2015/3/20

自信は全くなかった。ずっとアルバイトだったから。

長野 愛弓さんの転職体験記
前職ペットトリマー・コンビニスタッフ
現職ホテルのフロントスタッフ
長野 愛弓(28歳)
Ayumi Nagano
  • 応募社数2
  • 面接社数2
  • 転職までにかかった期間2ヵ月
この体験記のポイント
  • 28歳でアルバイト生活に終止符。「初」の就職へ。
  • 転職活動するまで考えもしなかった仕事との出会い。
  • 決め手となったのは、会社の雰囲気を知れた面接。

28歳。このままアルバイトじゃマズイ。

学校卒業後は、就職せずにアルバイトとして働いていました。犬のブリーダーのもとで働いていたのですが、そこでトリマーに憧れるようになって。結局、専門学校に2年間ほど通い、トリマーを目指すようになったんです。専門学校を卒業した後は、アルバイトとしてですが、念願の仕事に就けるようになりました。

トリマーの仕事では、犬にケガをさせてしまったり、注文とは違うカットをしてしまったりと、失敗もたくさんしました。でも、その度にスタッフやお客様が励ましてくれたので、頑張ることができたんです。それにうまくカットできたときは、お客様からすごく感謝してもらえるので、充実感がありました。コンビニと掛け持ちをしながら、約2年程、アルバイト生活を続けましたね。

でも、気がつくと28歳。漠然とした不安を感じるようになっていました。この年齢になると、周りを見ても今後のキャリアについて真剣に考える人が増えていて…。 私もこのままアルバイトじゃいけないって思い、転職をしようと決意したんです。とはいえ、正社員として働いた経験がないので自信はまったくナシ。初めての就職活動は、不安な気持ちで一杯でした。

まさか自分がホテルで働くなんて。

コンビニの仕事を経験していたので、レジならできるんじゃないかと思い、スーパーや小売店などの求人を見ていました。ところが、正社員として採用するので、レジだけではなく、商品の発注、アルバイトの管理、売上管理など、仕事が多岐にわたっていて。とても自分ができるとは思えず、応募に躊躇しました。飲食店などの求人も見ましたが、夜勤があり、時間が合わず…。なかなか仕事が見つからずに焦っているとき、エン転職の佐原さんという人から、おススメの仕事を紹介してもらえるメールがあって。自分にできる仕事がたくさんあるってことが分かるので、これが励みになりましたね。

色んな仕事を見ていく中で、自分に向いていない仕事を外していくと、お客様と接する仕事だけが残ったんです。人に感謝されたり、喜んでもらえる実感を得やすい仕事がやりたかったことに気がつきました。そんなときに出会ったのが、当社のフロントスタッフです。

まさか自分がホテルで働くなんて思っていませんでしたが、求人広告に書いてあった「おもてなし」という言葉にビビっときたんです。そういえば、トリマーも人に喜んでもらうためにどうすればいいか考える仕事でしたし、コンビニの仕事も常連さんにお礼を言われて嬉しかったことを思い出して。どこか共通点を感じて応募したんです。

面接がフランク過ぎて、拍子抜け。

応募はしてみたものの、「自分には無理だろうな」とちょっとあきらめていた部分もありました。パソコンもうまく使えないし、英語も話せない。こんな自分がホテルのフロントという品のある仕事ができるのだろうかって。正社員になったことがなかったので、とにかく自信がなかったんです。

ガチガチに緊張して面接に臨んだのですが、すごくフランクで拍子抜けしたのを覚えています(笑)。色々難しいことを聞かれると思っていたのですが、面接官の方が 私と同じ目線に立ってくれていたので緊張が解けましたね。だから自然に自分のことを話すことができました。

面接を終えて会社の雰囲気が分かり、この面接官のような人が いる会社で働きたいと思い、志望度はグッと上がりましたね。その後、筆記試験もあったので不安でしたが、無事クリア。内定の連絡をもらったときは信じられませんでしたが、本当に嬉しかったですね。

困ったら、すぐに先輩の助けを呼んでしまう。

入社してまだ2ヶ月ほど。覚えることはまだまだたくさんあります。それでも、今すごく充実しているんです。仕事のモチベーションは、やっぱりお客様の笑顔ですね。朝、出入り口やフロントでお客様に挨拶 をするのですが、私の顔を見て「おはようございます」と言っていただける瞬間は、泣きそうになるくらい嬉しいんです。

もちろん、できないこともたくさんあります。今働いているところは、外国人の方も多くいらっしゃるので、英語で対応しなければいけない時もあります。でも、私は英語が話せないので、すぐに先輩の助けを呼んでしまうんです。だから最近の目標は、英語が話せるようになること。自分でできることが増えれば、お客様に対してできることも増えていきますしね。そうなれば、もっともっと仕事が楽しくなってくると思っています。

徐々にではありますが、よくホテルに宿泊してくださるお客様の顔も覚えてきました。そういう方々に、自分の顔を覚えてもらえるくらいのサービスを提供できたらと思っています。まずは気軽に話しかけてもらえるようになりたいですね。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

決め手は、謙虚な姿勢の裏に隠れていたアルバイト経験。

開業準備室長
長谷川 隆
評価したポイントと採用理由 実は第一印象は、「ちゃんと活躍できるかな?」と感じたんです。自分の経歴に自信があるタイプではありませんでしたし、どこか頼りない印象があったように思います。そんな彼女ですが、よく話を聞くと、謙虚な姿勢の裏にしっかりした部分が隠れていたのです。

注目したのは、2年ほどやっていたコンビニでのアルバイト経験。レジの仕事といっても、やることはたくさんあると私は考えました。コンビニには色んな商品があって、それを覚える必要がありますし、レジだけではなく、伝票の処理も、商品の棚卸しもある。実は簡単な仕事ではないと思ったのです。

それに、接客をする中でお客様と話をすることに面白みを感じていたり、喜んでもらえることにやりがいを感じていることを聞いて、「この子なら、ちゃんと活躍できるだろう」と思って採用をしました。

あとこれは余談ですが、彼女が住んでいるアパート名に私の苗字である「長谷川」が入っていたことも採用に関係しているんですよ。これも、何かの縁かもしれないって(笑)。というのは冗談ですが、縁あってお互い一緒に働くことになりましたので、彼女には存分に活躍してほしいと思っていますね。
企業情報
会社名株式会社法華倶楽部 資本金1億円
事業内容■ホテル・旅館業 ■レストラン及びその関連する事業 ■前各号に附帯する一切の業務 従業員数700名(2014年7月現在)