転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2014/07/08 公開

送付状・添え状って何?書き方は?|履歴書郵送時のひと工夫


添え状って何?書き方は?|履歴書・職務経歴書郵送時のひと工夫.fw

    企業によっては、履歴書や職務経歴書の郵送を求められることがあります。そのときに、ぜひ同封してもらいたいのが『送付状(添え状)』という書類。簡単な挨拶文を記載する書類で、同封必須ではありませんが、使い方次第で、志望理由や熱意をアピールするツールとして活用することができます。そこで今回は、送付状・添え状の書き方と有効な活用方法についてご紹介します。

    ■送付状・添え状って何?

    添え状とは、履歴書や職務経歴書を郵送する際に簡単な挨拶文を記載して同封する書類です。しかし、単に挨拶を書くだけにとどめてしまうのはもったいない。なぜなら、書き方次第で自己PRのツールとして活用できるからです。応募資格に対して経験やスキルが不足している場合や、異業種・異職種にチャレンジする場合などは、志望理由や熱意をアピールするツールにすることがおすすめです。

    ■送付状・添え状の書き方とは?

    添え状サンプル

    決まったフォーマットなどはありませんが、下記の順番で書くのが一般的です。

    ▼前文(拝啓~)

    ▼その企業の求人を知った媒体、求人の内容

    ▼自分の専門分野や職務内容に関する説明、その企業への応募動機、その企業への貢献度

    ▼不足しているキャリア、スキルとそれらを補う熱意や想いをアピール

    ▼面接の機会を与えてもらう依頼

    ▼末文(~敬具)

    ※文量は右側の送付状サンプルを参考にしてください。

    ■書くときの注意点。

    ・A4かB5の用紙1枚にまとめる。企業指定の履歴書や職務経歴書がある場合は、サイズを合わせる。
    ・PC作成でも手書きでも構わない。
    ・手紙の体裁なので、「ですます調」で書くことが基本。
    ・勤務先や退職した会社の悪口は書かない。
    ・苦労話を書く場合は、それを通じて何を得たのかという結論に落としこむ。
    ・文章は短く、簡潔に(だらだらと説明くさくならないように、また社内用語などは避ける)。

    ■採用担当者は、数多くの履歴書・職務経歴書を見ています。

    企業によっては、採用担当者は1日数十通から百通を超えるほどの履歴書・職務経歴書を見ています。数ある書類のなかから「この人に会いたい」と思ってもらうためには、他の応募者との違いをアピールすることが大事です。添え状は自己PRするうえでうってつけのツール。大切なのは、マニュアル通りの内容にならないことと、主観的で自分勝手な内容にならないことです。ぜひ、自分自身の長所やキャリアなどを振り返り、書き終えたら誰かに読んでもらって感想を聞くなどして、採用担当者に自分の熱意が伝わるような書類を作成していきましょう。


    受かる履歴書無料プレゼント

    written by