×
履歴書・職務経歴書を書いたことがない方、転職活動や就職活動を始めたばかりの方、はじめての転職で職歴がない方の参考になる情報を集めました。具体的な書き方はもちろん、履歴書のフォーマットやサンプル文章も用意しておりますので、履歴書作成にお役立てください。
2017/12/19

履歴書の書き方ガイド ~見本・ダウンロードフォーマット付き~

履歴書の書き方ガイド ~見本・ダウンロードフォーマット付き~

「履歴書って書き方にルールはあるの?」

転職活動をはじめたばかりの人であれば、「履歴書」に関するそんな疑問を浮かべるかもしれません。答えは、必ず守らないといけないわけではありませんが、ルールはあります。数多くの履歴書を見てきた企業の人事担当者であれば、書類を見てルールが守られているかいないかは一目瞭然。それだけで合否が決まるわけではありませんが、ルールが守られている方が、好印象なのは間違いありません。

そのため、履歴書の書き方・ルールを一度おさらいして、魅力的な履歴書を作成しましょう。文末に履歴書のフォーマットも用意しておりますので、作成時にお役立てください。

1.履歴書の目的を理解しよう

履歴書の役割

履歴書の役割は、ズバリ「ビジネスパーソンとしてのあなたを伝える」こと。転職活動に必要な書類である履歴書と職務経歴書。履歴書は、就活(就職活動)やアルバイトの面接で作成した人もいらっしゃるでしょう。そのため、「項目に沿って内容を埋めるだけ…」と難しく考えずに作成してしまう人もいるとか…?

でも、なぜ企業は履歴書の提出を求めるのでしょう?「履歴書を書くのが初めて…」という方はもちろん、「書類選考を通過できない…」という方も、まずは履歴書の役割を正しく理解しましょう。

仮にあなたが採用する企業側の立場だったらどうでしょう?応募者全員と面接はできません。そこで、履歴書の出番です。履歴書は、「あなたを知らない人(企業)」に「あなたがどんなビジネスパーソンなのか」を伝えるためのツール。

転職サイトにあるWEB履歴書も、手書きでつくる紙の履歴書も、自分自身を正しく知ってもらうために必要な書類なのです。履歴書の役割は、「ビジネスパーソンとしてのあなたを伝える」ことにあります。

 

履歴書の項目

履歴書には、「ビジネスパーソンとしてのあなた」を伝える項目が用意されています。特に手書きの履歴書においては、写真や書体からも、あなたの人となりが伝わっていきます。丁寧に作成することを心がけましょう。

履歴書の項目

履歴書用紙の種類・選び方

履歴書を作成するときに、意外と困るのが用紙の選び方。想像以上に種類が多く、買いに行っても迷ってしまうという人もたくさんいます。用紙の種類と選び方についてご紹介します。

種類はさまざまですが、基本的にはどの様式のものを使用しても問題はありません。気をつけたいのは、それぞれに特徴があるということ。たとえば、JIS規格のものだと学歴・職歴欄のボリュームが多いですが、自己PR欄は少ないです。実務経験が浅いと書くことが少なくなるため余白が多くなってしまい、自分をアピールできる履歴書とはいえません。それぞれの特徴と自分のキャリアを照らし合わせて、最適なものを選ぶことが大切です。

履歴書用紙の特徴と選び方

JIS規格

学歴・職歴欄が多く、自己PR欄の項目が少ないタイプです。特に社会人経験の長い方(職歴がアピールの材料になる方)に利用されています。

一般用

自己PR欄の項目が多いタイプです。特に社会人経験の浅い方(職歴でアピールできるものが少ない方)に利用されています。

転職用

職務経歴書用紙もセットになっている、もしくは退職理由を記載できるタイプです。特に、転職回数が多く、JIS規格の履歴書では書ききれないという方に利用されています。

パート・アルバイト用

希望曜日や時間などを記載できる項目があるタイプです。パートやアルバイトを探す学生や主婦の方たちに利用されています。

 

2.履歴書づくりのポイント

履歴書づくりの大前提

履歴書の作成にあたり、大前提としてのルールがあります。履歴書用紙を準備して筆を取る前に、このルールを確認しておきましょう。基本中の基本ルールです。

ここがポイント!

  • 黒のペン、もしくはボールペンを使用する ※鉛筆やシャープペンはNG
  • 書き間違えたら修正ペン・テープは使用せずに、新しい用紙に書き直す。
  • 読みやすく丁寧な字を心がける。
  • すべての項目を記入する。
  • 履歴書の使い回しをしない。
  • 提出する前に、誤字・脱字のチェックをする。

 

項目ごとの記載ルール

実は履歴書の書き方には、ルールがあるのをご存じでしたか?知らないまま書いてしまうと、採用担当者に「基本的な知識が足りないんじゃないか…」という印象を与えかねません。知っておくべきルールをきちんと抑えておきましょう。

履歴書の項目_上部

[1]日付

  • 苗字と名前の間は少し空ける。
  • 「ふりがな」の場合はひらがなで、「フリガナ」の場合はカタカナで記入する。

[2]氏名

  • 苗字と名前の間は少し空ける。
  • 「ふりがな」の場合はひらがなで、「フリガナ」の場合はカタカナで記入する。

[3]年齢

  • 送付時の年齢を記入する。

[4]住所

  • 都道府県から省略せずに記入する。
  • マンション名、部屋番号も記入する。
  • ふりがなは漢字のみに付与する。
  • 現住所とは別に連絡先住所を記入する用紙の場合、現住所と違いがなければ空欄でOK。
  • メールアドレスを記入するときは間違いやすい文字(数字の0とアルファベットのO)に注意。

[5]電話番号

  • 自宅か、携帯電話かのどちらかの番号を記入する。

履歴書の項目_下部

[6]学歴

  • [1]の西暦表記or元号表記と統一する。
  • 学歴の一行目には、「学歴」と記入する。
  • 中学校卒業から記入する。
  • 学校名は省略せずに記入する。※○○高校⇒▲▲県立○○高等学校☆☆科
  • 大学/専門学校は学部、学科、専攻まで記入する。※○○大学⇒私立○○大学▲▲学部◇◇学科☆☆専攻
  • 受験浪人期間の記入は不要。

[7]職歴

  • [1]の西暦表記or元号表記と統一する。・職歴の一行目には、「職歴」と記入する。
  • 社名は省略せずに記入する。※(株)ではなく株式会社。・入社、異動、退職のタイミングで記入する。
  • 職種や部署、簡単な業務内容を記入する。・正社員以外の雇用の場合は、その旨を記入する。
  • 退職理由は「一身上の都合により退職」と記入するのが一般的。

 

学歴欄の書き方

履歴書の作成にあたり、大前提としてのルールがあります。履歴書用紙を準備し氏名や住所などの基本情報を書くだけにしてしまうのはもったいない。工夫次第で、応募企業へのアピール材料にすることはできるのです。まずは、学歴欄について、ポイントを確認しておきましょう。

中途採用と新卒採用では、学歴の書き方が違う。

新卒採用の場合は中学校の卒業から記載していたかもしれませんが、中途採用の場合はそこまで細かく記載する必要はありません。高校入学から大学卒業までを書いておきましょう。大学時の卒業論文のテーマが応募企業の業種・職種に関連する場合は、記載しておくことがオススメです。

留学経験がある場合、履歴書のどの欄に書くか。

留学経験は学歴欄のどこに書けばいいのか、頭を抱えるところだと思います。1年以上の留学は、学歴欄に「時期、期間、国、学校名」を記載しましょう。1年未満の短期留学は、自由記述欄に記載し、語学力がアピールにつながる場合は「何語がどのくらい話せるのか」を記載しておくことが大切です。

浪人、休学、留年、中退している場合の書き方。

浪人、休学、留年、中退など、学歴にブランクがある場合は、書き方に注意が必要です(1~2年の期間はさほどのマイナスにはならないので特に触れる必要はありません)。長期の休学や中退した場合は、履歴書に理由を記載しておくほうが、面接でのやり取りはスムーズになるでしょう。

履歴書に学歴を書く際、注意点すべきポイント。

最後に、学歴を書くときの注意点についてご紹介します。【学歴・職歴欄】の1行目中央に「学歴」と記載し、2行目から年次と具体的な学歴を書くようにしましょう。入学・卒業の学校名が同じでも、「同上」と省略してはいけません。予備校に通ったとしても、学歴には入らないので記載は不要です。

 

職歴欄の書き方

履歴書の作成にあたり、大前提としてのルールがあります。履歴書用紙を準備し大きなスペースがあり、書類選考などで最も重視される職歴欄。在籍した会社名と入退社年月を書くだけでなく、実は細かいルールがあるのです。数多くの履歴書を見てきた人事担当者であれば、書類を見てルールが守られているかいないかは一目瞭然。ルールを知って、魅力的な職歴欄を完成させましょう。

履歴書の各項目

  1. 上段の「学歴」項目から必ず1行空け、中央に「職歴」と書いてから職歴を書く。
  2. 在籍した全会社の入社・退社年月を記入。
    ※短期間しか勤務していない場合でも、職歴はすべて正確に記載。
  3. 会社名だけで事業内容がわからない場合、括弧書きで簡単に説明。
  4. 配属先、職務内容は具体的に書く。※昇進や異動があった場合は昇進内容・昇進年月。異動部署名・異動年月も記入する。
  5. 法人名の表記は省略しない。※(株)(有)と省略せず、「株式会社」「有限会社」と書く。
  6. 在籍した会社が社名変更している場合は、○○株式会社(旧・△△株式会社)と補足。
    ※合併・買収等で、転職はしてないが在籍社数が増える場合も、理由を含めて記入。
  7. 退職理由が自己都合の場合は「一身上の都合により退職」、リストラなどの会社都合であれば、会社
    都合の場合は「会社都合により退職」「会社業績不振による希望退職」と書く。
  8. 最終行に「現在に至る」と記入。
  9. 職歴情報を書き終わったら、確認してから下段右端に「以上」と書いて締める。

 

趣味欄の効果的な使い方

履歴書を作成するときに何も意識しないまま書き始めてしまいがちなのが、趣味の項目です。「仕事とは関係ないでしょ?」と思い、適当に書いてしまうという人も多いのではないでしょうか。確かに、趣味が選考に大きな影響を及ぼすことは少ないかもしれません。でも趣味の話題がきっかけとなり、面接官とのやり取りが盛り上がることは充分にありえます。雰囲気が良ければ、面接官に好印象を与え、選考を有利に進めることも?趣味欄の効果的な書き方をご紹介します。

趣味について具体的に記載しよう

仮に「スポーツ」と記載されていたとしても、プレイする側なのか、観る側なのかはわかりません。自分のことを知らない採用担当者が理解できるレベルまで具体的に記載するようにしましょう。

スポーツであれば、スポーツの種目は何か、プレイする側か観る側か、頻度などを、美術館めぐりであれば、好きなジャンルや作家、作品などを記載したいですね。趣味がサッカー観戦であれば、応援しているチームなどについて触れるのもいいでしょう。

もし自身の出身地と違う都市のチームのファンであれば「なんで、このチームが好きになったんですか?」といった会話に発展しやすいはず。具体的に記載することで、コミュニケーションのきっかけになることがあります。

仕事に活かせる趣味はアピール材料に

食品関係の会社や飲食業を展開する会社などを志望する場合は、「食べ歩き」や「料理」といった趣味はアピール材料になるといえるでしょう。出版系の会社を志望する場合は「読書」、マスコミ関係の企業であれば「映画鑑賞」などがウケやすいかもしれません。応募企業の仕事に活かせそうな趣味は積極的に記載するようにしたいですね。

ここがポイント!

一点注意したいのは、ウケのよくなさそうなものは書かないということです。自分の趣味をお友達に話したとき、理解を得にくいマニアックなものは控えたいところですね。自分自身が簡潔に説明できて、面接官に「おもしろい趣味だ」と確実に思ってもらうことができればいいのですが、「変わり者」という印象を与えてしまうとマイナスイメージにつながる可能性もあります。

 

資格欄の書き方・ルール

履歴書にはさまざまな項目があります。氏名、顔写真、生年月日、住所、連絡先、学歴、職歴…と、数ある項目のなかでも、意外と軽視されがちなのが免許・資格の項目です。もし「とりあえず、取得している免許や資格を全部書けばいいんでしょ?」という考えの方がいたら、それはキケン。それはなぜなのか?その理由、具体的な書き方についてご紹介します。

免許・資格欄の書き方、基本ルール。

ルールとして知っておいていただきたいのは、免許や資格は取得順で記載していくということ。ただし、業務に関係のない免許や資格を記載してしまうというのはNG。保有している免許・資格をすべて記載しても、業務に関係なかったらアピールの材料としては機能しません。それどころか、採用担当者に「会社のことや職種のことを理解できていないのかな?」「ただの資格マニアかな?」というマイナスイメージを与えてしまう可能性も。応募企業・職種に関係のある資格のみ記載するようにしましょう。

【よくある質問1】
取得難易度の高い免許・資格でも、業務に関係ない場合は書かないほうがいい?

あまりにもマニアックな資格ではなく、取得した理由が明確であれば、記載していただいて問題ありません。採用担当者に「高い目標に向かって努力できる人」「自分を高める意欲のある人」という印象を与えることができるからです。

【よくある質問2】
業務には関係あるんですが、取得に向けて勉強中の資格は書かないほうがいい?

「○○取得に向けて勉強中」ということはきちんと記載しておきましょう。試験日が近く、取得がほぼ確実なら、「○月に取得予定」と記載してしまってもかまいません。

【よくある質問3】
免許・資格欄がさびしいので、少しレベルの低い資格でも書いておいたほうがいい?

あまりレベルの低い(ちょっと勉強したら取得できるような)資格は記載しないほうがいいでしょう。「向上心が低い」「自己研鑽を怠っている」という受け取られ方をされかねません。

記載した方が良いレベル・しない方が良いレベル

英検 準2級以上なら記載する
TOEIC 600点以上なら記載する※2~3年以内に取得したスコアであること
簿記 3級以上なら記載する※経理職志望の場合は2級以上

 

自己PR欄の書き方

履歴書にはさまざまな項目があります。氏名、顔写真、生年月日、住所、連絡先、履歴書や職務経歴書の記入項目や、面接で聞かれることの多い自己PR。自分の強みを、自由にアピールできる機会です。しかし、自由度の高さゆえに「何を書けばいいのかわからない」という方が多くいらっしゃるのも事実。自己PRを考える参考にしていただきたい例文をご紹介します。

自己PRの目的・機能

ルールとして知っておいていただきたいのは、免許や資格は取得順で記載していくということ。人事担当者が自己PRを通じて知りたいのは、募集職種の仕事内容に対して応募者の経験・能力がどのように活かせるのか、ということです。方法としては、応募企業・募集職種ごとに用意するのがベスト。職務経歴欄などに書き切れなかったことなどを、具体的に考えましょう。

ケース別、自己PRサンプル文章

●未経験の職種に応募するとき

経理の仕事に興味を持ったきっかけは、経営者の方との商談で知識が必要となり、独学で勉強を始めたからです。理解が深まるにつれ、経理の重要性や、会社に大きな利益をもたらすことがわかるようになりました。

現在、営業として会社への利益貢献に務めていますが、一人では影響力という点で限界があると感じています。経理であれば、より大きな利益貢献ができると考え転職を決意しました。

[これまでに習得したスキル]
昨年7月、日商簿記二級に合格しました。一級を取得するために、現在も継続して勉強に取り組んでいます。日常業務で使用するため、Excel・Word・PowerPointはひと通り操作できます。

ココがポイント

  • 人事担当者は「なぜその仕事(募集職種)に挑戦したいのか」を知りたい。
  • どのような努力をしているかは、効果的なアピールポイント。

 

●同業界・同職種へ応募するとき

これまで一貫して、自動車部品の営業に携わってきました。大手自動車メーカーN社の担当期間が長かったため、N社の開発プロセス・品質基準については詳しく、価格交渉の経験も豊富です。

この度個人的な事情で、実家のある群馬県へ戻ることになったため、転職活動をはじめました。他業界の営業も検討はしていますが、知識経験を活かして即戦力となれる可能性の高い自動車業界での営業職が第一希望です。

ココがポイント

  • 即戦力となりうることを最大限にアピールする。

 

●派遣社員から正社員へチャレンジするとき

経理の仕事に興味を持ったきっかけは、経営者の方との商談で知識が必要となり、現在は住宅メーカーで、事務として働いています。Excelを使った分析が得意で、現職でもピボットテーブルを使った分析業務をよく頼まれます。また日頃から担当業務の整理・分析を行なっており、実施可能な改善については積極的に発信しています。

ただ、派遣勤務のため、業務領域が限られており、もどかしく感じることがあります。今後は、得意とする分析スキルを駆使して、より大きな業務改善に取り組めるポジションで仕事にチャレンジしたいと考えています。

ココがポイント

  • 雇用形態(正社員、派遣社員等)についてはあえて触れない。
  • 実務スキルはアピールする。

 

入学卒業年度の一覧表

履歴書には、学歴や職歴の項目で入学年や卒業年、入社年、退社年を記載します。その際に役立つ、生まれた年ごとの入学・卒業年が一目でわかる早見表をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

入学卒業年度の一覧表

 

3.採用担当者はここを見ている

採用担当者に聞く、会いたくなる履歴書

履歴書にはさまざまな項目があります。氏名、顔写真、生年月日、住所、連絡先、履歴書の各項目について、書き方のポイントをお伝えしてきました。つづいては、実際に企業で人事担当として活躍するかたに、どのような履歴書が提出されると「会いたい」と思うかインタビューしてみましたので、その内容をご紹介します。

採用担当者は、履歴書で志望度を見ている。

―1日どのくらいの履歴書を見ますか?

時期にもよりますが、1日あたり20~30の履歴書を見ます。私の場合は見る前にアシスタントに選んでもらうこともあるのですが、企業によっては50~100の履歴書を見ている人事もいると思いますよ。

―かなり多いですね…。どういう軸で書類選考をしているのですか?

まずは、「本気で転職したい」と感じられるかどうかですね。たくさん履歴書を見ているので、何も書けてなかったり、明らかに違う会社に応募したときの使い回しだったり、項目とは異なる内容が書かれていると、志望度が低いのかな、と思ってしまいます。

細かい部分だと、証明写真もですね。貼られていなかったり、明らかに別目的で撮った写真だったりすると、入社意思を感じられませんよね。

履歴書をプレゼン資料として使って欲しい。

―“こういう履歴書を書ける人なら会いたい”というものはありますか?

人事が知りたい情報がまとめられている履歴書かな。募集している会社や仕事を理解できていて、自分の能力との照合ができているということなので。そういう人とは、たとえこちらの求めているスキルを持ちあわせていなくても、会ってみようかなと思えるし。

“どういうスタイルで働いてきたか”がわかることですね。同じ職種でも業界が変われば、働き方も変わるので。営業の仕事であれば、新規営業かルート営業か、商材がハードかソフトかなど書かれているとわかりやすいですね。

―“履歴書はもっとこういうふうに使ってほしい”というものがあれば、教えてください。

履歴書とは、求職者にとって最初の“プレゼン資料”だと思います。「僕を採用したら、こんなメリットがあるよ」というメリットを知りたいです。会いたいと思える人は、企業が求めているものを理解したうえでアピールできています。ぜひ有効活用してほしいですね。

 

証明写真で好印象を与える方法

履歴書を作成するときに提出が求められる証明写真。証明写真も撮り方一つで与える印象は大きく変わります。履歴書用証明写真を撮影するにあたり、気をつけたい点、より良くするためのポイントをご紹介。選考を有利に進めるティップスです。

おすすめしない履歴書写真

まずは、履歴書写真のルールからご紹介。履歴書は正式な応募書類です(WEB上で作成できる履歴書も同様)。その点をふまえると、以下のような写真の使い方はあまりおすすめできません。

おすすめしない写真の使い方

  • 日常生活で撮影した写真(証明写真ではないもの)を切り抜いて使用する。
  • パスポートや運転免許証のために撮影した写真を、履歴書のサイズに切り抜いて使用する。
  • 1年前に撮影した写真を使用する。
  • スーツやジャケットを着用せずに撮影した写真を使用する。
  • 寝ぐせのついた髪型やシワだらけのスーツで撮影した写真を使用する。
  • 無表情、もしくは暗い表情で撮影した写真を使用する。
  • アゴを引きすぎている、もしくは上げすぎている状態で撮影した写真を使用する。

おすすめの履歴書写真

よりよい写真を撮影するために取り組んでいただきたいことを、下記にまとめました。

おすすめの写真の使い方

男女共通

  • スピード写真ではなく、スタジオ(写真館)で撮影する。
  • 撮影前に、顔のテカリをあぶらとり紙で拭き取る。
  • 撮影時には、歯が見えない程度に軽く口角を上げる。
  • リクルートスーツ、もしくは色の濃いジャケットを着用して撮影する。
  • 撮影したらモノクロコピーをして、見づらくないか確認する。
  • 履歴書から剥がれたときを想定し、写真を貼り付ける前に裏面に氏名を記入する。

 

男性編

  • 髪を短くカットし、前髪がなるべく額にかからないようにセットして撮影する。
  • 上着の形が崩れないように、一番下のボタンを外してから撮影する。
  • インナーに白い無地のワイシャツを着用して撮影する。
  • 清潔な印象を与える、レジメンタルストライプ柄(斜めストライプ)や小ドット柄のネクタイを着用する。

 

女性編

  • 健康的で清潔な印象を与える色味のメイクをして撮影する。
  • 前髪が額にかからないようにセットして撮影する。
  • インナーに白い無地のシャツ、もしくはカットソーを着用して撮影する。
  • 髪が長い場合は後ろで束ねるか、後ろに流して耳を出してから撮影する。
  • 目立つアクセサリーは外してから撮影する。

4.履歴書でアドバンテージを

封筒選び・宛名書きのマナー

無事履歴書を書き上げて郵送する際に、押さえておきたいマナーがあります。宛名の書き方を間違えたり、封筒のサイズが合っていなかったりすると、企業側に「一般常識がない」というマイナスなイメージを与えないために、確認しておきましょう。

最初が肝心―封筒選び

履歴書を選ぶ際に意識したいのは、折らずに封入できるサイズかどうか。折られている履歴書は、人事担当者がファイリングするときやコピーをとるときに手間がかかってしまうからです。折らずに入れられるサイズの封筒であっても、履歴書をクリアファイルに入れるなどして折れないようにする気配りも、好印象のポイントです。

また、茶色の封筒や社名などの印字の入った封筒ではなく、白無地タイプのものを選ぶようにしましょう(文房具店をはじめ、ホームセンターや100円ショップなどで購入できます)。

宛名の書き方ルール

縦書きで記入するのが基本です。これをふまえて、以下の点に注意しましょう。

宛名の書き方ルール

<住所>
  • 都道府県名から書く。
  • 「丁目」や「番地」を省略しない。

 

<宛名>
  • (株)のように株式会社を省略しない。
  • 封筒の中央に送付先(部署や担当者)を記載する。
  • 送付先ごと最適な敬称を使用する。(会社・部署・係宛/御中役職宛/様)

 

<その他>
  • 封筒の左側に赤字で「応募書類在中」と記載する。
  • 料金不足にならないよう、郵便局の窓口から郵送する。

 

<裏面>
  • 自分の住所、氏名を記載する。
    ※住所は都道府県名から書き、「丁目」や「番地」を省略しない。
  • テープでの封は不可。ノリで封をして、〆印か割印をする。
    (〆印/封をした箇所に〆と書く割印/封をした箇所に印鑑を押す)
  • 郵送する日付を左上に記入する。

封筒

知っている人だけ得する「送付状」

履歴書を郵送する際、好感度を大幅に上げる方法をご紹介します。特に、未経験の職種や業界にチャレンジする場合や、求められるポジションに多少スキル不足を感じられる場合に有効です。企業の求めるレベルとの差を埋める、熱意を伝えられる可能性がぐんと高まりますので、是非、利用して書類選考を有利に進めましょう。

送付状というPRツール

履歴書を選ぶ際に意識したいのは、折らずに封入できるサイズかどうか。折られている履歴書は、人履歴書や職務経歴書を郵送する際に、簡単な挨拶文を記載して同封する書類があります。「送付状」「添え状」「送り状」「カバーレター」などと呼ばれている、ビジネスに必須の一枚です。役割としては「挨拶文」を記載するものですが、書き方次第で自己PRのツールへ様変わりします。

送付状の書き方

決まったフォーマットなどはありませんが、下記の順番で書くのが一般的です。

①送付年月日
②宛先
③あなたの住所、名前
④前文(頭語・時候のあいさつ)
⑤本文
⑥末文(結語)

平成◯年◯月◯日
株式会社◯◯◯◯ 人事部採用課 鈴木様
〒163-1335
東京都新宿区西新宿6-5-1
縁太郎
拝啓 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
このたび、求人サイト『エン転職』より、貴社募集の▲▲に応募させていただきました、縁(名字)と申します。
履歴書・職務経歴書をお送りいたします。

 

私はこれまで、一般事務用品と電子文具の販売職として4年間勤務し、商品レイアウトの改善やパネルの作成などにより、売上向上に努めてまいりました。
今後は、現場社員の活躍をサポートする事務職として事業に貢献したく、今回貴社の求人に応募いたしました。
販売職として顧客やチームとのやり取りを通じた交渉力・調整力は、様々な部署と関わる事務職においても活かせると考えております。

 

ご査収、ならびにご選考の程、よろしく お願い申し上げます。
敬具

 

送付状作成の注意点

  • A4かB5の用紙1枚にまとめる。企業指定の履歴書がある場合は、サイズを合わせる。
  • PC作成でも手書きでも構わない。
  • 手紙の体裁なので、「ですます調」で書くことが基本。
  • 勤務先や退職した会社の悪口は書かない。
  • 苦労話を書く場合は、それを通じて何を得たのかという結論に落としこむ。
  • 文章は短く、簡潔に(だらだらと説明くさくならないように、また社内用語などは避ける)。

書類選考を有利に進めるためのポイント

採用担当者は1日数十通から百通を超えるほどの履歴書・職務経歴書を見ています。数ある書類のなかから「この人に会いたい」と思ってもらうためには、他の応募者との違いをアピールすることが大事。大切なのは、マニュアル通りにならないこと・主観的で自分勝手な内容にならないことです。自分自身の長所やキャリアを振り返り、採用担当者に熱意が伝わるような書類を作成しましょう。

 

5.履歴書テンプレートのダウンロード

履歴書のテンプレートがダウンロードできます。転職活動の際にお役立てください。

履歴書をダウンロードする

関連する記事
2018/10/05
自己PRの書き方(履歴書・職務経歴書で魅力が伝わるサンプル・例文付き)

転職活動をはじめよう!と思ったときに、必要となるのが「自己PR」と「職務経歴書」。そもそも…

2018/10/04
職務経歴書の書き方(見本・フォーマット・例付き)

「履歴書は書いたことがあるけど、職務経歴書って何を書けばいいの?」。 転職活動をはじめたば…

2018/08/21
面接でスグ使える!志望動機の回答例・NG例 │よくある質問20パターン

どんな企業の面接でも、必ず聞かれる志望動機。とはいえ、はじめての転職活動であれば、志望動機…

2018/05/29
未経験職種にチャレンジ!志望動機を書くときのポイントを伝授。

未経験の職種へチャレンジするとき、どんな志望動機を書くべきなのか。迷う方も多いのではないで…

2018/04/11
面接で失敗しない“短所”の答え方|短所を聞かれた際のNG回答例、GOOD回答例

あなたの短所を教えてください―――。面接でこんな質問を受け、しどろもどろになってしまった人…

2018/04/04
面接での趣味の答え方|趣味を自己PRとして有効に使う方法(例文つき)。

履歴書やエントリーシートに趣味欄があるのと同様に、面接でも趣味を聞かれることはよくあること…

2017/11/24
面接での逆質問の仕方(何か質問はありますか?は恐くない!好印象な事例)

「弊社について何か質問はありますか?」 そんな面接官からの問いに、上手く答えられなかった……

2017/11/22
面接結果待ちの不安を解消┃結果連絡が遅れる理由と、対処法(問い合わせ文面付き)

面接が終わってホッとしたのもつかの間。面接結果がいつ届くのかを聞き忘れてしまった!というこ…

2017/11/14
IT業界・システムエンジニア(SE)の志望動機│内定につながる志望動機の書き方(例文あり)

「IT業界で働きたいけれど、スキルも経験もない。どんな志望動機を書けば合格できるの?」。 …

2017/11/09
面接日程調整メールへの返信マナー(例文・文面付き)

書類選考に通過したのはいいものの、企業からの面接日程の打診メールに「どう返信しようか…」と…