2014/12/18

29歳、長く続けられる仕事を。そんな時に出会った時計修理という世界。

大橋 芙美絵さんの転職体験記
前職動物病院の看護スタッフ
現職時計の修理工
大橋 芙美絵(29歳)
Fumie Ohashi
  • 応募社数5
  • 面接社数1
  • 転職までにかかった期間
この体験記のポイント
  • 動物病院で勤務していたが、ハードワークが続いていた。
  • 30歳を目前に「長く続けていける仕事」への転職を決意。
  • 180名の応募があったなか、見事未経験から採用された。

動物たちと向き合うやり甲斐と、体力的な大変さ。

もともと動物が好きで、動物病院で介護の仕事をしていました。診察補助、薬の調合、トリミング、しつけ、受付までいろいろとやっていましたね。自分よりも体重の重い動物たちを押さえたり、噛まれちゃったり…病気で亡くなってしまうコがいたり、ラクな仕事ではありませんでしたが、長く入院していた動物たちが元気に退院する姿を見れるのは嬉しかったです。4年続けられれば長いほうだと思うのですが、7年続けることができて、仕事も充実していました。ただ、30歳を目前に「本当にこの仕事を長く続けていけるのだろうか」という不安もありました。どうしても長時間労働になってしまうし、休みも不定期。体力的にもツラさを感じるようになっていったんです。それで将来のことも考えて転職をしよう、と。専門職ということもあって、カンタンにパッと辞めたわけではなく、他の人にきちんと仕事を引き継いで…と、1年くらい前から院長と話して退職を進めていきました。

勇気を振り絞って押した「応募ボタン」から選考へ。

いざ転職活動を…と思っても、どういう仕事が自分にあっているか、正直全くわからなくて。ひとつだけ、集中したり「手先を使って作業すること」は好きだったので、そういった仕事がいいな、と思っていたんです。そこからデスクワークがいいのかな?…と、本当にこのくらいしか決まっておらず、求人サイトに条件登録したことを覚えています。あとはメールで届く「おすすめの求人」を見ながら、応募する先を見つけていきました。というのも、原付バイクで通勤していたし、休み時間も限られていたので、求人を自分で探す時間がなくて、定期的に届く「求人メール」が頼りだったんです。そこから、不動産系、インターネット系、インテリア家具系…いろいろな会社の求人を見ていきました。でも、「受かるんだろうか」「本当に私にできるんだろうか」と、うじうじと考えてしまい、なかなか応募ボタンは押せませんでした。時間切れページが出てしまって「もう明日でいいや」と先延ばしにすることも。その中のひとつが今の仕事の求人で。何日か迷って「応募しなければ何も始まらない」と勇気を振り絞って応募しました。

「私、本当にやっていけるのだろうか」

「時計の修理工」といった職種で、未経験歓迎の募集でした。本当に未経験から採用されるのかな?と不安はあったのですが、履歴書にこれまでにやってきたことを書き、証明写真も貼りつけて、ダメもとで応募。そこから1週間くらいで連絡があり、面接に呼んでいただけました。じつはもう一社、面接した企業があったのですが、入社と退職時期があわずダメで、ほとんど初の面接という状態で。しかも、面接に来てみたら、会社の中が研究所みたいな場所だったので、ビックリしてしまいました。時計の修理なので、昔ながらの職人さんがいて、渋いイメージの場所を想像していたのですが…みなさん白衣を着ているし、ギャップは凄くありましたね。「もし、受かったとしてもやっていけるのだろうか」と不安な気持ちは少なくありませんでした。

すぐに出来るような仕事ではないので、地道に努力を重ねていく。

そこから無事内定をもらうことができたのですが…なぜ私が採用されたのか、正直、今でもよくわかっていない部分が多くて(笑)「雇っていただけるならもう何でもやります」といった感じで入社を決めました。入社してからわかったことなのですが、未経験採用は初めての取り組みで、専門学校で時計修理を勉強した方々が中心となって働いていたんです。そのような環境のなか、全くの素人として入社したのですが、丁寧に教えていただくことができ、入社前の不安もなくなっていきました。もちろん、まだまだ修行の身なので、いっぱいいっぱいになることも多いですが、作業スピードが早くなっていくのは嬉しいですね。専門職ですし、すぐに出来るような仕事ではないので、今は先輩たちに教わりながら、長い時間をかけて努力を重ねていければと思います。あとは土日が休みになり、規則正しい生活も送れるようになりました。家族や友だちから「顔色がよくなった」と言われることも増えて。そういった意味でも「長く続けていける」という部分を叶えることができたと思います。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

経験は大事じゃない。彼女には長く続けたいという強い意志があった。

代表取締役
大岡憲央
評価したポイントと採用理由 じつは180名くらい応募があったのですが、私たちも応募の段階で、ある程度、合否を判断しないといけないですよね。履歴書に写真が貼ってあるか。ちゃんと経歴が書かれているか。まずは社会人として当たり前のことができているか。ここを見ていきました。技術の世界ですので、どうしても「技術や知識があればいい」と偏ったタイプが多くなりがち。でも、社会人としてそれではダメだと思ったんです。仕事でも黙々と作業することが多いのですが、休憩時間など、できるだけみんなとコミュニケーションを取ってほしいと考えていました。ですので、面接ではそういった人物面を見させていただきました。飛び抜けたスキルがあればいいのですが、そうでもない限り、先輩と多く接点を持つことは大事ですよね。社内も和やかな雰囲気のほうがいい。もちろん適性は見ましたが、経験は大事じゃない。扱うのは高級時計で、修理には特殊な技能が必要となります。1年、2年で出来るようになる仕事ではありません。この仕事において大事なのは継続していくチカラであり、気持ちだと思います。何よりも彼女には「長く続けていきたい」という強い意志がありました。ここが大きな評価ポイントです。
企業情報
会社名株式会社エキップメント 資本金300万円
事業内容時計修理業 従業員数20名(2014年11月時点)