×
職務経歴書の退職理由の書き方をご紹介します。特にネガティブな退職理由の場合、正直に書くべきか悩みますよね。実は職務経歴書に具体的な退職理由を書くべきか否かは、ケース・バイ・ケース。このページでは「書くことを避けるべき退職理由」「具体的に書くべき退職理由」などを、例文を添えて解説します。
2018/05/08

職務経歴書の退職理由は、どう書くべき?|ケース別、印象が良くなる退職理由の書き方解説。

職務経歴書の退職理由は、どう書くべき?|ケース別、印象が良くなる退職理由の書き方解説。

職務経歴書を作成する時に悩むのが、退職理由の書き方。特に「給与が低かった」「人間関係のトラブルがあった」といったネガティブな内容ですと、正直に書いていいものか悩ましいですね。

結論から言えば、職務経歴書に具体的な退職理由を書くべきか否かは、ケース・バイ・ケース。そこでこのページでは「書くことを避けるべき退職理由」「具体的に書かなくても良い退職理由」「具体的に書いた方がいい退職理由」などをケース別に解説。企業の人事担当者から敬遠されない方法、逆に退職理由をポジティブな志望動機に転換する方法などを、例文を示してご紹介します。

1.退職理由を書く際に、意識すべきこと

書くべきでない内容と、その理由

企業側が退職理由を知りたい理由は、あなたが「自社で活躍する人材かどうか」を見極めるためです。ですので、退職理由も「私は貴社で活躍できる人材です」とアピールしなければなりません。

逆に言えば、採用担当者に「この人は活躍しそうにない」「辞めてしまいそうだ」と思われるような退職理由は書くべきではありません。具体的には、以下の様な内容です。

前職に対する不満

  • 給与や労働時間など、待遇に不満があった
  • 上司や経営陣の方針に不満があった
  • 仕事内容に面白みを感じなかった

こうした内容を書くと、不満を自分ではなく周囲のせいにする人だと思われてしまいます。「自社でも、何か不満が出てきたら辞めてしまいそうだ」という印象を採用担当者に与えてしまう訳です。

能力や人格に誤解を受ける様な内容

  • 人間関係において摩擦やトラブルを起こした
  • 何か問題のある行動を起こし、辞めざるを得なくなった
  • 仕事についていけなくなった

こうした内容を書くと「自社で活躍しそうにない」「トラブルの原因になりかねない」と思われてしまいます。過去の過ちを認め心を入れ替える…といった様な内容でフォローしたとしても限界があります。

2. 退職理由を、具体的に書く必要がない場合

退職理由が「自己都合」

「一身上の都合により退職」と記載すればOK!

平成27年 4月 株式会社〇〇 入社
平成30年 8月 一身上の都合により退職

退職理由として、最も多いパターンは「自己都合退職」でしょう。自己都合とは、労働者自らが退職を志願した場合に適用されます。たとえば以下の様なパターンがあります。

労働者側の「事情」によるモノ

  • 転職が決まった
  • 遠方への引越が決まった
  • 家族の世話をしなければならない

労働者側の「希望」によるモノ

  • 職場の人間関係に耐えられなくなった
  • キャリアアップをしたいと考えた

この場合、職務経歴書には退職年月とともに「一身上の都合により退職」と記載しましょう。

退職理由が「会社都合」

「会社都合により退職」と記載すればOK!

平成27年 4月 株式会社〇〇 入社
平成30年 8月 会社都合により退職

会社側からの申し出により退職したパターンが「会社都合退職」です。会社側が経営不振や倒産、リストラなどを理由に、一方的に労働契約を解除した場合ですね。

具体的には以下の様な理由が原因の退職です。

  • 会社の倒産や、大量リストラ
  • 解雇された(労働者側に、明らかな非がある場合を除く)
  • 待遇や職種などが労働契約と明らかに違った
  • 賃金の大幅減給や、未払いが続いた
  • 上司や同僚からいじめや嫌がらせを受けた
  • 会社から退職するように促された(早期退職優遇制度等に応募した場合を除く)
  • 期間の定めのある労働契約が更新され3年以上引き続き雇用された
  • 期間の定めのある労働契約の締結時に更新が明示されたにも関わらず、更新されなかった

会社都合退職の場合も、退職年月とともに「会社都合により退職」と記載すればOKです。

退職理由が「派遣・契約期間満了」

「契約期間満了につき退職」と記載すればOK!

平成27年 4月 株式会社〇〇 入社
平成30年 8月 契約期間満了のため退職

期間の定めがある労働契約を結んで働いており、その契約期間満了を理由とする退職の場合です。期間の定めのある労働契約には、以下の様な雇用形態があります。

  • 契約社員
  • 派遣社員
  • 期間社員
  • 臨時職員 など

この場合、職務経歴書には退職年月とともに「契約期間満了につき退職」と記載しましょう。

ちなみに、契約期間が終わる際に更新の打診があり、それを自分の意志で断った場合も「契約期間満了」でOKです。一方で、契約期間よりも前に自ら退職を申し出た場合は「自己都合退職」となります。この場合は「一身上の都合により退職」と記載してください。

3. 退職理由を、具体的に書いた方がいい場合

ほとんどの退職理由は定型的なフレーズを書くだけでOK。ですが「前の会社を短期間で辞めている」「転職回数が多い」「経歴に空白期間」がある場合は、理由を具体的に書くべきです。いずれも説明無しでは採用担当者にマイナスイメージを与えかねませんので、フォローをする必要があります。

前の会社を短期間で辞めている

止むを得ない事情がある場合は、正直に書く

平成27年 4月 親の介護のため、退職

平成27年 4月 海外移住により、退職

前職を1年未満ほどで辞めている場合に『一身上の都合』とだけ書くのは避けるべき。「単に仕事が長続きしないのでは」「何かトラブルがあったのでは」という誤解を受けるのは、避けたい所です。

本人希望による退職なら、前向きな理由を書く

平成27年 4月 キャリアアップを目的とした転職のため、退職

平成27年 4月 結婚を機に収入アップをはかる必要があり退職

本人希望の退職の場合、正直な話なんらかの不満が退職理由の場合も多いでしょう。ですがここは視点を変えて、より良い環境を手にするために自ら動いたという見せ方をしましょう。単に「給与が安くて不満だった」と書くより「結婚を機に収入アップをはかった」と書くほうがポジティブに見えます。

転職回数が多い

基本は、在籍期間が短い場合と同じでOK

「止むを得ない事情がある場合は、正直に書く」「本人希望による退職なら、前向きな理由を書く」の2点を心がけてください。職務経歴書に「一身上の都合により退職」という文言がいくつも並んでいますと「単に転職癖がある人なのでは」という印象を採用担当者に与えてしまいます。

職歴に一貫性が無い場合は、工夫が必要

「事務職」⇒「SE」⇒「営業職」など、経験してきた職種や業界がバラバラな場合は更に工夫が必要。キャリア形成に計画性が無いと思われてしまいます。自分なりに考えがあっての転職であれば、自己PR等の欄で細かく説明しましょう。職務経歴書上にも、しつこくない程度に記載しておくと吉です。

平成27年 4月 株式会社〇〇にSEとして入社
平成30年 8月 SE経験を活かしIT営業へ転身するため、退職

志望動機に書く場合

空白期間に何をしていたかを書けばOK

・平成27年 4月 資格取得のため退職
・平成27年 4月 病気療養のため退職(現在は完治)
・平成27年 4月 一身上の都合で退職、以後フリーライターとして活動

退職日から数ヶ月が経過している場合や、経歴に空白期間がある場合、採用担当者が気にするのは「その間に何をしていたか」です。ちなみに病気療養を理由とする場合は、現在は完治している旨を必ず記載するようにしてください。転職活動自体、病気が完治してから始めることをオススメします。

4.職歴欄以外の欄に退職理由を書く場合

退職理由欄に書く場合

そもそも退職理由欄がある履歴書を選ばないのも手

前述の様に、退職理由を具体的に書かねばいけないケースは「なんらかの説明が無いと、マイナスイメージを持たれる場合」だけ。その場合も、職歴欄に一言添えるだけで済む場合がほとんででしょう。そのため、詳細な説明が必要な場合以外、退職理由欄が無い履歴書を選ぶのも1つの手です。

退職理由欄を使った説明が必要なのは、たとえば以下の様な場合です。

職歴に一貫性が無いように見える場合

私は、スキルの幅を広げることを考えて働いてきました。最初に就いた仕事は事務でしたが、市場価値の高いスキルを身に付けたいと思い退職。事務を通じてPC操作に自信がついたのでSEに転職しました。

SEとしては主に社内システム開発を担当。クライアント先に常駐する中で、営業社員がSEの労働環境保護や、顧客との関係性を保つために重要な役割を負っていることを実感しました。そこで、SE経験を活かして自身も営業に挑戦したいとIT業界の別企業に転職。SEの派遣に伴う顧客折衝を務めています。

 

転職回数が多く、職種も転々としている場合などは上記の様な説明が有効。一見、一貫性の無い職歴ですが、裏には「スキルの幅を広げていく」という考えがあっての転職であると伝えることができます。

退職の原因が解消されたことを伝える場合

前職では事務職に従事していましたが病気療養のために退職しました。現在は完治しており、業務にも支障が無い状態に回復しております。前職で得た経験を活かせる仕事に復職したいと考えています。

病気療養や介護など、仕事に就くことが難しい状態になっていた場合です。現在はその原因が解消され、業務に支障がないことを念押しすることで、採用担当者の不安を払拭することができます。

志望動機欄に書く場合

退職理由を、志望動機に転換することでポジティブな印象に

物件オーナー様へ多角的な提案ができる会社を探しており、貴社に応募いたしました。私は前職も賃貸仲介の営業でした。その中で入居が決まらない物件のオーナー様に対する支援に制限があったことが気がかりでした。家賃の見直し等に留まらず、リフォーム・売却などの提案ができればと考えていたのです。

賃貸事業のみならず、リフォーム・売買と幅広い事業を展開している貴社であれば、より広い視点からオーナー様の課題を解決できると考えました。また、自身のスキルアップにもつながると考えています。

 

上記の例は「仕事に面白みを感じなくなった」という退職理由をポジティブに転換したモノ。「仕事の幅を広げたい」といった前向きな意志を伝える内容になっています。前職では実現できなかったことが、なぜ今回応募する会社ならできると考えたかという理由も、事業内容などを根拠に上手く示せています。

 

今回、貴社の介護施設長職を志望したのは、介護・福祉業界に貢献したいとの思いからです。

前職では飲食店で店長職を務めていましたが、父の介護をするために退職しました。この経験をキッカケに介護施設の必要性を痛感し、介護施設の重要性を痛感しました。業界は異なりますが、店舗運営で培った経験を活かし、貴社においてもサービスの質と収益性を両立できる施設運営に務めてまいります。

 

止むを得ない事情による退職経験が、業界への興味につながったという形で、志望度の高さをアピールしています。退職理由・志望動機ともに納得度が高く、採用担当者からの信頼度も高まるでしょう。

この記事のポイントを押さえれば、退職理由の書き方は問題なし。
自信を持って転職活動に臨んでください。

関連する記事
2018/06/19
履歴書が書けない理由はコレ|選考を通る履歴書の書き方マニュアルを大公開!

転職活動をする際、応募書類の中に必ずと言っていいほど含まれる「履歴書」。正直、「なかなかう…

2018/05/29
未経験職種にチャレンジ!志望動機を書くときのポイントを伝授。

未経験の職種へチャレンジするとき、どんな志望動機を書くべきなのか。迷う方も多いのではないで…

2018/03/20
職務経歴書の書き方(見本・フォーマット・例付き)

「履歴書は書いたことがあるけど、職務経歴書って何を書けばいいの?」。 転職活動をはじめたば…

2018/02/14
退職理由、どう書けばいい…?│履歴書・職務経歴書の書き方ノウハウ!

履歴書や職務経歴書の作成は、転職活動をする人にとって避けては通れないもの。 書類選考通過後…

2017/12/19
履歴書の書き方ガイド ~見本・ダウンロードフォーマット付き~

「履歴書って書き方にルールはあるの?」 転職活動をはじめたばかりの人であれば、「履歴書」に…

2017/12/18
入学・卒業年度の早見表|履歴書作成時に迷わない!生まれ年から見た学歴表(元号・西暦対応)

転職を決意し、いざ履歴書を書こうと思ったとき。学歴・職歴の項目を前にして「あれ…?高校入学…

2017/12/05
履歴書の学歴の書き方 (入学・卒業年度早見表・留年/休学時等の記載例付き)

履歴書記入の際、意外と悩むのが「学歴欄」。留学や浪人、休学などの期間をどんな風に書けばいい…

2017/11/29
履歴書・経歴書の書き方|「入学・卒業年度」早見表あり

初めての転職活動。希望の仕事に就くぞ!と意気込んだものの、書類作成の仕方が分からない……そ…

2017/10/12
履歴書の年号の書き方| 年号早見表(入学年度・卒業年度)

履歴書を作成していると、学歴や職歴の項目で入学年や卒業年、入社年、退社年を記載します。その…

2014/09/12
和暦・西暦区分あり

履歴書に記載する学校の入学・卒業年。ただ、年齢によって異なるため、イチから調べるとなると意…