×
職務経歴書の書き方をご紹介します。転職活動に必須の職務経歴書を作成する前に、役割と立ち位置、履歴書との違い、職務要約の書き方を確認しましょう。職務経歴書の書き方で必須の基本項目やフォーマット、職務経歴書の記載例(見本)と職種別のテンプレートも確認可能です。
2018/03/20

職務経歴書の書き方(見本・フォーマット・例付き)

職務経歴書の書き方(見本・フォーマット・例付き)

「履歴書は書いたことがあるけど、職務経歴書って何を書けばいいの?」。

転職活動をはじめたばかりの人からよく聞かれるのが、この「職務経歴書」に関する疑問です。転職活動において、企業に応募する際に必要な書類ということはわかるものの、イマイチ何を書けばいいのかわからない…。きっと今、このページを見ているあなたもそうなのではないでしょうか。そこで今回は、転職活動の支援を行なう人材紹介会社の転職アドバイザー監修の元、転職活動初心者がつまずきやすい職務経歴書に関して、作成の心構え~具体的な書き方についてご紹介します。文末に職種別のサンプル集も用意しておりますので、職務経歴書作成にお役立てください。

1.職務経歴書の基本

職務経歴書は、「転職活動を戦うための武器」|職務経歴書の役割・立ち位置

「職務経歴書は、転職活動を戦うための武器」。

人材紹介会社の転職アドバイザーは、こう言い切ります。なんと大げさな…と思った方もいるかもしれませんが、職務経歴書は、あなたのキャリアやスキルを、あなたに代わって企業にアピールする重要な書類です。あなたがどんなに優れた人材であったとしても、職務経歴書で表現できていなければ、意中の会社への扉は開きません。言ってみれば、人生を大きく左右する存在。人生を切り拓き、転職活動を戦うための武器と言って過言ではありません。この点を意識して、作成に臨みましょう。

 

履歴書と職務経歴書の違いとは?

履歴書

履歴書は、あなたの学歴や職歴など、基本的な情報を伝える書類です。職歴の細かい記述は、職務経歴書に記載するため不要ですが、自身のアピールポイントを端的に伝えることを意識して作成しましょう。また、応募書類のうち、唯一のビジュアルである「写真」を掲載できるのも履歴書。写真の印象が書類選考に強く影響するため、写真の出来上がりにはこだわる必要があります。

職務経歴書

職務経歴書は、あなたの仕事の実務能力や経験、スキル情報等を伝える書類です。前述の通り、転職活動における武器と言って過言ではありません。また、履歴書と違い、定形のフォーマットはありません。本ページの最後にて、見本・雛形のテンプレートがダウンロードできるようになっておりますので、ぜひご活用ください。

転職アドバイザーの一言アドバイス

一次選考となる書類選考はもちろん、書類選考通過後の面接でも、職務経歴書に書かれた内容を面接で質問されるケースがほとんどですので、企業から質問される事項を想定して、書類作成に臨みましょう。

 

職務経歴書の基本項目(内容)

それでは、職務経歴書のフォーマット例を見ながら、記載する基本項目を確認していきましょう。

職務経歴書

 

必須/任意 項目 記載内容
必須 タイトル 「職務経歴書」
必須 日付 「○○年○月○日現在」と記載日を記入。
必須 氏名 フルネームを記入。
任意 連絡先(住所、電話番号等) <本文>
必須 職務要約(概要) 自身の職務経歴の概要を、最大5行程度で記載します。
必須 職務経歴 ・会社概要
企業名・資本金・従業員・売上高・事業内容・従業員数・売上高等、不明な部分があっても、企業名・事業内容のみは必ず記載しましょう。
・職務に携わった期間(○年○月~○年○月)
・所属部署・役職(異動、昇進歴など)
・具体的な職務内容
・実績(成果)
・受賞歴
・取組内容
を記載します。一つの項目ごとに3~5行を目安に記載。具体的な職務内容においては、いつ、誰を対象にした、どんな仕事をしてきたかを簡潔にまとめます。
任意 取得資格 応募している職務に関連した保有資格を書くことが有効です。略称ではなく正式名称で記載。取得時期も含めて記載します。
任意 パソコンスキル 事務系職種、クリエイティブ職種などでは、必要になる項目です。word、excel、Illustrator、photoshopなど、使用可能なアプリケーションごとにスキルレベルまで記載します。(例:Excel/ピボット作成)
任意 語学力 TOEIC、TOEFLなど、検定名と得点含めて具体的に記述してください。検定などを受験していない場合でも、業務において語学を使っていた場合は、「ビジネス英会話レベル」とレベルを書きます。
任意  自己PR 自身の能力や意欲など、具体的にアピールするブロックです。これまでの職務経歴の中から、応募先企業で有効になると思われることをアピールしましょう。技術、スキル、・人脈や、リーダー経験があればリーダーシップ、営業職としての行動力など、人事担当者がぜひ会ってみたいと思うよう、自身をアピールします。
必須 志望動機 履歴書内にも志望動機を書く欄がありますが、まったく同じ内容にならないよう注意しましょう。職務経歴書では具体的な経験やエピソードを盛り込むなどして、応募先企業を志望する理由に厚みを増しましょう。
任意 ページ番号(ノンブル) 職務経歴書は、A4用紙で2枚程度。職務経歴が多岐に渡ったとしても、最大で3枚以内に収めて作成します。企業の採用担当者がどのページを見ているか迷わないよう、ページ番号(ノンブル)をフッターに記載することが一般的です。

 

転職アドバイザーの一言アドバイス

冒頭の必須項目である、「職務要約(概要)」がとにかく重要です!
人事担当者の元には、あなたのライバルとなる応募者からの職務経歴書が、数十から数百通届きます。そのため、全ての書類に目を通すことは難しく、この職務概要のわかりやすさ次第で最後まで目を通すか否かを決めると言われています。わかりやすく経歴を要約し、自身をアピールするポイントを打ち出しましょう。

 

職務経歴書のフォーマット(形式)

職務経歴書のフォーマット(形式)には、大きく分けて『キャリア式』と『編年体式』があります。

編年体式

時系列に沿って、職務内容を示していく、最も一般的な形式です。特に、「社会人経験が浅い方」や「異動や転職の回数が少ない方」に向いていると言われています。

編年体式は、履歴書と照らし合わせながら読むことができるので、キャリアを積んできた過程が採用担当者に伝わりやすいという特徴があり、基本的にはこの形式での職務経歴書の作成がオススメです。

逆編年体式

逆編年体式は、文字通り編年体式の逆という意味。職歴を、現在から過去への時系列で表す書き方になります。

「応募している仕事内容が、今現在の仕事内容と同じ場合や、近しい方」や、「社会人経験が長い30代以降の方」など、直近の経験をアピールしたい場合に向いていると言われています。

キャリア式

キャリア式とは、職務経験を「職務分野別にまとめた」形式のことを言います。入社日などではなく、業務内容を見出しにするため、「何をやってきたのか」「得意分野が何か」などが伝わりやすい形式だといえます。そのため、「転職回数の多い方や経験・スキルをアピールしたい方(技術職や専門職など)」に向いています。

職務経歴書は「PC」「手書き」、どちらで作成した方が良い?

以前までは、職務経歴書・履歴書は既成品を購入して手書きで作成するものでしたが、現在はPCでの作成が一般的です。とはいえ、「手書きの方が丁寧か?」と思う方も多いでしょう。

傾向としては、インターネットで求人を公開していない企業や、歴史ある老舗企業、家族経営の地場企業などは、手書きの応募書類が好まれる可能性があります。直筆の文字から人柄を推し量ろうと考えている場合もあり、そういった企業に応募する場合は、手書きで履歴書を作成したほうがベターだといえるでしょう。

一方、インターネット上の転職サイトで求人を掲載している企業や、ホームページから応募を受け付けている企業は、PCで作成した応募書類でも問題ない可能性が高いです。IT系の企業などでは、手書きで応募書類を作成すると、「今どき手書きなんて古い、効率が悪い」「IT企業を志望しているのにパソコンというツールを使いこなせていない」という印象を与えてしまい、書類選考を通過できない可能性もあります。そのため、応募する企業ごとにどちらがよいか、きちんと見極めるようにしましょう。

<詳細はこちら>
履歴書はワードで作成すべき?|パソコン作成と手書き、ベターな形式は?(ダウンロード例あり)

 

2.職務経歴書の書き方

失敗しない職務経歴の書き方!鉄則は「読み手の視点で作成すること」!

多くの応募書類を確認してきた転職アドバイザー曰く、職務経歴の書き方で絶対に外せない鉄則は、「自分が書きたいこと、伝えたいことを書くのではなく、読み手である応募先企業が聞きたいこと、見たい内容を書く」ということです。

あなたにどんなにスゴイ経験やスキルであっても、応募先企業が求めていないことであれば、何の効果も生み出しません。応募先の企業が、募集する職種(人材)に何の経験・スキルを求めているかを求人情報の資格欄や職務内容をよく読んで考え、即戦力として活躍できそうと感じさせることができる、自身の経験・スキルを職務経歴書に記載します。

転職アドバイザーの一言アドバイス①

たとえば、「法人営業の経験者」募集の場合、企業の人事担当者が応募者の職務経歴書を見るポイントは、自社の営業として活躍できるかということ。具体的には、これまでの営業経験の中で、

  1. 取り扱った商材は何か(取扱製品、サービス)
  2. どんな顧客を担当したか(新規顧客/既存顧客、業種)
  3. どんな実績をあげたか(売上、件数、社内表彰)

などが確認したい部分です。有形商材、無形商材の種類など、取り扱った商材が自社の商材に近しい場合や、新規開拓・既存顧客フォローなど、経験してきた営業スタイルが近しいほど、評価が高まる可能性があります。求められるスキルから逆算して、近しい自身の経験・スキルをクローズアップして記載していきましょう。

転職アドバイザーの一言アドバイス②

募集されている職種に未経験で応募する場合は、実務経験がある人と同じスタートラインに立つためにも、募集職種に活かせるこれまでの経験要素を抽出し「基本能力」をアピールしましょう。たとえば、貴金属などの高額商品の接客・販売業の経験者であれば、「住宅販売など個人向け高額商品の営業」に応募する際に、富裕層顧客との関係構築力など、能力でアピールすることが有効です。いかに、採用担当者の目につくキーワードを抽出できるかが鍵となります。もし自分自身で思いつかない場合は、転職アドバイザーなど第三者に相談することも可能ですよ。

 

職務経歴はわかりやすさ重視!「5W1H」を用いて、記載する!

職務経歴作成にあたってのもう一つの鉄則は、「5W1H」を用いて、記載するということ。これまでの経験をわかりやすく書くことは何よりも重要です。いつ(When)、どこで(Where)、だれに(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)仕事をしてきたのか、まったくあなたを知らない人に対して、整理して職務経験を記載しましょう。

転職アドバイザーの一言アドバイス
前述もしましたが、企業の採用担当者は多数の応募書類を確認しています。そのため、職務経歴書を隅から隅まで目を通すことはなく、30秒~40秒で斜め読みします。そのわずかな時間内で「面接に呼ぶべき人物か」否かを見極めています。だからこそ、長々と職務内容を書くのではなく、「5W1H」を用いて、スピード感よく、わかりやすい文章に仕上げましょう。アピールの仕方、言葉の使い方を変えるだけで、面接に進めるチャンスが生まれる場合もあります。

 

職務経歴書を書き終えたら、「第三者にチェックしてもらう」ことがオススメ。

職務経歴書を書き終えたら、誤字・脱字のチェックをして提出…では終わりません。提出前に一度、第三者に見てもらう機会を設けることをおすすめします。人材紹介会社の転職アドバイザーに相談すると、上記のようなアドバイスが直接もらえますし、求人サイトが行なっている添削サービスを利用することも有効でしょう。他者からの率直な意見や感想をもらうようにしましょう。誰かに見られることは、少し恥ずかしいと思うかもしれませんが、自分一人では視野が狭くなってしまいがちです。書類選考通過のために取り組んでおきたいプロセスです。

 

職務経歴書の記載項目に関するチェックポイント

項目ごとのチェックポイント

全体

  • 見やすくできているか(改行、レイアウト、文字の大きさ、誤字)。
  • 2枚程度(職歴が多い方で3枚程度)でまとまっているか。
  • 他業界、他社では通じにくい専門用語を使用していないか
  • 言葉遣いが適切か。稚拙な言葉遣い、「である調」「ですます調」が混在していないか。

 

職務要約

  • 5W1Hで簡単に説明されているか。
  • 目安は3~5行程度が適切。短く簡潔な文章で書きます。並列な情報は、箇条書きにしましょう。
  • 特に注目してほしい経験を職務概要(冒頭)に持ってくるなど強調されているか。
    ※面接時の自己紹介をする際に役立ちます。
  • 応募企業の即戦力として活躍できそうな、スキル・経験を中心に記載しているか。
    ※不要なものは省きましょう。
  • ※アルバイトやパートの経験も、3ヶ月以上続けた長期の仕事や応募職種と同じ職種、業界などの場合、自分をアピールする材料になります。

 

会社概要

  • 事業内容、資本金、売上、従業員数、上場非上場など、どのような会社かイメージができる情報が記載されているか。

 

業務内容

  • 組織の中での役割(部署、役職、異動など) 、期間(20○○年○月~20○○年○月)が記載されているか。
  • 経験した業務内容が具体的に書かれているか。
    ※希望する職種と関連のある業務から記載しましょう。

 

実績・成果

  • 可能な限り定量的に表現されているか。(達成率、前年比、シェア、コスト削減率など評価ができる数値)
    ※数値は比較対象がないとすごさが伝わりません。
  • 売上○円→売上○円(達成率120%)など何と比較してどうだったかを記載しましょう。
  • 結果だけでなく、結果を出すために何を工夫したかが書かれているか。

 

活かせるスキル・経験

  • 企業から求められているスキル・知識を十分理解していることを書類上で分かってもらえるよう工夫しているか。「顧客との関係構築力」「新規開拓力」など、キーワードを使い、一目見て何が強みかが伝わるか。

 

職務経歴書を書く際の注意点|NGな職務経歴書!

転職アドバイザーがこれまで見てきた中で、明らかにNGと思われる職務経歴書には、以下4つのポイントがあるそうです。ご自身の職務経歴書が該当しないか、ぜひご確認ください。

誤字脱字が多い。

職務経歴書はあなたと企業との初めての接点。誤字脱字が多い場合、仕事においてもミスや煩雑な部分が多いのでは?と、企業側から懸念されてしまいます。「大切な書類なのに見直すという作業を怠る人」だ、「人生かけての転職活動なのに本気度が見えない」という印象を与えてしまっては、大きなマイナス。念入りに確認しましょう。
※誤字脱字に加え、「である調」「ですます調」が合っているか、フォント(種類・サイズ・半角全角)が合っているかもチェックしましょう。

文字が詰め込み過ぎ、文量が多すぎる。

小さな文字でびっしり書かれていて読みづらい場合や、枚数が3枚を超えるような職務経歴書は採用担当者から「読み手の立場へ気遣いができない」「簡潔にまとめる力がない」という評価がされてしまいます。

空欄が多く内容がすかすかしている。

内容がスカスカの職務経歴書の場合、「本当にうちを受ける気があるのか」という印象を与えます。意欲のない人をわざわざ面接に呼びたいとは思いません。適切な量できちんとアピールしましょう。

知らない用語、適切ではない言葉を多用されている。

業界の専門用語を使用している場合や、普段あまり一般的ではない言葉を書き、説明書きもない場合、「配慮のない人だ」という印象を与えます。また、正式書類なのに口語が入っている場合や、言葉が稚拙だと「常識のない人だ」と印象を与えてしまいます。

 

職種別!職務経歴書の記載例(見本)

下記から、職種別の職務経歴書のサンプルがご覧頂けますので、ぜひ参考にしてください。
企業の人事担当が見るポイントなども掲載しておりますので、ぜひ下記から応募する職種のリンクをクリックして、ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

3.職務経歴書の送り方

職務経歴書を送付する際の注意点

応募する企業によっては、職務経歴書や履歴書の送付を求められることがあります。その際に気をつけたい注意点をご紹介します。

「送付状・添え状」は、付けたほうが良い

送付状とは、職務経歴書・履歴書を郵送する際に同封する書類です。簡単な挨拶文を記載したもので、添え状・カバーレターとも呼ばれます。必ず添えなければならないものではありませんが、マナーとしてなるべく添付することをオススメします。

また、礼儀としてだけではなく、使い方次第では、応募先企業への志望理由や熱意をアピールすることも可能です。郵送された応募書類を見る際、採用担当者は履歴書より先に送付書を目にするため、特別な事情がない限りは応募書類に添えて送るようにしましょう。。

<参考>
履歴書の送付状・添え状(テンプレート付)|郵送時の書き方とは

応募書類一式を入れる「封筒」の書き方

職務経歴書・履歴書など、応募書類が揃った後は、書類一式を入れる封筒にも注意が必要です。封筒のサイズや色、宛名や住所を書く位置、宛先によって最適な敬称などがあります。書き方のポイントは下記をぜひご参照ください。

<参考>
履歴書の封筒の書き方・送り方を徹底解説!(宛名や住所の記載方法を含む)

応募書類の「メール」での送り方

メールで応募書類を送る場合は、職務経歴書はPDF等に変換して送付することや、機密情報を含むため開封のパスワード設定等が必要です。ビジネスパーソンとしてのマナーが問われる部分ですので、注意しましょう。

また、意外と見落としがちなのがメールの文面です。失礼だと思われないメールを送付をするためにも、せひ、下記から例文をご参照ください。

<参考>
メールに添付して、履歴書を送る方法|パスワードのつけ方、メール例文まで徹底解説!

 

ここまで職務経歴書の書き方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

職務経歴書(職歴書)は、転職活動において、あなた自身のキャリアやスキルをアピールする重要な書類です。職務経歴書作成の心構え~具体的な書き方、職種別サンプル集を参考に、職務経歴書を作成してください。

関連する記事
2018/06/21
英語・英文での職務経歴書(レジュメ)の書き方

「学生時代には海外に語学留学もしていた。だから新卒では得意の英語が活かせそうな会社に就職し…

2018/05/17
職務経歴書・履歴書|おすすめフォントを解説!読みやすいフォント・文字サイズの選び方

はじめて転職する人にとって、職務経歴書・履歴書の書き方は悩みの種ですよね。特に、フリーフォ…

2018/04/27
履歴書・職務経歴書「用紙サイズ」の選び方|B5?A4?適正な用紙とは?(テンプレートつき)

転職活動において必ず作成する履歴書や職務経歴書。決まった書式やフォーマットを設けている企業…

2018/03/08
職務経歴書、最適な枚数は?|1枚じゃ少ない?ベストな枚数とは?

たとえば、「これまでIT系の企業で、エンジニアとして働いてきたけど、職務経歴書に書くと枚数…

2018/03/06
転職回数が多い方向け!職務経歴書の書き方| 書類選考の不利を克服するには?

“転職経験が多い”という方も、最初から半年や1年で転職をするつもりで入社をしていないはずで…

2018/01/05
介護職:職務経歴書の書き方|採用担当者に評価される「経験・資格」のアピール例

「人手不足」と言われる介護業界。だからといって「実務経験あるし、応募したら受かるだろう」な…

2017/12/19
履歴書の書き方ガイド ~見本・ダウンロードフォーマット付き~

「履歴書って書き方にルールはあるの?」 転職活動をはじめたばかりの人であれば、「履歴書」に…

2017/12/04
職種別の職務経歴書テンプレート集(50職種の雛形をダウンロード可能)

「履歴書と職務経歴書って何が違うの?」「職務経歴書って、何をどうやって書けばいいのか分から…

2017/11/30
デザイナー志望者必見!職務経歴書の書き方|転職を成功させる職務経歴書(サンプル付き)

「グラフィックデザイナーになりたい!」と思っていても、「本当になれるのか?」「自分のスキル…

2017/10/16
職務経歴書は手書きとパソコン(Word等)とどちらが良い?

転職活動において、企業への応募の際に時に必要な書類の一つ、職務経歴書。いざ、作成しようとす…