転職アドバイザー縁 ゆ か り 転職Q&A
転職についてのあらゆる疑問やお悩みを解決します。
転職活動の情報収集の際にぜひご利用ください。
フリーワード検索
Q

志望動機や自己PRを面接で訊かれたら履歴書と同じことを言っていいの?

面接で自己PRや志望動機を訊かれた場合、履歴書に書いたことをそのまま話せばよいのでしょうか。面接官はすでに履歴書に目を通していると思うので、同じことを言っても仕方ないのではないかという気がします。かといって、他に話しようもないのですが。何かアドバイスがあれば教えてください。
(K.Iさん)
A
自己PRや志望動機として採用担当者に何を伝えるかは、履歴書であれ面接であれ、基本的に変えようのないものですよね。とはいえ、全く同じ話をしても意欲的に伝わらないのではないかという不安にかられるお気持ちもわかります。

まず、面接で自己PRや志望動機を尋ねられた際も、伝える内容は履歴書の内容に沿ったもので問題ないと思いますのでご安心ください。逆にその方が、K.Iさんのお考えが採用担当者の印象に残りやすくなると思いますよ。

ただ、書いた内容を思い出しながら棒読みしているような話し方になってしまうと、K.Iさんの意欲を伝えることは難しくなってしまいますよね。ですから、同じことを伝えるのでも、丁寧な話し言葉に噛み砕いて意欲的にお話するよう心がけると良いと思います。

また、履歴書では記載できるスペースが限られていますので、どうしても具体的な内容やご自身の思いをアピールしきれない部分があると思います。その点にもう一歩踏み込んで具体的な話を添えると、面接官の関心も高められると思いますよ。

例えば、履歴書の志望動機には「貴社の○○の技術に関心をもっており」という一言にまとめてしまったものも、面接の場でK.Iさんが「なぜその技術に高い関心を寄せているのか」を具体的にお話することで、K.Iさんのその企業に対する思いが強く印象づけられるはずです。また、自己PRにおいても、ご自身の強みを説得づける成功体験などを添えてお話することで、アピール度は非常に高まりますよね。

面接の場は、採用担当者と直接会ってアピールできるチャンスですから、履歴書の内容をベースにしてよりご自身の思いが強く印象づけられるようにお話してみてください。

今後も何かございましたら、お気軽にご相談ください。K.Iさんの転職のご成功を心よりお祈りしております。
(担当:渡辺)