×
コンサルタント(専門職系)の志望動機の例文・サンプル(解説付き)をご紹介します。コンサルタント(専門職系)の志望動機の書き方は?書き方のポイントを、経験者の場合と未経験者の場合に分けて、例文・サンプルの解説付きで確認できます。コンサルタント(専門職系)の志望動機の例文・サンプルをぜひご参考ください。
2019/12/19

コンサルタント(専門職系)の志望動機の書き方【例文あり】

コンサルタント(専門職系)の志望動機の書き方【例文あり】

コンサルタント(専門職系)の転職では、「志望動機」のどんな点が注目されているのでしょうか。志望動機を書く際におさえるべきポイントと、経験者の方にも未経験の方にも役立つ例文を紹介します。

1.コンサルティングの仕事とは?

コンサルティングとは、「企業からの相談を受け、その解決案をアドバイスし、企業の発展を支える仕事」のことを指します。コンサルティングを行なう人のことを「コンサルタント」、コンサルティングを業として行なう会社を「コンサルティングファーム」などと呼びます。

コンサルタントは、企業の中でも経営者や役員と接する機会が多く、自身も経営視点を求められます。最終的な目標は、企業の発展(儲けが増えること)に寄与することです。

仕事内容

一口にコンサルティングといっても、得意とする領域によって、「IT系」「財務系」「シンクタンク系」「戦略系」とさまざまな分類わけがされています。

コンサルティング業務は、企業の行く末さえ左右する重責があります。だからこそ、経営手法や専門分野に関する知識、数値の分析能力、IT技術などさまざまな能力を持つエキスパートが集まった「プロジェクトチーム」の単位で行なわれることがほとんどです。

顧客からの依頼ごとにプロジェクトチームが結成され、さまざまな部署から集まったメンバーがコンサルティング業務を行ないますが、プロジェクトが完結したらチームは解散。メンバーはまた新たな仲間とチームを組み、別の課題に取り組みます。

2.コンサルティングの志望動機のポイントとは?

コンサルタントに求められるのは、論理的に物事を考え、説明する力。ですので、志望動機を伝える際も、読み手が納得できるような内容をしっかりと伝えきることが欠かせません。

志望動機作成のポイント

大切なのは、仕事理解と自己分析です。まずはコンサルタントの仕事内容をしっかりと理解し、自分がコンサルタントに向いていそうな部分を見つけたら、それにつながるような内容にしていくのがいいでしょう。

 

志望動機は、合否を左右する重要なポイントです。特にコンサルタントは他者にアドバイスをする仕事。ですので、これまでの就業経験が物を言います。過去の経験を活用しながら、コンサルタントに惹かれた理由を筋道立てて伝えていくと良いでしょう。

 

もし、これまでの就業年数が短くとも、その中でどのような強みを身につけたのかをアピールすることは非常に大事です。また、過去の実績や成果を示す際は、「売上」「件数」「回数」など、できる限り具体的な数字を用いて説明するようにしましょう。

3.コンサルタント(専門職系)の志望動機サンプル(例文)

コンサル経験者の志望動機・理由サンプル

前職では、○○業界のクライアント企業を中心に、コンサルティング業務に従事していました。3年間と短い期間ではありますが、時間が許す限りクライアント先を訪れ、現場の方々と直にお話しし、課題抽出や仮設検証を繰り返してきました。結果、机上の空論で終わらせない行動力を養い、クライアントにも対前年○%などの成果をお返しすることができました。

今後はより幅広い業界でクライアントの課題に向き合うと共に、自身の能力向上に努める所存です。そこで、新しい職場として真っ先に浮かんだのが、複数業界にまたがり幅広いクライアントと取引されている貴社でした。前職で培った行動力は、さまざまな業界で役立つものと自負しており、貴社のさらなる発展にも寄与できるものと考えています。

ポイント・解説

強みや実績を明確に示す。

たとえ経験年数が短くとも、その中でどのような強みを身につけたのかをアピールすることは非常に大事です。また、過去の実績や成果を示す際は、できる限り具体的な数字を用いて説明するようにしましょう。

その企業を志望する理由を明確に。

数あるコンサルティング企業の中でも、なぜその企業を志望するのか。その点にも面接官は注目しています。企業の特徴に触れたうえで、どのような仕事がしたいのか、どのように活躍するつもりなのかを整理しておくと良いでしょう。

コンサル未経験者の志望動機・理由サンプル

貴社を志望する理由は、幅広い企業の課題解決を通じて、社会の発展に貢献できる仕事であると考えるためです。貴社のホームページを拝見したところ、業界にとらわれず、さまざまな企業の課題を解決した実績に感銘を受けました。また、コンサルタントの方々が困難を乗り越え、企業からの信頼を得ていらっしゃる点にも魅力を感じています。少子高齢化やIT化が進み、企業経営の現場にはさまざまな課題が生まれていると存じます。その中で、幅広い企業のコンサルティングを通じて、企業や業界、ひいては社会の発展に貢献できる貴社の業務内容は、私の目指すところであり、他社にはないやりがいだと強く感じています。

ポイント・解説

応募する企業のことを知る。

コンサルタントの仕事は、相手(クライアント)を知るところから始まります。それだけに、事前に応募先の企業の事業領域や特徴を調べているかどうかで、適性をチェックされている可能性があります。

採用上のライバルを意識する。

コンサルタントは比較的人気の職種。意欲や熱意をアピールする際は、世の中やビジネスを取り巻く環境に触れるなど、「この人は他の応募者を違う」と印象づけ、ライバルに差をつけるようなアピールを心がけましょう。

ITコンサルタントの志望動機・理由サンプル

前職では、IT業界のクライアント企業を中心に、コンサルティング業務に従事していました。3年間と短い期間ではありますが、時間が許す限りクライアント先を訪れ、現場の方々と直にお話しし、課題抽出や仮設検証を繰り返してきました。結果、机上の空論で終わらせない行動力を養い、クライアントにも対前年○%などの成果をお返しすることができました。 

今後はこの経験を活かし、より大規模な企業の課題に向き合うと共に、自身の能力向上に努める所存です。そこで、新しい職場として真っ先に浮かんだのが、大手SIerを多くクライアントに持つ貴社でした。前職で培った行動力は、さまざまな業界で役立つものと自負しており、貴社のさらなる発展にも寄与できるものと考えています。

 

人事コンサルタントの志望動機・理由サンプル

貴社を志望する理由は、幅広い企業の課題を人材の面から解決することで、社会の発展に貢献できる仕事であると考えるためです。貴社のホームページで○○社の事例を拝見し、一見すると技術面の課題に思われることも実は人材育成によってクリアできることを知り、仕事の奥深さに惹かれました。また、コンサルタントの方々が困難を乗り越え、企業からの信頼を得ていらっしゃる点にも魅力を感じています。 

少子高齢化やIT化が進み、企業経営の現場にはさまざまな課題が生まれていると存じます。いつの時代もそれを解決するのは、働く人自身。だからこそ、幅広い企業の人事コンサルティングを通じて、企業や業界、ひいては社会の発展に貢献できる貴社の業務内容は、私の目指すところであり、他社にはないやりがいだと強く感じています。

関連する記事
2019/12/19
マーケティングの志望動機の書き方【例文あり】

本記事では、マーケティング職の志望動機の書き方をご紹介します。マーケティング職の仕事内容や…

2019/09/03
【受かる自己PR】サンプル・例文集、書き方/面接官への伝え方

転職活動をはじめよう!と思ったときに、必要となるのが「自己PR」と「職務経歴書」。そもそも…

2019/09/03
【履歴書】パソコン作成がおすすめ。手書きとどちらにすべき?と悩んだ時のポイント(テンプレあり)

少し前までは履歴書は文房具店などで購入して記入…というのが一般的でしたが、最近はWeb上で…

2018/10/04
これから職務経歴書を書く方必見!抑えるべきポイントや例文まとめ

「履歴書は書いたことがあるけど、職務経歴書って何を書けばいいの?」。 転職活動をはじめたば…

2018/08/21
面接でスグ使える!志望動機の回答例・NG例 │よくある質問20パターン

どんな企業の面接でも、必ず聞かれる志望動機。とはいえ、はじめての転職活動であれば、志望動機…

2018/05/29
未経験職種にチャレンジ!志望動機を書くときのポイントを伝授。

未経験の職種へチャレンジするとき、どんな志望動機を書くべきなのか。迷う方も多いのではないで…

2017/12/22
志望動機の書き方とは?転職時等の履歴書の書き方を解説

最近、転職活動を始めた。転職サイトを見て、興味のある会社もいくつか見つかった。さぁ、履歴書…

2017/12/04
職種別の職務経歴書テンプレート集(50職種の雛形をダウンロード可能)

「履歴書と職務経歴書って何が違うの?」「職務経歴書って、何をどうやって書けばいいのか分から…

2017/11/14
IT業界・システムエンジニア(SE)の志望動機│内定につながる志望動機の書き方(例文あり)

「IT業界で働きたいけれど、スキルも経験もない。どんな志望動機を書けば合格できるの?」。 …

2015/04/01
コンサルティングファームとは?

求人サイトをチェックしていて、「コンサルティングファーム」という業態を目にしたことはありま…

関連するキーワード