×
祝日と祭日の違いについて解説します。どちらも休日休暇のことを意味してそうな祝日と祭日。しかしそれぞれ、明確な違いがあるってご存知でしたか?祝日も祭日もごっちゃに利用している人、必見の基礎知識です。

記事の概要を見る

祝日と祭日の違いについて解説します。どちらも休日休暇のことを意味してそうな祝日と祭日。しかしそれぞれ、明確な違いがあるってご存知でしたか?祝日も祭日もごっちゃに利用している人、必見の基礎知識です。
2015/06/17

祝日と祭日って何が違うの?

祝日と祭日って何が違うの?

「祝日」と「祭日」という言葉ですが、実は意味の違う言葉だということをご存知でしたか?今回は、祝日と祭日の違いについて解説。「同じ意味じゃなかったの?」と思っていた方は、祝日と祭日の違いを正しく理解しておきましょう。

祝日と祭日の違い[1]祝日って?

祝日と祭日はどちらも休みの日のことを指しますが、実は明確な違いがあります。祝日とは建国や独立などその国の歴史的な出来事に由来したり、功績のあった人物をたたえたりして制定された記念日のことです。

現在の日本では、「国民の祝日に関する法律」で祝日のことが定められています。この祝日には「国民の祝日」「振替休日」「国民の休日」の3種類があります。国民の祝日は元旦や成人の日など、おなじみの休日のこと。振替休日は、日曜日が国民の祝日に当たる場合、その日のすぐ後の平日を休みにする制度です。国民の休日は、前日と翌日が休日で挟まれている平日を休日とする制度で、飛び石連休を解消する方策として制定されました。

祝日と祭日の違い[2]祭日って?

のんびりごろごろ

祭日という言い方を「最近見聞きしないなぁ…」と思われた方もいるかもしれませんね。実は祭日という言葉は、現在使われなくなっています。

祭日とは、宗教の儀礼上、重要な儀式や祭祀を行なう日を指します。日本では皇室が神道の大事な行事を執り行なっており、その行事が行なわれる日を祭日と呼んでいました。そして国民も休みになっていたのです。ちなみに、この祭日の制度は1947年に廃止されています。

祭日の制度が廃止されたことを知らない企業のなかには、祝祭日と呼ぶところがあるかもしれません。しかし、祭日は使われなくなった言葉です。オフィシャルの場で、自分自身が話者となるときには、「祝日」と表現するようにしたいですね。

関連する記事
2016/11/26
リースとレンタルの違いとは?

リースとレンタルは、それぞれ違った意味を持っています。今回は、その具体的な意味の違いや、転…

2016/11/26
シフト制ってどんな働き方?

  シフト制とは、働く時間が8時間に限られず、労働時間帯も一定ではない働き方のこ…

2016/03/28
創業と設立の違いって何?

会社概要を見ていて不思議に思ったことはありませんか?創業と設立、これってどう違うのでしょう…

2016/01/19
年間休日ってどういう意味?

  会社側が提示する様々な採用条件の中で、「年間休日」は重要な条件の一つと言えま…

2015/06/10
創業と設立の違いって何?

企業研究の際に会社概要を見ていて気になることの1つが「創業」と「設立」の違いなのではないで…

2015/01/26
銀行と信用金庫の違いって?

金融業界で仕事探しをしていると「銀行」や「信用金庫」という名称を目にすることがあると思いま…

2014/12/24
割増賃金とは?

割増賃金とは、従業員が時間外労働(残業)・休日労働・深夜労働を行なった場合に、企業が支払わ…

2014/12/10
日給月給制の意味

「日給月給制(にっきゅうげっきゅうせい)」という言葉をご存知ですか?求人情報の給与欄で目に…

2014/07/26
公務員へ転職する方法「民間企業から公務員へ」

人気職種のひとつである公務員。しかし、転職しようと思っても「何をしたらいいのかわからない」…

2014/06/24
ブラック企業の見分け方

第30回(2013年)の流行語大賞においても、ベスト10入りした「ブラック企業」という言葉…