転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2014/06/26 公開

履歴書の郵送マナー|封筒の選び方・宛名の書き方とは?


履歴書の郵送マナーを知ろう

    履歴書を書き上げたら、いよいよ企業に郵送します。しかし、封筒のサイズが合っていなかったり、宛名の書き方を間違えたりすると、企業側に「一般常識を持ち合わせていないのかな…」というマイナスなイメージを与えかねません。そうならないように、封筒の選び方、宛名の書き方などの履歴書郵送時のマナーを今一度確認しておきましょう。

    ■履歴書を郵送するときの封筒の選び方とは?

    履歴書郵送時の封筒の選び方

    まず注意したいポイントは、履歴書を折らずに封入できるサイズの封筒を選ぶということです。たとえば『履歴書セット』を購入すると同封されているような封筒でも、履歴書を三つ折りにしなくてはいけないものであればおすすめできません。折られている履歴書は、人事担当者がファイリングするときやコピーをとるときに手間がかかってしまうからです。折らずに入れられるサイズの封筒であっても、履歴書をクリアファイルに入れるなどして折れないようにすることも大事です。

    また、茶色の封筒や社名などの印字の入った封筒ではなく、白無地タイプのものを選ぶようにしましょう(文房具店をはじめ、ホームセンターや100円ショップなどで購入できます)。

    ■履歴書を入れる封筒の宛名はどう書く?

    履歴書を郵送するときの封筒の書き方

    前提として知っておいていただきたいのが、縦書で記入するということです。このことをふまえて、以下の点に注意しましょう。

    <住所>

    ・都道府県名から書く。
    ・「丁目」や「番地」を省略しない。

    <宛名>

    ・(株)のように株式会社を省略しない。
    ・封筒の中央に送付先(部署や担当者)を記載する。
    ・送付先によって最適な敬称を使用する。
     会社・部署・係宛/御中 
     ※例:株式会社大辞典 人事部御中
     役職宛/様 ※例:人事部 人事部長様
     担当者個人宛/様 ※例:人事部 高橋様

    <その他>

    ・封筒の左側に赤字で「応募書類在中」と記載する。
    ・料金不足にならないよう、郵便局の窓口から郵送する。

    履歴書郵送時の注意点

    <裏面>

    ・自分の住所、氏名を記載する。
     ※住所は都道府県名から書き、「丁目」や「番地」を省略しない。
    ・テープでの封は不可。ノリで封をして、〆印か割印をする。
     〆印/封をした箇所に〆と書く。
     割印/封をした箇所に印鑑を押す。
    ・郵送する日付を左上に記入する。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    以上が郵送の際に知っておきたいマナーです。転職活動を有利に進めるうえで、これらは最低限知っておきたい一般常識です。履歴書を郵送することになったら、自己流で準備してしまう前にこちらを参考に準備をしていってください。


    受かる履歴書無料プレゼント

    written by