2017/9/18

ゆくゆくは独立したい。
人生目標から逆算した最後の転職。

石井 佑さんの転職体験記
前職営業
現職教室長
石井 佑(34歳)
Yu Ishii
  • 応募社数2
  • 面接社数1
  • 転職までにかかった期間1ヵ月
この体験記のポイント
  • 業界や働き方にこだわらず、20代はアクティブに経験を積んできた。
  • なにより"価値観"が合ったから。入社は迷わなかった。
  • 今までの経験を活かした教室長という仕事。大人になっても通用する"考え方"を育てる。

将来に向けてアクティブにキャリアを築いてきた20代。

ゆくゆくは独立したいとぼんやり考えていたこともあり、20代のうちは1つの会社に固執せず、色々な仕事でスキルアップをしてきました。不動産、教育系、飲食系、広告系など本当に色々な仕事を経験しましたね。自分で事業をやっていたこともありました。そんな20代を過ごしていく中で、自分は決まった誰かの下でコツコツ働くよりも、自分の意思で進みながら力をつけていきたいタイプだと気づいたんです。

前職は歯科医院を運営する企業で、歯科医師に自社の歯科医院を告知する仕事をしていました。全国の歯科大学や専門学校を訪れて、歯医者の卵である学生に、自社を知ってもらうための説明会を開くのが主な内容です。説明会を開く前には、学生を集客するために教授に説明をしに行ったり、既に歯医者で働く卒業生に話をして後輩を集めてもらったりしました。北は北海道、南は九州まで1年中全国各地をまわっていましたね。その他にも説明会の企画や、興味を持った生徒の面接まで全て任せて貰い、自分で工夫しながら自由に進めていける仕事は性にあって楽しかったです。

ただ、運営側の社員と歯医者の歯科医師には、なんとなく上下関係があって。私はお互いに尊重し合ってやっていくことがベストだと思っていたので、上の人に疑問を思い切りぶつけて辞めてしまったんです。今思うともう少し上手く伝えて解決する方法があった気がしますが、当時は私も若かったんでしょうね。

人生目標から逆算すると、最後の転職チャンスだった。

退職する以前は宮城にいたのですが、これを機に東京に出て仕事探しをすることにしました。東京で知人が広告会社をやっていたこともあり、私も手伝うことにしたのです。期間にして半年ぐらいでしょうか。今後自分が何をしていくかじっくり考える良い機会でした。将来を考えていく中で、出てきた答えが「次が最後の転職」ということ。当時、私は31歳。ここから、独立を目指して仕事に就いた場合、そこで少なくても3~4年ぐらいは経験を積む必要があると思っていました。そうなると、31歳の転職がラストチャンス。将来の独立を見据えた上での転職になるな、と思ったんです。

これまでの経験を活かしつつ、自分の興味のある分野で…と思いながらも完全には独立の道を絞り込めていないこともあって、転職サイトに登録しつつ求人をチェックするようにしていました。そんな中、出会ったのがクリップコーポレーションの求人です。過去にも、教員として働いた経験もありましたし、将来は学習塾として独立するイメージも持てた。そして何よりも、「教育」は一生をかけて取り組めるテーマだと思い、応募を決めることにしたんです。

価値観の合う会社で興味のある仕事。迷わず入社しました。

応募すると書類はスムーズに通過し、すぐに面接。面接の中でクリップコーポレーションについてしっかりお話頂いたのですが、塾の教育方針に非常に共感出来ました。クリップコーポレーションには勉強を教える授業以外に、キャンプ、サッカーやダンス、農業体験など、幅広い授業があるんです。そのどれもが、子供の個性を伸ばし考え方を育てるためのもの。私自身、教育や採用など色々な仕事に携わってきて、子供時代の経験が大人になってからの活躍に繋がると考えていたので、ただ勉強を教えて終わりは無い塾の方針は、価値観が合うと感じました。また、面接して頂いた方小池さん(以下、小池さん)は私の4歳上で、歳も近くプライベートにも共通点が多かったので話が盛り上がりました。 今までのキャリアやいずれ教育関連で独立も考えていることも共有し、面接というより人生相談に近かったことを覚えています。

その後、面接して2日位で小池さんから電話があり、「一緒にやりませんか?」と言っていただきました。迷わず「お願いします。」と答えましたね。条件より何よりも、面接してくださった小池さんや、クリップコーポレーションの価値観が自分と合ったことが大きいです。

今までの経験を活かして教室長にチャレンジ。「考え方」を育てたい。

営業職として採用されたので、入社後は、塾の生徒を集める営業の仕事をしていました。新しい塾が開くと周辺のご家庭にチラシを配って、数日したら1件1件家を訪問していくんです。お子さんを持つ親御さんの悩みを聞いて、塾に興味を持って頂いたら体験入塾にお呼びする流れです。今までのキャリアで幅広い年代の方と話してきたこともあり、対応に難しさを感じることはありませんでした。順調に営業活動を進めていましたが、ある時社内で、新教室立ち上げにあたり教室長を募集することがあったんです。自分のやりたい"教育"の現場でより経験を積めるチャンス。面白そうなので挑戦してみたいと思い、手を挙げました。

希望通り教室長になれて、生徒も少しずつ増えていき、現在では60人の小中学生が通う塾の教室長をしています。教室長の仕事は、教室に関わる全て。塾の管理も授業も、全て教室長1人で担当しています。担当する仕事は多いですが、イチからの教室作りは、独立するための経験として勉強になると感じています。野外学習ももちろん一緒に参加しますよ。

指導をしていると、勉強の得意な子や苦手な子、スポーツでも然り、色々な子供がいます。でも私は、それぞれ出来ないことがあっても良いと思っていて。自分が今やっていることに対して"真剣に努力すること""最後までやり切ること"が重要だと思うんです。そこで身についた考え方は、必ず後に繋がりますから。この塾での経験を大人になってからも活かしてほしい。そう思いながら、今は教室長をやっています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

歩んできた人生から、“強さ”を感じられた。

関東運営本部 兼 営業本部 責任者
小池 哲由
評価したポイントと採用理由 面接では、形式的に進めるのではなく、石井さんがどんな人生を歩んできたのかについて話したことが印象的です。石井さんは、ここに入社される前にいろいろな業界でたくさんの経験をしてきています。その中で、仕事の厳しさや苦しさ、そして楽しさを知っている方だと感じたのです。さらに将来的には独立も考えていると聞き、そんな方であれば、きっと当社に入社してもイチ担当者で終わるのではなく、会社のコアメンバーとして活躍してくれるのではないか、と期待をし採用を決めました。

入社して2年が経ちますが、会社にとってなくてはならない存在として活躍してくれています。入社半年で教室の立ち上げにチャレンジ。成果を出し、先日は全社で表彰もされました。これは私にとっても喜ばしいことです。面接で出会ってから、彼も私を慕ってくれていてプライベートで交流を持つこともよくあります。仕事の相談はもちろんのこと、彼がさらに能力を高めていけるよう、よき相談役でいたいと思っていますね。
企業情報
会社名株式会社クリップコーポレーション(東京証券取引所JASDAQスタンダード上場) 資本金2億1270万円
事業内容■幼児から小学校低学年を対象としたスポーツクラブの運営 ■小中学生を対象とした個別対応指導の学習塾の運営 ■飲食事業(弁当の宅配) 従業員数131名(2016年3月31日現在)
掲載中の求人情報
職種イメージ1 人生に必要な学びは、教科書の外にある。子どもの指導員(教室長候補)|事業拡大のため積極採用中!/複数の働き方を選べます!
給与月給21万円~30万円+奨励金(月平均3~5万)※奨励金2017年最高額70万!
勤務地東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知・京都・大阪・広島の教室 ◎希望考慮/転居する方は引越費用応相談!