを取って気兼ねなく距離感になることで、店頭ディスプレイや接客の改善提案なども活発になりました。
結果として、店舗全体の売上も向上。チームで働く貴社の営業職においても、こうした関係性構築の力が強みになると考えております。

 

同職種での経験をアピール(400文字ver.)

前職は、製造業向け省エネ商材の営業です。20名の営業部において4名チームで新規開拓を担っていました。しかし、人によって生産性に大きな差がある状態が生まれていました。

そこで私が提案したのは、効果的なアプローチ方法・トーク内容の分析です。得意分野にあわせてアポイント担当とクロージング担当に分かれ、成約に結びつきやすいアプローチ方法・トーク内容の情報を蓄積。週1回の営業部会議の中で共有し、意見を募りながらブラッシュアップしていきました。

その結果、営業1人あたりの受注数は3ヶ月で2倍にアップ。「顧客からの注目度が高い情報」を商品開発部にも共有することで、商品企画にも活かされました。 私自身「各自が得意分野を活かし、切磋琢磨して連携することの大切さ」を学んだ一件です。

貴社の営業部は、オープンなコミュニケーションが盛んだと聞いております。前職での経験を活かして、部署や職種を越えて協調することで、営業として成果を出していきます。

「事務職」を受けるときに効果的な協調性のアピール

他職種での経験をアピール(150文字ver.)

私が3年間働いていたレストランは、どの社員も毎日1時間以上の残業をしていました。

私は調理担当の一員として、現場から出た不満をもとに話し合い、ホールスタッフとの分担やキッチンの動線の変更を担当。1年ほどで残業はほぼなくなりました。こうした「様々な立場の人の意見を受け止められる協調性」は、貴社の事務業務においても活かせると考えております。

同職種での経験をアピール(400文字ver.)

前職では建築資材を扱う専門商社の事務スタッフをしていました。仕事の中で私が意識してきたのは「相手の立場に立ったコミュニケーション」です。なぜなら、こうした協調性がスムーズな業務の進行につながるためです。

主な業務は、営業が使う提案資料の準備・受発注データの管理・来客や電話応対など。しかし、その中で「営業から〆切までに必要書類が提出されない」といったことがありました

そこで、営業に「なぜ〆切までに準備できないか」をヒアリング。長く使ってきた書類のフォーマットが煩雑で、作成に時間がかかることが原因だと分かりました。それを受け、特によく利用される書類のフォーマットを現状に合った形に刷新し、〆切が守られる状態を作りました。

この経験から、仕事において相手の立場に立ったコミュニケーションを大切にしています。事務スタッフが様々な部門と関わる貴社においても、積極的にコミュニケーションを図り、ルールを守って円滑に業務を進めたいと思います。

「デザイナー・クリエイター職」を受けるときに効果的な協調性のアピール

他職種での経験をアピール(150文字ver.)

前職はソフトハウスのエンジニアとして、後輩を指導。システム開発は、チームプレイ。だから、周囲との円滑な仕事の進め方を重点的に教えました。

 

結果、その後輩は「周りの人とすぐに馴染めて優秀だね」と高く評価されるエンジニアに育ちました。

 

こうした「周囲との調和」を意識したスタンスは、貴社での仕事でも強い武器になると考えています。

同職種での経験をアピール(400文字ver.)

以前は、大手広告代理店から仕事を受ける制作事務所でデザイナーをしていました。会社全体として横の連携が少なく、業務効率が悪い作業が生じてしまう…という課題がある組織でした。

 

そこで私は、社内でのコミュニケーションツールの導入を提案。デザイナー、営業、コピーライターとの間で、「いま」を伝えられる環境を作り上げました。

 

結果、各職種の業務の優先度が異なっており、そのために連携ミスが起こっているという原因を明らかにすることができました。

 

この情報を活かして、社内での業務フローを改善。すると、劇的に業務効率が高まり、それまで発生していた納品工程でのミスが半分以下になりました。

 

こうした経験を通して理解したのは、個人プレー色が強い制作職であっても、社内での連携を強化することでプラスの効果が見込めるということ。

 

このような考え方は、貴社のこの仕事においても活きてくるものであると考えています。

 

3.NG例│こんな自己PRは避けよう

人材系の営業職での経験をアピールする場合のNGサンプル

私の長所は協調性です。営業職としてメンバー3名のマネジメントをする中では、リーダーとしてチームの結束力を高めることを意識して行動しました。
 
具体的には、チームの気持ちを1つにするために、声だしを積極的に行なったり、メンバーが受注したときには全力で賞賛しました。
 
声を出す際に声が揃うとチームとしての結束力は高まり、賞賛することでチームの雰囲気が良くなり、結果的にベストチーム賞をとることができました。

 
貴社でも、私の協調性を活かしてチームワークを高め、貢献していきたいと考えています。

NGポイント

結論から示している点や、エピソードが示されている点はGood!…ですが、全てが主観で書かれているため、「あなただけがそう思っているのでは?」と思われかねません。

 

たとえば、チームのメンバーからもチームワークの良さを実感するような言葉をもらったなど、客観的な視点や意見も入れることで、より説得力が増した自己PRになります。

飲食店の調理スタッフでの経験をアピールする場合のNGサンプル

私は飲食の調理スタッフとして4年間働く中では、いつも笑顔を絶やさないムードメーカーとなり、仲間やチームの人たちと円滑に仕事を進められるようにしてきました。
 
オフィス街にあるという立地上、ランチ時は近隣のビジネスパーソンが押し寄せ大混雑。そのため、お昼の厨房は殺伐とした空気になりがちでした。
 
ですがそんな時こそ、私が笑顔を絶やさないようにすることで場の雰囲気が和むことがよくありました。今後も場の空気を大事にして、チームワークを大切にしたいと考えています。

NGポイント

協調性というよりは「馴れ合いなのでは?」と受け取られてしまう可能も。また、場の空気を和ませたところで止めず、それにより仕事効率をあげられた、といったところまで言及できるとより良くなるでしょう。

関連する記事
2019/11/06
自己PRで長所・短所をうまくアピールするためのポイントと回答例文

本ページでは、書類選考や面接の際、面接官の方に注目していただけるような自己PRの方法につい…

2019/03/26
行動力・積極性・主体性をアピールする自己PR例文・ポイント

いざ転職活動を始めようにも、「アピールできそうな強みなんて無い…」「何も思い浮かばずに強み…

2019/03/26
実務経験がない場合の自己PR例文・ポイント

転職活動中、誰もが一度は悩む「自己PR」。履歴書作成や面接準備をするときに「自己PRを考え…

2019/03/26
負けず嫌いをアピールする自己PR例文・ポイント

書類選考や面接で聞かれことの多い自己PRで「負けず嫌い」をアピールする場合、表現次第で短所…

2019/03/26
責任感をアピールする自己PR例文・ポイント

社会人として数年の経験を積み、自分の強みや長所などを棚卸しされている時期かもしれません。そ…

2018/08/22
自己PRの回答【例文あり】|適切なアピールに向けた面接対策

面接で「自己PRしてください」と言われたら、どんなことを話しますか?急に聞かれてもきちんと…

2018/06/25
自己PRで「協調性」をアピールする効果的な方法は?(職種別の例文あり)

「自己PR」は、求職活動中には欠かせないものですね。採用担当に「この人と一緒に働きたい!」…

2018/05/25
第二新卒の自己PR|書き方・心構え・意識すべきポイントは?

「新卒で入社した会社は、実は第一志望ではなかった」「本当はもっと別の仕事がしたい」「1年近…

2017/12/06
事務職の自己PRってどう書くの?人事担当者にアピールできる書き方・例文サンプル集

派遣で事務を経験するうちに、もっとやりがいがほしくなって正社員を目指したくなるというのは、…

2017/11/14
IT業界・システムエンジニア(SE)の志望動機│内定につながる志望動機の書き方(例文あり)

「IT業界で働きたいけれど、スキルも経験もない。どんな志望動機を書けば合格できるの?」。 …

関連するキーワード