×
面接で退職理由を聞かれた時、あなたはどう答えますか?今の会社の嫌なところなど、面接官にネガティブな印象を与えてしまっているかもしれません。今回は、面接官が転職理由を聞く理由、納得する答え方などをご紹介。回答例もありますので、ぜひ参考にしてみてください。
2018/01/31

面接で退職理由を聞かれたら?|面接官が納得する転職理由の伝え方(回答例あり)

面接で退職理由を聞かれたら?|面接官が納得する転職理由の伝え方(回答例あり)

面接で退職理由を聞かれた時、あなたならどう答えますか?

転職理由は、どうしても今の会社の愚痴や自分の不満になりがち。それをそのまま面接官に伝えている方は要注意。ひょっとしたら自分でも気づかないうちに、面接官にネガティブな印象を与えてしまっているかもしれません。

面接はあくまで自分をアピールする場です。そこで今回は、好印象を与える転職理由の伝え方をご紹介。そもそも面接官が退職理由を知りたがる理由とは?回答する時に気をつけるポイントは?など、徹底的に解説します。実際の面接場面で使える回答例も用意していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.面接で見られているのは、退職理由そのものではない!?

面接で退職理由を聞く理由って?

企業の採用担当者にとって、応募者の経験やスキルは、応募書類を見ればある程度わかるもの。だからこそ、面接で知りたいのはそれ以外の部分。会社のビジョンに合うだろうか?既存社員とうまくやっていけるだろうか?など、面接はその人の人柄を見極める場なのです。

その点、退職理由は応募者の人柄が表れやすいもの。その人が働く上で重要としていること、逆にモチベーションが下がってしまうポイント、次の職場に期待していることなどを知ることができます。それにより、入社後活躍してくれる人材かどうかを判断しているのです。

同時に、退職理由によって、すぐに辞めてしまう可能性も採用担当者は探っています。というのも、すぐに退職されてしまうと、採用活動や入社後の教育などにかけた費用や時間が無駄になるのはもちろん、採用担当者の評価が下がってしまうから。どの企業でも選考は慎重に行なわれており、中でも退職理由は応募者を深く知る上で非常に重要な要素だとされています。

転職者のリアルな退職理由(退職理由ランキング)

まず、世の中の転職者のリアルな退職理由から見てみましょう。

『エン転職』が6000名以上の転職者を対象に実施したアンケートによると、退職を考えたきっかけとして最も多かったのが「給与が低かった」(47%)という理由。2位には「評価や人事制度に不満があった」(37%)、3位には「残業や休日出勤が多くて辛かった」(28%)という理由が挙げられています。

その後続いたのは、「業界や会社の将来が不安になった」(26%)、「人間関係がうまくいかなかった」(23%)、「仕事のしすぎで体調を壊した」(20%)、「他にやってみたい仕事ができた」(18%)、「社風や風土になじめなかった」(17%)、「やりたい仕事ではなかった」(16%)、「福利厚生などの待遇が悪かった」(16%)といった退職理由でした。

このアンケートからわかるのは、ほとんどの人が何かしらの不満をキッカケに転職活動を行なっているということ。それでも合否の差が出てしまうのは、退職理由そのものが大事なのではないということでしょう。転職を決意した出来事の受け取り方や考え方、そして面接時の伝え方が、面接官に与える印象を大きく変えるのです。

では一体、面接では転職理由をどのように伝えれば良いのでしょうか。

(参考:『エン転職』アンケート結果 第33回 テーマ「退職理由」について
アンケート実施期間:2017年5月1日(月)~2017年5月31日(水) 有効回答数:6355名)

2. 面接官に退職理由を伝える時のポイント

先述したとおり、伝え方ひとつで印象がガラッと変わるのが「退職理由」。どうせなら好印象に伝えたい。そう考えるなら、面接で退職理由を伝える際、気をつけるべきポイントはいくつかあります。

前向きに伝える

実際のところ、転職を決意するには何らかの不平不満があったはず。ですが、それをそのまま伝えたとしても、採用担当者は嫌な顔をするだけ。入社後も同じように自社を悪く言うのではないだろうか、と思わせてしまいます。そのため、たとえネガティブな理由であっても、ポジティブに変換して伝えることがポイント。今の会社の不平不満は言わず、「次は○○したいから」「新しい職場では〇〇のために頑張りたい」など、入社後に焦点を当てた伝え方がベストです。

表情にはメリハリを

面接時に笑顔で対応することがマイナスになるということはないでしょう。 ただ、質問された内容に応じて表情にメリハリを持たせることで、より自分の話に採用担当者をひきつけることができます。例えば、これまでの経験で苦労した体験談を話す際や、入社に対する熱意をアピールする際などは、真剣な表情の方が、自分の気持ちが伝わりやすくなります。退職理由も同様です。ぎこちない表情にならない程度に、意識してみると良いでしょう。

入社の覚悟が伝わるトーンで

退職理由はすなわち、転職を決断した理由。大げさにいえば、人生を変える判断をした理由です。そこに至るまで、真剣に悩み、転職先を選んだことでしょう。決して軽はずみな行動ではないはず。そのため、表情と同様、真剣なトーンで伝えるのが良いでしょう。ただ退職理由だけではなく、一緒に入社の覚悟も伝える意識でいると良いです。ただし、面接はあくまでも自分をアピールする場なので、暗い印象を与えてしまうような話し方は避けてください。

3. よくある退職理由の伝え方(回答例)

「給与が低かった」場合

退職理由の第一位に挙がった「給与の低さ」。ただ、それだけでは「給与が希望に合っていれば、当社でなくても良いのだろうか?」と誤解されてしまうかもしれません。そのため、事実を簡潔に説明した上で、「業務で成し遂げた実績に給与が見合わないと感じたので」と一緒に自分の成果をアピールするとマイナスな印象を与えないでしょう。

退職理由の回答例

「5年間給与が上がることなく、なかなか自分の成長や成果を実感できずにいました。先輩以上の成績を収めても、給与にはほとんど反映されず、上のポジションには年次順にしか任されないため、モチベーションが低下してしまったこともあります。そのため、成果を正当に評価する実力主義の会社に転職して、これまで培ってきた経験やスキルを発揮したいと考えました。」

 

「評価や人事制度に不満があった」場合

自分の仕事や成果に自信がないと、評価や人事制度に関する不満はなかなか口にできません。その不満が生まれてしまったのは、「自分の頑張りを見てほしい」「努力や成果を、会社からの評価でも実感したい」という想いがあるからでしょう。「評価をモチベーションに変えて、もっと成果をあげたい」「正当に評価してもらいたい」と前向きに言い換え、転職を決意した理由を伝えましょう。

退職理由の回答例

5年間給与が上がることなく、なかなか自分の成長や成果を実感できずにいました。先輩以上の成績を収めても、給与にはほとんど反映されず、上のポジションには年次順にしか任されないため、モチベーションが低下してしまったこともあります。そのため、成果を正当に評価する実力主義の会社に転職して、これまで培ってきた経験やスキルを発揮したいと考えました。

 

「残業や休日出勤が多くて辛かった」場合

残業が多い。休日出勤が多い。そんな忙しい環境に嫌気がさしてしまったことの裏側には、「一つひとつの仕事にじっくりと向き合いたい」「もっと効率的に働いて成果を挙げたい」という考えが自分の中にあるのかもしれません。面接前に自分の気持ちを整理し、「うちの会社にも、残業や休日出勤が発生する場合もあるのに…」と面接官を不安にさせないような伝え方を考えてみてください。

退職理由の回答例

前の職場では『残業するのが当たり前』という風土で、あまり仕事がなくても皆で残ってワイワイと作業するような雰囲気でした。残業すること自体は抵抗がないのですが、もっと効率的に仕事を進めることができれば、さらに高い成果が挙げられると思っています。これまで以上の成果にこだわるためにも、メリハリを持って業務に取り組める環境で働きたいと思い、退職を決意しました。

 

「業界や会社の将来が不安になった」場合

在籍中の企業から「機密情報のため、経営状況について口外してはならない」といった指示がなければ、業界や会社の経営状態に関して、正直に面接で伝えても問題ありません。ただ、面接官が知りたいのは、「それをきっかけに今後何をしていこうと決意したのか」という点。今回の転職を機に達成したいことや担当したい仕事など、なりたい自分の像を一緒に伝えることを意識しましょう。

退職理由の回答例

業績不振により、店舗が閉鎖されることとなり、会社都合により退職しました。自分の力量が及ばなかったという点で残念な気持ちはありますが、5年間店舗での接客とスタッフのマネジメントに携わってきた経験を新たな環境で発揮したいと考えています。

 

「人間関係がうまくいかなかった」場合

人間関係に悩むということは、ポジティブに言い換えれば、周りとうまくやりながら気持ちよく働きたいと考えているということ。仕事において、チームワークや職場の雰囲気づくりを大事にしている証拠でしょう。その点を面接官に伝えることで、退職理由に納得してもらえるはずです。

退職理由の回答例

今の職場では個人の売り上げが重視されています。そのため、仲間同士で協力することは少なく、自分ひとりで成果をあげる動きがほとんどでした。しかし、私は周りのメンバーと協力しながら仕事に取り組むことが好きです。そのため、今の職場を退職し、チームワークを重視する御社で働きたいと思いました。

関連する記事
2018/06/04
面接のお礼状は書くべき?|お礼状の書き方やポイントを解説(例文あり!)

あなたは転職面接の後にお礼状を書いたことがありますか?「意中の会社で、面接でも手応えがあっ…

2018/05/01
面接でスグ使える!志望動機の回答例・NG例 │よくある質問20パターン

どんな企業の面接でも、必ず聞かれる志望動機。とはいえ、はじめての転職活動であれば、志望動機…

2018/04/12
面接・履歴書での「長所」アピールのコツ|例文集

長所は面接や履歴書でよく聞かれる質問の1つ。そこでこのページでは、面接や履歴書に使える長所…

2018/04/11
面接で失敗しない“短所”の答え方|短所を聞かれた際のNG回答例、GOOD回答例

あなたの短所を教えてください―――。面接でこんな質問を受け、しどろもどろになってしまった人…

2018/04/04
面接での趣味の答え方|趣味を自己PRとして有効に使う方法(例文つき)。

履歴書やエントリーシートに趣味欄があるのと同様に、面接でも趣味を聞かれることはよくあること…

2018/01/29
上司も納得!退職理由の伝え方|転職アドバイザーが教える回答例文あり

「転職活動で何が一番大変でしたか?」という質問をしたとき、多くの方々が「現職の会社に退職の…

2018/01/23
面接辞退の仕方|メール?電話?面接の断り方(キャンセル方法)―そのまま使える例文あり―

順調に転職活動を進める中で、「なんだかここの企業、思っていた雰囲気と違うかも…」など、面接…

2017/12/26
面接の自己紹介のポイント(好印象を与える回答例付き)

無事書類選考を通過し、いよいよ面接へ。初めての転職。 「中途採用の面接ではどんな質問をされ…

2017/11/24
面接での逆質問の仕方(何か質問はありますか?は恐くない!好印象な事例)

「弊社について何か質問はありますか?」 そんな面接官からの問いに、上手く答えられなかった……

2017/11/22
面接結果待ちの不安を解消┃結果連絡が遅れる理由と、対処法(問い合わせ文面付き)

面接が終わってホッとしたのもつかの間。面接結果がいつ届くのかを聞き忘れてしまった!というこ…