×
「第二新卒として新たなスタートを切りたい!けど前の会社をすぐに辞めてしまったと思われないかな」「そもそも、どうやって自己PRすればいいんだろう」。そんな不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは効果的な自己PRを例文やポイントをふまえて解説します。
2020/01/22

第二新卒の自己PRの書き方・ポイント【例文あり】

第二新卒の自己PRの書き方・ポイント【例文あり】

学校卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をしようとしている若手求職者、第二新卒の自己PRの書き方をご紹介します。

1.第二新卒の自己PRのポイント

企業が第二新卒を求める理由

「2~3年で会社を辞めてしまったから、なかなか採用してもらえないのかな」と不安に感じている第二新卒の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は第二新卒を求めている企業はたくさんあるんです。なぜなら…

基本的なビジネスマナーがすでに備わっているから。

新卒で入社した会社ですでに基本的なビジネスマナーを身につけていることが期待できるため、新卒に比べて教育コストがかからないというメリットがあります。

若手ならではのフレッシュさと意欲があるから。

社会に出てまだ2~3年目。若手ならではのフレッシュさと意欲を高く評価している企業がたくさんあります。

たとえ異業種・異職種からの転職であっても、若くて元気よく、仕事に対して前向きであれば、採用される可能性は大いにあります。

【第二新卒向け】自己PRのチェックポイント

次に、評価されやすい【第二新卒向け自己PR】のチェックポイントについて学んでいきましょう。

企業が求める人柄・スキルをきちんとおさえているか。

企業が何を求めているのか考えた上で自己PRを作るのが、何よりも大切です。ここをきちんと把握した上で自己PRを考えないと、企業からの評価はなかなか得られないでしょう。

求人広告や企業のHPを熟読し、どのような人柄やスキルを持っている人材が求められているのか、考えてみましょう。

企業に対して、自分が貢献できることを端的にアピールできるか

企業に対して、自分は何ができるのか端的にアピールしましょう。直接、実務経験がなかったとしても大丈夫。

たとえば営業職から他職種への転職を考えている場合は、「営業時代にどのような工夫をして、どのような成果を出したのか」といった点も十分にアピールにつながることもあります。

言いたいことが抽象的だったり、散漫だったりしないか

「なにができるのか」「どのような経験を積んできたのか」といった点が抽象的だと、企業側は「採用すべきかどうか」の判断を下すことができません。

またついつい言いたいことをたくさん詰め込んでしまうと、結局何ができる方なのかハッキリせず散漫な印象を与えてしまいます。

前職の批判をしていないか

前職の批判をしてしまうと、「他責で物事を考える人」という悪い印象を与えてしまうので、絶対にNGです。

なぜ転職を考えているのか理由を述べる時はできるだけ前向きな理由を記載するようにしましょう。

2.第二新卒の方の自己PRサンプル

次に自己PRの例文をチェックしていきましょう。

第二新卒で営業職から営業職に転職する場合の自己PR例

大学卒業後、○○不動産株式会社にてマンションの販売職に従事してきました。名刺交換や電話の取次、メールの作成といった基本的なビジネスマナーを学び、また「目標は必ず達成する」というビジネスマインドも養うことができました。さらに先輩の指導のもと傾聴力・提案力を磨き、2年目には城西エリアにて○○名いる営業の中でベスト5位の売上を達成、MVP賞もいただくことができました。そのような中、これからは「よりお客様の要望に沿ったお住まいをご提案したい」という想いが強くなり、注文住宅においてトップシェアを誇る貴社を志望させていただきました。これまで身に付けてきた基本的なビジネスマナー、目標必達の精神、そして営業経験で貴社の事業に貢献させていただければ幸いです。

ポイント

第二新卒に求められる基本的なビジネスマナーがきちんと備わっていることが分かりますね。

また、どのような実績を築いてきたのか分かりやすく数字でアピールできている点もGOODです。

第二新卒で販売職からマーケティング職に転職する場合の自己PR例

大学卒業後、株式会社○○にて主に女性をターゲットにしたアパレルの販売に携わってきました。世代・時間帯ごとの反響から仮説を立て、セールストークやディスプレイ方法を工夫し、PDCAを意識しながら仕事に取り組みました。結果、月間で個人の売上を○○万円UPさせ、昨年度は全国に○○名いる販売スタッフの中でベスト3位に入ることができました。Webマーケティングの実務経験はありませんが、ぜひこれまで培ってきた仮説思考力と実行力で貴社に貢献していきたいと考えています。

ポイント

未経験歓迎の募集であれば、実務に直結する経験やスキルはなくても大丈夫。

それよりも企業が見ているのは、「前職でどのような努力や工夫をしてきたか」です。これまでの経験を棚卸しして、そこから希望職種で役立ちそうなスキルを抽出できるとよいでしょう。

3.NG例│こんな自己PRは避けよう

大学卒業後、○○銀行にて事務職を3年続けてきました。定型業務が多く、自分の考えや意見をあまり採用してもらえない点に不満を感じ、今回貴社の募集に応募させていただきました。銀行の事務職には正確性が求められるので、ミスのない丁寧な仕事は得意です。必ず貴社の業務でも貢献できると考えています。

ポイント

前職の批判をしてしまっては、悪い印象を与えてしまうので、避けたほうがよいでしょう。

また、「3年の間にどのような経験を積み、何ができるようになったのか」もイマイチ不明です。

4.第二新卒の志望動機例

現在、大学時代に続けていた英語の勉強に、再度取り組んでいます。次の仕事では海外に関連する仕事に取り組んで、少しでも早く仕事を覚えたいからです。

 

現在の仕事にもやりがいを感じていますが、広告代理店という性質上、どうしても日頃取り扱う商品や、おつきあいさせていただくお客様が限られます。

常に世界の動きの中に身をおき、世界と競争していけるだけの見識を積むために、海外営業など、海外との接点が多い仕事で経験を積んでいきたいと考えています。

 

一日も早く利益に貢献できるよう、人一倍努力を惜しまず取り組みます。

周りの方に教えを請うこともあろうかと思いますが、その際にはぜひ厳しくご指導をいただければと思います。

 

5.自己PRの書き方・面接での回答例・ポイント集

いかがでしたでしょうか。あわせて、以下のページも参考にしつつ、あなたなりの自己PRを完成させていきましょう。

第二新卒の自己PR|書き方・心構え・意識すべきポイントは?

職務経歴書で自己PRは必要?|効果的な自己PR欄の書き方(例文つき)

自己PRの回答【例文あり】|適切なアピールに向けた面接対策

自己PRの書き方(履歴書・職務経歴書で魅力が伝わるサンプル・例文付き)

関連する記事
2019/12/18
【履歴書】志望動機と自己PRの違いとは?書き分け方のコツ|転職初心者必見

本ページでは、志望動機と自己PRの違いと書き分けのコツを紹介します。 目次志望動機と自己P…

2019/11/06
自己PRで長所・短所をうまくアピールするためのポイントと回答例文

本ページでは、書類選考や面接の際、面接官の方に注目していただけるような自己PRの方法につい…

2019/03/26
事務・管理系の場合の自己PR例文・ポイント

転職活動でつまずきがちな自己PR。これまでの経験や自分の長所を企業にアピールするチャンスで…

2019/03/26
同職種への転職の場合の自己PR例文・ポイント

履歴書や職務経歴書に記載したり、面接で聞かれたりすることの多い自己PR。自分の強みを企業に…

2018/08/22
自己PRの回答【例文あり】|適切なアピールに向けた面接対策

面接で「自己PRしてください」と言われたら、どんなことを話しますか?急に聞かれてもきちんと…

2018/06/25
自己PRで「協調性」をアピールする効果的な方法は?(職種別の例文あり)

「自己PR」は、求職活動中には欠かせないものですね。採用担当に「この人と一緒に働きたい!」…

2018/05/25
第二新卒の自己PR|書き方・心構え・意識すべきポイントは?

「新卒で入社した会社は、実は第一志望ではなかった」「本当はもっと別の仕事がしたい」「1年近…

2017/12/07
人材派遣会社への転職|志望動機の書き方!採用担当の心をつかむポイント

「人材派遣の仕事に興味はあるけど、いざ志望動機を書こうとすると自分の考えがまとまらない…。…

2017/12/06
事務職の自己PRってどう書くの?人事担当者にアピールできる書き方・例文サンプル集

派遣で事務を経験するうちに、もっとやりがいがほしくなって正社員を目指したくなるというのは、…

2017/11/14
IT業界・システムエンジニア(SE)の志望動機│内定につながる志望動機の書き方(例文あり)

「IT業界で働きたいけれど、スキルも経験もない。どんな志望動機を書けば合格できるの?」。 …

関連するキーワード