×
業界・職種未経験の転職の際の、職務経歴書の自己PRの書き方をご紹介します。経験がない未経験者だからこそ、どのように会社に貢献できるのか、職務経歴書の自己PRでうまく印象付けることが求められます。職務経歴書で未経験を上手く自己PRする方法をご参考ください。
2019/11/06

未経験の業界・職種に転職する時、職務経歴書で自己PRすべきこと|職種別のサンプル例文あり!

未経験の業界・職種に転職する時、職務経歴書で自己PRすべきこと|職種別のサンプル例文あり!

本ページでは「未経験の職種や業界にチャレンジするとき、職務経歴書でアピールする内容」について解説します。

 

意外と多くの人がぶつかる壁、「未経験からだと何をアピールしていいのかわからない」という問題について、詳しく解説していきます。

1まず、未経験者が何を求められているのか知ろう。

企業にとって未経験者を採用することで得られるメリットは?

まず、企業がなぜ未経験採用をしているのか、どういった人を求めているのか知っておきましょう。企業が未経験者を採用することで得られるメリットは、下記の通りです。

 

新しい風を取り入れることができる

たとえば経験がないからこそ、業界の常識にとらわれず新しい発想ができる可能性があります。素人ならでは、初心者ならではの視点が活きてくるということです。

 

職場の環境を改善したい、新しいビジネスに進出したい…など考える企業にとっては、職場に新たな風を吹かせるチャンス。未経験者を採用するメリットがあるといえます。

 

イチから育てることができる

即戦力の方を採用したら、以前のやり方に固執してしまう…というケースもよく見られます。これが原因でかえって、教育に時間がかかり、思うようにパフォーマンスを発揮してもらえないということも。

 

言い換えれば、未経験者のほうが教育しやすく、すぐに力をつけてくれる可能性があります。そのため、イチから育てられることに魅力を感じる企業も多く、未経験者採用に積極的な企業は珍しくありません。

 

企業は未経験者に何を求めているのか?

続いて、企業が未経験者に求めていることを見ていきましょう。具体的には、入社時点でまっさらなことや、熱意や意欲が求められています。

 

先入観や固定観念に染まっていないこと

経験者の場合であれば、変な先入観や固定観念があることも。たとえば、「前職では◎◎のようにやっていたので、やり方を変えたほうがいいのでは?」などと、前職のやり方に固執しがち。

 

ですが、未経験者は経験がないだけに自分のやり方に固執しません。入社時点では何色にも染まっていない、真っ白な状態。そうした人を求めている企業は、スピーディーに即戦力となってくれる方を求めていると言えるでしょう。

 

熱意や意欲が高いこと

未経験からのチャレンジですので、当然周りよりもハンデがあります。しかし、それでも意欲が高ければ周りに追いつくことができますし、いずれは追い抜くことも可能。

 

それには、仕事を頑張る熱意や意欲が大切です。そのため、「そういったポテンシャルがあるか」「伸びる人材なのか」を重視しているのです。

 

以上、未経験者を採用するメリット、未経験者に求められるものを見てきました。これらを踏まえた上でどのようなアピールをすればいいのか。次の項目で、職務経歴書での自己PRの仕方を紹介していきます。

 

2. 【書類通過率アップ】職務経歴書での自己PRの書き方

職務経歴書を書く前にチェック!大事な心構え

続いて、職務経歴書を書く上での心構えを見ていきましょう。

 

大切なのは、企業が求めていることを理解した上で、“どのような貢献ができるのか”をしっかり伝えること。そして、“なぜその企業や仕事に関心を持ったのか”という、志望動機です。

 

たとえば自主的な努力や取り組みは、熱意のあらわれとして、企業に好意的に受け止められます。「書籍を読んで勉強しています」などの小さな取り組みだったとしても、前向きな姿勢は企業に伝わるものです。

 

また、企業や仕事に関心を持った理由が説明されていれば、「この人は当社に興味を持ってくれている」と採用する側に意欲が伝わります。他社と比較した上での志望理由は、きちんと説明しておきましょう。

 

自己PRで盛り込むべきポイントは?

憧れ応募ではないことをアピール!

憧れ応募とは、「この仕事・会社って(何となく)いいも」と、憧れに近い感情だけで応募を決めてしまうこと。しかし、それでは企業に意欲や熱意が伝わりませんよね。

 

だから、なぜ未経験でこの仕事に就きたいのかというハッキリとした志望動機を持つことが大事です。

 

ネガティブな理由ではなく、確固たる意思で臨む意欲を示していきましょう。単なる憧れではなく、自主的に勉強していることなどもアピール材料となります。

 

応募職種でアピールできる経験をアピール!

「未経験だから何もアピールするものがない…」。もしかすると、こういった考えの方もいるかもしれません。ただし、未経験であっても、前職の職務経験でいかせる能力は評価されます。

 

そのため、社会人マナーやコミュニケーション能力、新しい業務を貪欲に覚えていく姿勢などは有効なアピールになるでしょう。

 

ポテンシャルをアピール!

未経験の職種へ応募する場合、「こんな経験が活かせます」とアピールできる材料は、ほぼありません。だからこそ自分の意欲をアピールしましょう。成長が早い人材であることを印象付けるのが有効です。

 

前職でどのくらい意欲的に仕事に取り組んだのか、何か結果を出せたか、過去の経歴や経験を今回応募する企業でどのくらい活かせるか。そういったことをアピールできれば、書類通過率は上がるでしょう。

 

小さなことで失敗しないように!職務経歴書の書き方

転職活動のはじまりは、書類選考です。選考を担当する採用担当者は、日々の業務が忙しく、応募書類をすべて読み込むことが難しい状況。だからこそ、見た目の読みやすさはとても重要です。

 

そんな大切な書類だからこそ、いざ書きはじめようと思うと、「文字数に決まりはあるのかな」「文字の大きさってどれ位が適切なのか」なんて、細かなところまで気になってしまいますよね。

 

知らずに損をしないように、まずは基本的なマナーをおさらいしましょう。

 

文字数について

企業からの指定された文字数があれば、その8割以上を記入することがマナー。とはいえ、最近では指定されていないケースがほとんど。その場合は、400字程度にまとめるのが良いでしょう。

 

ちょっと少ないのでは…と心配になるかもしれませんが、前述のように企業も日々の業務が忙しく、しっかり読み込んでもらえるとは限りません。伝えたいことを端的に示せる文字数=400字を意識してください。

 

文字の大きさについて

今の時代、手書きの履歴書を必須にしている企業は減ってきました。しかしながら、手書きにこだわりを持っている企業がいるのも事実。

 

基本的にはパソコンでの記載で問題ありませんが、企業の指定に合わせて、柔軟に対応していくことが望ましいです。

 

パソコンにおいても、手書きにおいても、文字の大きさに明確な決まりはありません。見やすさが大切なので、びっしり埋めるように書くよりは、改行したり、少し大きめに書いたりした方が好ましいです。

 

3これで書類通過につながる!未経験者の自己PRサンプル事例

【職種別】自己PRの例文とポイント

それでは実際に未経験者の自己PRを確認しながら、どこが改善できるか見ていきましょう。ぜひ、実際に自分が書くときにチェックするような観点で見ていただければと思います。

 

営業職から事務職へ転職したい場合の自己PR例文

大学を卒業後、法人営業として3年間勤めました。その中で培ったのは相手に合わせたコミュニケーションを行なうこと。クライアントが求めていることをキャッチして、端的に応えることを意識してきました。その経験を活かして、事務に転職したいと思います。

ワンポイントアドバイス!

基本的なことですが、「この会社に入社したい理由」が説明されていませんね。志望理由がハッキリ伝わらないので、企業もイマイチ意欲を感じづらいです。
「クライアントが求めていることをキャッチして、端的に応える」という内容も、実際の事例がなければイメージしづらく、それを入社後に活かせそうかどうか把握しづらいです。
身につけたスキルをアピールするときは、「具体的なエピソード」もセットで伝えましょう。
 

営業職からマーケティング職へ転職したい第二新卒の自己PR例文

大学卒業後、法人営業として2年ほど勤めてきました。新規のお客様にがむしゃらにアプローチするのではなく、どのような内容であれば興味を持ってもらえるか検討したり、独学でマーケティングの考え方を取り入れ、PDCAを回して取り組んできました。
それがきっかけで、マーケティングに興味を持ち、さらに専門性を高めていきたいと考えるようになりました。持ち前の行動力を活かして、新たな環境で成長していきたいと考えています。

ワンポイントアドバイス!

第二新卒は、早期退職を懸念されがち。ポジティブな転職であることを意識してください。「マーケティングに興味を持ち、さらに専門性を高めていきたい」というのは、“前向きさ”が伝わる良い内容です。
知識や経験の浅さをカバーできるように、意欲や将来性が伝わるように工夫してみましょう。例えば、「持ち前の行動力」を、どのように活かして活躍したいか。「〇年後までにこんな姿になりたい」を伝えられれば、より意欲や本気度も伝わります。

法人営業からインストラクター職へ!協調性をアピールする自己PR例文

法人営業の目標は、4名のチームメンバーで達成に向けて取り組んでいました。ひとりでは決して達成できない目標だったので、まずはチームワークを意識しようと、仲良く過ごすことを大切にしました。そうした点で頑張ったことを、次の職場でも活かせると考えています。

ワンポイントアドバイス!

「仲良しであること」は重要ではありません。忙しいときでも、周囲に気を配る姿勢があるかどうかをアピールしましょう。周りに流される受身の姿勢だと捉われないように、気をつけましょう。大切なのは「協調性」の中身。「サポートする」だけでは、誰を、どんな風に、何を意識してサポートしたのか伝わりません。具体性を意識しましょう。

事務職から営業職に転職する場合の自己PR例文

現在は事務として働いています。もともと人と話したり接したりするのが好きなので、ずっとデスクに座ってパソコンでモクモクと作業する毎日に、あまり充実感を得られていません。経験のない分野ではありますが、営業として活躍できる自信があります!

ワンポイントアドバイス!

事務として働く中で培ったスキルがどのように活かせるのか?が分からないため、営業として活躍できると話す根拠が、乏しく感じられます。現在の職種と、転職を考えている職種、2つに共通して言えるスキルや知識を見つけ、「前職で覚えた○○は、次の職場でも求められるので、活かせる」と筋道立てて伝えましょう。

関連する記事
2019/11/06
アルバイト経験のみの場合の職務経歴書「職歴欄」 の 書き方・ポイント【見本・例文あり】

今回は、アルバイト経験しかない場合の職務経歴書の書き方をご紹介します。職歴がアルバイトのみ…

2019/09/03
【受かる自己PR】サンプル・例文集、書き方/面接官への伝え方

転職活動をはじめよう!と思ったときに、必要となるのが「自己PR」と「職務経歴書」。そもそも…

2018/10/04
これから職務経歴書を書く方必見!抑えるべきポイントや例文まとめ

「履歴書は書いたことがあるけど、職務経歴書って何を書けばいいの?」。 転職活動をはじめたば…

2018/06/29
履歴書に「教員免許」は記載すべき?│教員免許をアピールする観点、正式な記載法など紹介!

大学時代に教員免許を取得したものの、一般企業への転職を考えているという方も多いと思います。…

2018/06/19
履歴書が書けない理由はコレ|選考を通る履歴書の書き方マニュアルを大公開!

転職活動をする際、応募書類の中に必ずと言っていいほど含まれる「履歴書」。正直、「なかなかう…

2018/05/29
未経験職種にチャレンジ!志望動機を書くときのポイントを伝授。

未経験の職種へチャレンジするとき、どんな志望動機を書くべきなのか。迷う方も多いのではないで…

2018/05/14
営業職の志望動機|転職成功に繋がる!志望動機の書き方 ※例文あり

「営業職に転職したい」と思っても、「未経験からでもなれるのか」「営業経験はあるけど、異業種…

2018/05/09
受付事務の志望動機|転職活動で効果的な志望動機の書き方(例文サンプル付)

「受付事務の仕事は自分に向いているかも。でも、志望動機ってどう書けばいいの?」 興味はあっ…

2018/03/29
職務経歴書のギモン|実績の書き方とは?アピールすべきポイント

転職活動の場合、履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められるケースが大半です。しかし、いざ書…

2017/12/19
会いたくなる履歴書の書き方 ~ポイントや見本など~

「履歴書って書き方にルールはあるの?」 転職活動をはじめたばかりの人であれば、「履歴書」に…