1. エン転職TOP
  2. 転職 エンジニア系(IT・Web・ゲーム・通信)
  3. 転職 システムコンサルタント、プリセールス
  4. 転職 セキュリティコンサルタント、セキュリティエンジニア
  5. 金融庁の転職・求人情報
  6. サイバーセキュリティ対策担当官の転職・求人情報

「金融庁/サイバーセキュリティ対策担当官」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、セキュリティコンサルタント、セキュリティエンジニアの転職・求人情報が満載です!

サイバーセキュリティ対策担当官
金融庁
プロ取材
東京都千代田区にある本庁に訪問し、採用担当方々、室長、調整官の皆様にお話を伺いました。今回の仕事は、官公庁ならではの大きなミッション感を味わえそうです。
エン転職 取材担当者
加瀬
取材担当者-加瀬
掲載期間21/06/0721/07/04
金融庁

サイバーセキュリティ対策担当官

契約社員職種未経験OK業種未経験OK完全週休2日転勤なし
サイバーセキュリティ対策担当官イメージ1
仮にサイバー攻撃を受け個人情報が漏洩し、金融データが改ざんされれば、それは国の信用問題。対策担当官の仕事は、それほどまでに重要です。
“知識”だけじゃ、この国の金融機関を守れない。
大前提、銀行・証券会社などの金融機関はトップクラスのセキュリティを誇ります。それでも安心はできません。なぜなら、サイバー攻撃は日々進化し、防衛に失敗すれば影響は計り知れないからです。

そこで金融庁は、国内の金融機関に対してセキュリティ強化を日々指導しています。しかし、時間や費用の負担を強いるため、経営陣の理解を得るのは容易ではありません。「そんなにコストをかける必要があるの?」と意見をいただくこともあります。

ですから、対策担当官はサイバーセキュリティの知識があるだけでは務まりません。潜在的なリスクや対策の必要性について熱意を持って語り、経営者や現場社員の理解を得ることが最も重要。交渉の末に、ようやく対策プロジェクトが始動するのです。

日々の立入検査や脆弱性のチェック、リスク管理態勢のモニタリングは地味な作業の連続。現場からはいい顔をされないかもしれない。それでも、金融機関のセキュリティ、ひいては国を守る重要な仕事。その誇りを胸に、今日も人知れず目の前のリスクと向き合うのです。

募集要項

仕事内容
サイバーセキュリティ対策担当官
<日本の金融システムを、サイバー攻撃から守ります>
銀行・証券会社・信用金庫・保険会社といった国内金融機関に対して、立入検査やヒアリング、サイバー攻撃を受けたときの演習などを行なうことで、サイバーセキュリティ管理態勢の強化を促します。金融機関におけるテレワークの活用等が進む中、今後益々必要とされる仕事です。

▼モニタリング(情報収集)
立入検査や各金融機関の経営者・セキュリティ担当者への定期的なヒアリング、アンケートなどにより、サイバーセキュリティ管理状況について情報を収集。各地域の金融機関を対象とするため、財務局とも連携をとり進めます。

▼データの分析
収集したデータを分析し、脆弱な箇所がないかを洗い出します。業態やサービス内容、ネットワーク構成によって“狙われやすい穴”は変わってくるため、一律ではなく個別に検討していくことが重要。サイバー攻撃も日々巧妙化しているため、最新の事例も参考にしながら分析を進めます。

▼課題の指摘、改善策の提案
分析結果を踏まえ、セキュリティ管理態勢の課題を各金融機関へ伝達。セキュリティシステムや業務フローの改善などの取り組みを促すことで、管理態勢の強化を目指します。指摘した内容については、適切に運用できているかその後もモニタリングします。

◎金融分野における環境の変化(クラウドサービスの利用等)も踏まえ、国内外のサイバー攻撃の事例・新たなリスク・対策について常に情報を収集します。

◎サイバー攻撃検知後に迅速な対策ができるよう、セキュリティ演習も実施。演習内容の企画や結果のレビューなども行ないます。
応募資格 <職種・業界未経験の方、歓迎します>
■情報セキュリティについての知見をお持ちの方
└ITコンサルで活躍されていた方、企業の情報セキュリティ部門で働かれていた方、セキュリティエンジニアの方などを想定しています。

■大卒以上かつ通算7年以上の社会人経験をお持ちの方
※経験のある業界は問いません。

~下記のような方、歓迎いたします~
□民間企業での経験を活かし、より影響度の大きい仕事がしたい方
□サイバーセキュリティについての関心を持ち、自己研鑽を続けられる方
□専門資格保有(情報処理安全確保支援士、CISSP、CISA、CISM 等)
募集背景 金融サービスの安定的な提供や、金融システムの安定稼働に責任を持つ金融庁。金融を取り巻く環境が急激に変化する中であっても、企業・経済の持続的成長と国民の安定した生活を実現するため、日々邁進しています。

今回募集する「サイバーセキュリティ対策担当官」は、金融庁の中でもここ数年特に重要視されるポジション。近年世界中で問題となっている金融機関へのサイバー攻撃に対応するべく、常に新たな知見・ノウハウを必要としています。そこで今回民間を含め培ってきた経験・知識を活かし、日本のために共に歩んでくださる方を募集します。
雇用形態 任期付職員(原則2年)
※任期満了後、勤務実績等を踏まえ、契約更新の可能性があります(最長5年)。
勤務地・交通
【金融庁】
東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館
※転勤はありません。
※業務状況に応じて、リモート勤務も可能です。
交通
東京メトロ丸ノ内線・千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」より徒歩5分
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より徒歩5分
勤務時間 9:30~18:15(実働7時間45分)
※フレックスタイム制をご利用いただけます。
└標準労働時間7時間45分/コアタイム 10:00~16:00
給与 月給25万円以上+各種手当
※これまでの経験等を考慮の上、国家公務員の給与規定(任期付職員法又は一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)等)に基づき決定します。
年収例
550万円/30代前半
600万円/30代後半
休日休暇 <年間休日120日>
■完全週休2日制(土日)
■祝日
■夏季休暇(3日)
■年末年始休暇(12月29日~1月3日)
■有給休暇
■慶弔休暇
■介護休暇
福利厚生・待遇 ■賞与年2回(6月・12月)
■国家公務員共済組合へ加入
■国家公務員災害補償法制度
■通勤交通費(月5万5000円まで)
■退職金制度
■財形貯蓄
■在宅勤務・リモートワーク可
■職場内禁煙
■食堂あり(庁舎内に食堂、コンビニがあります)
教育体制について 入庁後は、現場でのOJTで業務を覚えていきます。上司や教育担当のほかチームメンバーとの距離も近いため、業務や知識面でわからないことがあればすぐに質問し、教えてもらえる環境です。スキルアップのため個別で専門資格の勉強をする人も多く、毎日の朝礼で各々が学んだことを共有し合う風土もあります。金融庁全体でも毎週のように講演会が開かれたり、e-ラーニングで必要な知識を学べたり、各フェーズ・専門分野ごとの研修もあり、学ぶ機会に恵まれています。
配属部署について 2015年に設立された、「サイバーセキュリティ対策企画調整室」への配属となります。現在全体で約30名、サイバーモニタリングチームで約10名のメンバーが在籍。企画調整官の直属でご活躍いただけます。

企画調整官をはじめ民間出身者も多く、全体の6~7割が中途での入庁。コンサル・ベンダー・金融機関など様々な業界出身者が活躍しています。Skypeなどを用いた情報共有が活発で、意見も発信しやすい風土です。フリーアドレスを採用しているため、本庁へ出勤した際も様々なメンバーと意見を交換しやすい環境があります。
転職・求人情報イメージ1
写真は室長(左)と企画調整官(右)。あなたの上司である二人が、最先端のサイバーセキュリティ技術について教えます。
転職・求人情報イメージ2
金融庁でも特に重要視されている分野が、今回募集するサイバーセキュリティ。国家の威信を守る誇りを感じられます。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck!
取材から受けた会社の印象

「省庁」と聞くと、堅苦しく年功序列なイメージを持たれる方もいるかもしれません。しかし取材を進める中で、「意見や新しい提案があれば、経歴や年齢、年次などに関わりなく積極的に発信してほしい」というお話を伺いました。職員の方々に聞いても、金融庁全体として風通しの良い環境があると言います。

その理由には、民間から中途で入庁されている職員の方が多いという背景が影響しているそう。特に、今回募集する部署においては半数以上が民間出身者。他の省庁と比べてもかなりの割合です。様々なバックボーンを持つ職員が働いているからこそ、余計なしがらみや上下関係はありません。実際にいち職員の声で業務フローが改善されたり、勉強会などの新たな取り組みが始まることも珍しくないのだとか。

今回入庁される方にも、これまでの経験や知見を活かした意見・提案を期待しているとのこと。大きなやりがいを感じながら働けるのではないでしょうか。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい■「国家を守る」ダイナミックな仕事です。
サイバーセキュリティは、いい意味でも悪い意味でも世界的な注目を集めやすい分野。仮に日本の銀行がサイバー攻撃を受けたとすれば、経済新聞をはじめとした主要メディアに一面で記事が載り、海外でも報道されるでしょう。金融は、その国の信用。つまり、日本の金融を守ることは、日本という国を守ることにもつながります。近年では、デジタライゼーションが進展する中、サイバーセキュリティの重要性が益々高まっており、金融庁としても特に力を入れて臨んでいる仕事です。少数精鋭のチームだからこそ、一人ひとりの責任や役割も大きいもの。自分の仕事が国民のためになっているという大きな喜びを、日々感じられるでしょう。
厳しさ■勉強し続ける大変さがあります。
サイバー攻撃は、その手法が日々変わり続けています。「ここまで対応していれば万全」というゴールがないからこそ、常に国内外のあらゆる事例を収集し、脅威動向を捉え、インプットし続けなくてはなりません。加えて、自分が理解しているだけでは不十分。各金融機関にセキュリティ対策の必要性を分かってもらい、行動を変えてもらうには、業界や各金融機関の特性について十分に理解したうえで対話をしなければなりません。何年経っても勉強が終わることのない仕事だと話してくださいました。
この仕事の向き&不向き
向いている人■向学心の高い方(日々移り変わるサイバー攻撃に対応するため、常に新たな技術や事例をインプットし続けることが必要です)
■貢献性の高い仕事をしたい方(リスク分析や指導により金融機関をサイバー攻撃から守ることで、日本の金融システムを守ります)
向いていない人■技術を極めることのみに集中したい方(各金融機関の経営者と対話をし、態勢改善を促すため調整・交渉業務が日々発生します)

会社概要金融庁

設立 2000年7月
代表者 内閣府特命担当大臣(金融) 麻生 太郎
資本金 公共機関であるため、資本金はありません。
従業員数 1622人(2021年4月現在)
事業内容 金融庁は、我が国の金融機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、有価証券の投資者その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを任務としています。

◆ 金融制度の企画立案
◆ 銀行、保険会社、金融商品取引業者などの民間金融機関や金融商品取引所などの市場関係者などに対する検査・監督
◆ 金融商品市場における取引ルールの設定
◆ 企業会計基準の設定その他企業の財務に関すること
◆ 公認会計士、監査法人等の監督
◆ 国際的に調和のとれた金融行政の確立に向けた国際機関における作業や二国間・多国間金融協議への参加
◆ 金融商品市場のルール遵守状況等の監視 等
事業所 金融庁/東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館
企業ホームページ http://www.fsa.go.jp

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
エン転職にご登録いただいたWeb履歴書による書類選考
STEP2
ご提出書類による選考
STEP3
一次面接(Web面接)
STEP4
二次面接(対面面接/庁舎)
STEP5
内定
■今回の採用においては、通常の公務員試験は実施いたしません。書類選考と面接にて選考を行ないます。幅広い方からのご応募をお待ちしております。
■入庁時期は最大限考慮しますので、就業中の方もお気軽にご相談ください。
■1次選考の結果につきましては、遅くとも7月16日までに通知を予定しています。
■エン転職でのエントリーは【7月4日(日)中】〆切となっております。

<応募について>
エン転職よりエントリー後、登録いただいているWeb履歴書での書類選考を行ないます。そのため、これまでのご経験・スキルなどは事前に詳記いただけますと幸いです。通過者へ、改めて履歴書の応募フォームのご案内をいたします。提出書類の詳細をお送りしますので、そちらよりご提出ください。
応募受付方法 まずは当ページからご応募ください(エン転職でのエントリーは【7月4日(日)中】となっております)。追ってご連絡をいたします。Web履歴書の書類通過者については、改めて提出いただく履歴書の応募フォームのご案内をいたします。
面接地 【金融庁】
〒100-8967
東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館
連絡先 【金融庁】
〒100-8967
東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館
担当総合政策局リスク分析総括課/管理調整第二係
TEL 03-3506-6000(内線2515)
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、加瀬の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。