×
本ページでは、転職時の面接におけるよく聞かれる質問と回答例をご紹介。たとえば「自己紹介をしてください」と言われた時。何をどう話せばいいのか悩む方も多いハズ。新卒とは違い、中途採用では限られた面接回数の中でいかに自分をアピールできるかが重要なポイント。面接前に必見です。

記事の概要を見る

本ページでは、転職時の面接におけるよく聞かれる質問と回答例をご紹介。たとえば「自己紹介をしてください」と言われた時。何をどう話せばいいのか悩む方も多いハズ。新卒とは違い、中途採用では限られた面接回数の中でいかに自分をアピールできるかが重要なポイント。面接前に必見です。
2020/10/28

面接の自己紹介のポイント(好印象を与える回答例付き)

面接の自己紹介のポイント(好印象を与える回答例付き)

無事書類選考を通過し、いよいよ面接へ。「自己紹介は何を話せばいいの?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、面接で自己紹介を行う際のポイントや、回答例について解説します。面接前にチェックしてみてください。

1.自己紹介と自己PRの違い

面接の際、「自己紹介をしてください」と言われるケースと「自己PRをしてください」と言われるケースがあります。よく似た言葉ではありますが、どちらを言われるかで企業の「聞きたい」と思っていることは異なるので注意が必要です。

「自己紹介」は自分を知ってもらうためのもの

自己紹介とは、あなた自身の所属や人柄などを簡単に伝えるためのもの。氏名や現職について(会社・部署・職種など)、趣味・特技などを完結にまとめたものが、自己紹介です。面接官より「簡単に自己紹介をしてください」と言われたときは、1分ほどでこれらの要素を簡潔に伝えるようにしましょう。

「自己PR」は自分の魅力を伝えるためのもの

自己PRとは、あなたの強みや長所について伝え、企業に「採用したい」と思ってもらうためのものです。具体的には、資質(性格)やスキルなどをアピールします。これまでの経験を交えて、どんな時にどのようにあなたの強み・長所が発揮されたのかを伝えることで、自分の魅力をアピールしましょう。

2.面接での自己紹介で必ず伝えるべき3つの項目

自己紹介の際は、「氏名などのプロフィール」「現職または前職について(社名・所属・職種について)」「締めの言葉(意気込みなど)」の3つのポイントを盛り込むようにします。

 

そのときに注意したいのは、あくまでも簡潔にわかりやすく伝えること。面接の導入として、「もう少し話を聞きたい」と思ってもらえるよう、あえて伝えすぎないことを意識すると良いでしょう。

氏名などのプロフィール

面接の自己紹介で話すべきプロフィールは、氏名などです。まずは面接官に「自分は何者なのか」を伝えられるかどうかが重要になります。いきなり話し始めず、氏名はフルネームできっちりと伝えてください。

現職または前職について(社名・所属・職種について)

現職または前職については、今回希望する仕事において活きるスキル・資格があれば簡単に伝えるようにしましょう。また、仕事における成果や実績を具体的にアピールできると、面接官の評価を高められるはずです。

締めの言葉(意気込みなど)

締めの言葉については、どうして今回の仕事・会社に関心を持ったのかを伝えられると、その後の自己PRもしやすいはずです。あわせて意気込みを伝えることで、面接官に意欲の高さをアピールできます。

3.「自己紹介をお願いします」と質問されたときの答え方

自己紹介を求められる理由

面接で採用担当者は、「求職者が自社で活躍できるか」という点を見極めようとします。そして、面接会場に入場したタイミングから、見極めは始まっています。単に名前や生い立ちを話すだけではなく、自分のキャリアやアピールポイントを簡潔に伝えられるようにしましょう。

回答のポイント

伝えるのは要点だけ。30秒~1分程度にまとめよう。

中途採用の面接における自己紹介は、あなたの「これまでの職務経歴」を簡潔に伝える場です。遠い過去まで遡ってダラダラ話したり自身の強みや志望動機まで盛り込んだりせず、要点を絞って話すようにしましょう。また、企業によっては「3分で話してください」と言われる場合もありますので、短いバージョンと長いバージョンを考えておくのも良いでしょう。

自己紹介は“第一印象”。表情や話し方の抑揚まで意識しよう。

面接のオープニングとなるのが、自己紹介。そのため、面接官は内容の濃さよりも、表情や話し方に注目している場合が多いです。明るい笑顔や強弱をつけた話し方を意識するだけでも、相手はあなたの話を「もっと聞いてみたい」と思うハズ。目線の配り方など、細かな点まで注意してみてください。

回答例

お手本回答例

○○○と申します。本日はよろしくお願いいたします。私は5年間、居酒屋チェーンを経営する会社で店長業務に従事してまいりました。2年前からはエリアマネージャーとなり、特に従業員の満足度の向上に注力してきました。その結果、全社の2年以内の社員定着率が70%であるのに対し、担当エリア内では98%という成果をあげました。今回は営業職という異業種へのチャレンジですが、この経験を活かして、御社では顧客満足度の高い営業パーソンとなって売上に貢献していきたいと考えております。

4.その他、面接でよく聞かれる質問とお手本回答

ここからは、自己紹介以外に面接でよく聞かれる質問と、それに対するお手本回答を解説します。ぜひ、面接での参考にしてください。

「前職の退職理由は何ですか?」

回答例

売上だけでなく、お客様の満足も追求できる営業になりたかった。というのが退職の動機です。これまで私は、売上目標を達成するための努力はもちろん、売上を上げながらもお客様に満足していただけるよう、たとえば○○といった工夫を行なってきました。しかし、現在の職場は売上重視の考え方が強く、自分の行動が受け入れられない場面もありました。その点、御社は提案力と対応スピードの速さを強みにお持ちです。御社であれば、自身が目指す「売上と顧客満足を両立できる営業」を実現できると考えております。

ポイント

前職の批判は厳禁。前向きな話し方で、正直な気持ちを伝えよう。

中途採用の面接において非常によく聞かれるのがこの「退職理由」。面接官は、退職理由は前向きなものばかりではないことをもちろん理解しています。そのため、回答の際は「環境のせいにしていないこと」「仕事に前向きに取り組める人間であること」が伝わるような話し方を心がけましょう。そのためには、うそをついたり前職を批判したりせず、正直な気持ちを前向きに伝えることが大切です。

志望動機に結びつくような退職理由だとなおGood!

上記の例文にあるように、「前職は○○○だったので、御社で○○○を実現したい」といった志望動機につながる退職理由は好印象です。というのも、たとえば前職でマイナスに感じていたポイントが次の企業にも当てはまってしまうと、面接官は「うちもすぐに辞めてしまうのでは?」と不安に感じてしまうからです。退職理由は次の企業に当てはまらず、かつ志望動機を満たせるものであるほど「うちの考え方を理解している」「活躍してくれそうだ」といった評価を受けやすいでしょう。

「これまでの職歴について教えてください」

回答例

私は、株式会社○○にて3年間、店舗での接客サービスを経験してきました。学生からご年配の方までさまざまな年代のお客様と接する中で、相手に合わせたコミュニケーションの取り方や提案ができる力を身につけました。この力を活かして店舗の売上に貢献するため、特に売り場作りでは常連のお客様に声をかけ、商品の並び方の感想やどんなアイテムがあったら嬉しいかなどを調査。自身のこの取り組みをもとに「お客様アンケートの実施」を会社に提案し、採用していただきました。その結果、年間売り上げ前年比120%を達成し、社内で表彰していただくこともできました。今回は商品企画という初めての職種へのチャレンジですが、前職で培った消費者のニーズを汲み取り形にしていく力は、十分に活かせると考えています。

ポイント

大切なのは“介在価値”。具体的な数字を用いるとなお良し。

「○○○という会社で○○○を行なった」という事実だけでは、面接官の記憶には残りません。職歴について話す際は、その環境の中で「あなたはどう考え、どう行動を起こし、どんな成果を上げたのか」を必ず盛り込むようにしてください。また、その行動によって「売上が10%アップした」「全社員の残業時間を月20時間削減できた」など、数字を用いることで具体性もアップします。

その職歴をこれから“どう活かせるのか”まで伝えよう。

自分の成果を伝えるだけでは、「この人は自分の能力ばかりアピールしている」という印象を受けてしまいかねません。そのため、その経験を「今後どう活かしていけるのか」まできちんと伝えるようにしましょう。そうすることによって、企業側もあなたの活躍する姿をイメージしやすくなります。

「当社を志望した理由を教えてください」

回答例

大学時代に環境学を専攻しており、当時から貴社の環境ビジネスに魅力を感じておりました。これまでは新卒入社した株式会社○○○で食品の法人営業を5年間経験してきましたが、よりグローバルな環境で頑張りたいと考えておりましたところ貴社の海外営業求人を拝見し、転職を決意しました。前職では主に既存顧客である飲食店や小売店舗に対する提案営業を行なっており、メニュー提案など+αの動きを評価していただいておりました。御社は顧客満足を重視する風土だと伺いましたので、貢献できると考えております。海外向けの営業は未経験ですが、大学時代に1年間バックパッカーの経験があり、海外を飛び回るフットワークの軽さや交渉力、思考力は十分備えていると自負しております。

ポイント

会社の方針と自分のやりたいことをマッチさせよう。

志望理由を通して、企業はあなたの「志望度や熱意の高さ」の他に、「社風や方針に合うかどうか」を見極めたいと考えています。そのため、志望理由では応募企業が大切にしている考えや今後の展開と、自分の強みや目標などをリンクさせて話をしましょう。そうすることで、面接官にも「この人はうちに合いそうだ」「長期的に活躍できそうだ」という印象を持ってもらえやすいです。

自身の体験エピソードを盛り込むと、オリジナルの志望理由に。

志望理由を述べる際には、なぜそう考えたのかという「根拠」が重要なポイントとなります。「~だと思うから」といった個人的な主張だけではやはり信憑性は低く思われてしまいがち。そのため、自身の体験を根拠として交えることによって、より志望理由に現実味やオリジナリティを出すようにしましょう。

「あなたにとって仕事とはどんな存在ですか」

回答例

自分が成長するために必要な場所だと考えます。例えば、現職の接客においても、入社時はなかなか自分に自信が持てず上手くいかないことも多くありましたが、お客さまの様子やなにげない会話から相手が求めるものを探り、自信をもって伝えることで、「あなただから買いたい」と言ってもらえたことがありました。単に求められることだけではなく、自分だからこそ提供できる価値を考え、行動し続けることで、社会人としても人としても成長していけると考えます。貴社においても、この考え方は忘れずに、日々の仕事にあたりたいです。

ポイント

大切なのは、仕事に対する積極的な姿勢を見せること。

「お金のため」や「生活のため」に働く方も多いと思います。ただ、見方によっては「本当はやりたくないけれど、仕方なく働いている」というネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。大切なのは、仕事に対する積極的な姿勢を見せ、「入社後前向きに仕事に取り組んでくれそうだ」と感じてもらうこと。そのため、最終的には収入を目的としていたとしても、「仕事とどう向き合っていきたいのか」「その過程で何を成し遂げたいのか」といったポイントをおさえ、伝えられると良いでしょう。

5.趣味などがなく、特に話すことがない場合の対処法

ここでは、面接の自己紹介でアピールできるような活動をしていない場合、どのように対処すべきかを解説します。

もし誇れる趣味などがない場合は、自分自身を広い視野で見つめ直すことをおすすめします。たとえば、休日の過ごし方や過去にハマったものなど。必ずしも、継続的に行なっていることである必要はありません。一時的に行なっていたことを、趣味として取り上げてもいいのです。

一番やってはいけないのは、うそをつくこと。無理にひねり出そうとしたり、面接官にいい印象を与えようとしたりして、うそをついてしまっては本末転倒です。この機会に、趣味と呼べるものを見つけ出してみてください。

6.より良い自己紹介にするためのコツ

表情や視線に注意する

にこやかな表情で話す、面接官の目を見て話すなど、表情や視線に注意しましょう。緊張のあまりうつむいてしまうと、自信がないように見えてしまったり、声が聞き取りづらくなってしまったりしてしまいます。

言葉遣いを見直す

仲間内でよく使う略語は、意味が伝わらない可能性があります。たとえば、「デジマ」ではなく、「デジタルマーケティング」と伝えるなど。面接官に伝わりやすくするために、言葉遣いを見直しましょう。

7.本番前の練習方法

本番前は頭の中でシミュレーションするだけでなく、ぜひ声に出して練習してみてください。声に出して初めて気づくことがあるかもしれませんし、表情や視線のほか、声の大きさや話すスピードなどの練習にもなります。

一人で鏡に向かって練習したり、家族や友人に面接官をやってもらって練習したりすると良いでしょう。そうすることで、「思い通りに話せなかった…」という事態に陥りにくくなるはずです。

とはいえ、気負い過ぎる必要はありません。これまで説明してきたように、自己紹介は自分を知ってもらうためのもの。「面接官も、自分も、気持ちよく話をするためのあいさつ」というくらいの気軽な気持ちで臨んでください。

8.緊張で何も話せなくなってしまった時は…

面接当日は緊張で頭が真っ白になったり、言葉がスラスラ出てこなかったりすることもあるでしょう。そんなとき、どんな心構えで臨むべきかをご紹介します。

大切な心構えは、面接官とコミュニケーションをとろうとする姿勢を示すこと。当たり前のことですが、面接は暗記してきた自己紹介を披露する場ではありません。お互いの理解を深める場であるため、コミュニケーションをとろうとする姿勢が何より大切です。

話している途中で言葉に詰まってしまっても、焦らなくて大丈夫。「○○株式会社の××です。今日は、このような貴重な時間をいただきましてありがとうございます」というふうに、プロフィールの後に“感謝の気持ち”をひと言添えてみてください。

ワンクッション置くことで自分の心を落ち着かせることができますし、時間をいただいていることへの感謝を伝えることによって面接官に「気づかいのできる人だな」という印象を与えることもできるはずです。

「暗記した通りに話さなきゃ」「上手く話さなきゃ」と思わず、「まずは感謝の言葉を伝えよう」という気持ちで臨んでいただければと思います。

関連する記事
2020/10/28
自己PRで長所・短所をうまくアピールするためのポイントと回答例文

本ページでは、書類選考や面接の際、面接官の方に注目していただけるような自己PRの方法につい…

2020/08/05
【受かる自己PR】サンプル・例文集、履歴書での書き方/面接官への伝え方

転職活動をはじめよう!と思ったときに、必要となるのが「自己PR」と「職務経歴書」。そもそも…

2018/10/04
これから職務経歴書を書く方必見!抑えるべきポイントや例文まとめ

「履歴書は書いたことがあるけど、職務経歴書って何を書けばいいの?」。 転職活動をはじめたば…

2018/08/22
自己PRの回答【例文あり】|適切なアピールに向けた面接対策

面接で「自己PRしてください」と言われたら、どんなことを話しますか?急に聞かれてもきちんと…

2018/08/21
面接でスグ使える!志望動機の回答例・NG例 │よくある質問20パターン

どんな企業の面接でも、必ず聞かれる志望動機。とはいえ、はじめての転職活動であれば、志望動機…

2018/06/04
面接のお礼状は書くべき?|お礼状の書き方やポイントを解説(例文あり!)

あなたは転職面接の後にお礼状を書いたことがありますか?「意中の会社で、面接でも手応えがあっ…

2018/04/11
面接で失敗しない“短所”の答え方|短所を聞かれた際のNG回答例、GOOD回答例

あなたの短所を教えてください―――。面接でこんな質問を受け、しどろもどろになってしまった人…

2017/12/19
会いたくなる履歴書の書き方 ~ポイントや見本など~

「履歴書って書き方にルールはあるの?」 転職活動をはじめたばかりの人であれば、「履歴書」に…

2017/11/24
面接での逆質問の仕方(何か質問はありますか?は恐くない!好印象な事例)

「弊社について何か質問はありますか?」 そんな面接官からの問いに、上手く答えられなかった……

2017/11/09
面接日程調整メールへの返信マナー(例文・文面付き)

書類選考に通過したのはいいものの、企業からの面接日程の打診メールに「どう返信しようか…」と…