×
VMDについて解説するページです。VMDとはどのような仕事内容なのか、マーチャンダイザーとの違いは、仕事する上で必要なスキルとは、などをご紹介します。VMDにチャレンジしたいという方は、ぜひこちらで基礎知識を身につけてください。
2015/06/29

VMD(ビジュアルマーチャンダイザー)の仕事内容って?

VMD(ビジュアルマーチャンダイザー)の仕事内容って?

アパレルショップにおいて商品を顧客に視覚的に訴える演出を担うVMD(ビジュアルマーチャンダイザー)。「視覚的に訴える」といっても、どのような仕事内容かピンときませんよね。そこで今回は、VMDの仕事内容についてご紹介。ファッション業界に興味があるという方は、ぜひチェックしてください。

VMDという仕事って?

ファッション女子

まず、「ビジュアルマーチャンダイジング」について解説します。「ビジュアルマーチャンダイジング」とは、アパレルショップにおいて、商品をより魅力的に演出すること。商品の数量や価格、さらには特性やイメージを的確にとらえ、消費者の欲求や要求に合わせて訴求していく役割を担います。

ビジュアル・マーチャンダイジングとは、常に顧客の視点に立って商品などが見やすい売り場づくりを目指しているのです。

VMDの主な仕事内容って?

VMDが具体的にどのような業務を手がけているのかをご紹介します。

●ショップの内装プランの構築、什器(じゅうき)やマネキンの手配。
●デザイナーやブランドより発信されるテーマに基づいたイメージプランの作成。
●店舗内レイアウトの変更。
●ディスプレイの変更やメンテナンス。
●販売スタッフのトレーニング。

顧客の視覚に訴えかけるVMDは、いかに販売促進を行なえるかがポイントとなります。業績不振になると、VMDの予算が少なくなってしまうことも。成果が求められる職種だということを認識しておきましょう。

VMDに求められる知識・スキルって?

ショップ

では、VMDにはどのような知識・スキルが求められるのでしょうか。数ある要件のなかでも、代表的なものをご紹介します。

●ブランドに関する知識や理解
●インテリアや建築の知識
●売上に対する意識
●海外市場とやり取りする際の英語力 など

実際に店舗へと足を運んで指示を出すため、知識やスキルだけではなくフットワークも必要になります。デスクワークだけの仕事ではないことを理解しておいてください。

店舗のプロデューサーともいえるVMDの仕事は、業績に直結します。見栄えによって売上が変わることもあるため、マメにトレンドウォッチできることが必須条件だといえるでしょう。VMDの仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

関連する記事
2018/02/23
転職活動の流れ|手順は?期間は?ひと目で分かる転職活動と、スムーズに進めるコツ

転職を決意したものの、初めてのことで何から手をつけたら良いのかサッパリ分からない。周りに転…

2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
ベンダーって何?

皆さんは「ベンダー」という言葉を耳にしたことはありますか。IT業界で使用されてます。今回は…

2016/11/26
グローバル・スタンダードとは?

グローバル・スタンダードとはどういう意味なのでしょうか。すでに広く浸透している言葉のため今…

2016/11/26
アジェンダってどういう意味?

  アジェンダという言葉の意味がわかりますか?時々聞くけれど、意味がわからない。…

2015/12/14
マーチャンダイジングって何?

マーチャンダイジングという言葉の意味をご存知ですか?ビジネスシーンで時々耳にするけれど、良…

2015/06/08
マーチャンダイザーの仕事内容って?

  「マーチャンダイザー」という職種について、耳にしたことはありますか?流通業界…

2015/03/23
仕事のストレス、解消しないと命が危ない!

生きているだけで、多かれ少なかれストレスの要因は存在します。こと仕事となれば、時には我慢が…

2015/01/08
ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの違い

ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルで働ける企業や部署が増えてきました。採用を行なってい…

2014/11/07
広報ってどんな仕事内容なの?

世の中の様々な職種の仕事内容に迫る、お仕事ガイドの第7弾。今回ピックアップするのは、広報の…