転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2016/11/26 公開

職務経歴書の見本ってどこまで参考にすればいいの?


職務経歴書の見本

    転職の際、必ず参考にするのが職務経歴書の見本です。見本だけあって、真似したいポイントが沢山あります。ここでは、職務経歴書の見本について真似していいところ、逆に真似してはいけないところを説明します。

    ■職務経歴書の見本 真似してよいポイントとは

    まず、職務経歴書に書くべきものとして以下が考えられます。見本も以下のポイントは押さえられているはずです。
    ● 氏名、住所、連絡先電話番号
    ● 作成年月日
    ● 職務経歴概要
    ● 職務経歴詳細
    ● 生かせる知識、経験、資格
    ● 自己PR
    上記の項目に関しては、おおよそどの職種にも共通するものなので、書き方を真似ることは問題がないでしょう。

    ■職務経歴書の見本 真似してはいけないポイントとは

    職務経歴書の見本は、それ自体が汎用性のあるものとして作成されています。そのため、「各職務経歴の詳細」や「自己PR」は書き方を真似ることはしても、内容をそのまま真似することは避けましょう。

    自分の言葉を盛り込むことで、記載してある内容と面接で答える内容にずれが生じにくくなります。また、応募したい企業の職種の求人票の内容を読み込んで、自分の経験とすり合わせ、企業にとって魅力に感じてもらえる内容を意識することも大切かもしれません。

    ■職務経歴書は見本にはないオリジナリティーが大事です

    自己の経験の棚卸になる職務経歴書、転職活動の過程で何度か書き直していくことになるでしょう。職務経歴書の中心となる実際の職務経歴詳細に関しては、オリジナリティをモットーに作っていきましょう。

    written by