書類作成・応募の巻

応募書類はてみたいと思わせる

いくら応募しても不合格。面接にもたどりつかない。。
このような状態になると、全人格を否定されたようなどうしようもない気分になりますが、不合格だったのはあなたのキャリアではなく「書類」です。
応募書類をブラッシュアップするだけで、不合格の壁を越えられるかも知れません。

応募書類といっても、エン転職 のようにWEBサイトから応募する場合には、WEB履歴書が全てです。

転職成功への第1歩は、このWEB履歴書を、いかに企業担当者に「会ってみたい」と思わせるものにできるかです。分かりやすく、伝えたいことが伝わる内容にしなくてはなりません。

相手がりたい情報を書く

あなたが書類選考をパスしたいのなら、相手が知りたいと思っている情報をこそ書くべきです。多くの求職者の方が、つい、自分の希望を書くことに気をとられがちです。しかし、企業の担当者が本人希望欄を読むのは、書類の他の部分が採用のボーダーラインに乗った時だけです。

企業担当者が知りたいのは、あなたがどのようなキャリア(具体的に)の持ち主で、それをどう自社の業務に活かせるのか、ということです。

エン転職 のWEB履歴書は、順に入力を行うと企業担当者が知りたいと思っている主な項目が網羅される形になっています。このうち、特に工夫して入力したいのは、「主な経験職種/職務経歴要約」欄と「職務経歴詳細」欄です。実績とともに、それを応募先企業でどのように活かせるのか、活かして行きたいのかという点を盛り込んでください。

サイトから応募する

WEB履歴書が出来たら、いよいよ応募です。エン転職では、希望の求人情報の「応募」ボタンを押すと応募フォームへ遷移します。

応募フォームには、応募企業ごとにメッセージを記入する欄があります。
また、企業によっては質問事項を設けているケースがありますので、こちらの回答もお忘れなく。
メッセージには、その会社・その仕事が良いと思った理由、今までの自分のキャリアでどういったところを活かせると考えているのか、その職種に就くために現在どのような努力をしているのかというような自己PRは、非常に企業担当者の目に止まります。

キャリアがある人も、十分ない人も、この欄を無駄にせず、有効活用しましょう。どの企業担当者も、思っている以上に応募者の「意欲」を重視しています。