2016/9/27

「自分がしたい接客」って…?3度目の転職で見つけた理想の職場。

藤城 菜理実さんの転職体験記
前職ウエディングプランナー
現職居酒屋のホールスタッフ
藤城 菜理実(27歳)
Narimi Fujishiro
  • 応募社数5
  • 面接社数1
  • 転職までにかかった期間1ヵ月
この体験記のポイント
  • 「どんな接客がしたいのか」を大切にし、仕事選びの軸をぶらさなかった。
  • 長年培ってきた「接客スキルの高さ」が、内定のカギになった。
  • 体験入社で働いてみて、自分がやりたかった「接客」ができる職場なのかを見極めた。

2つの接客業を通じて見えてきた、やりたい「接客」のあり方。

この『番屋』で働き始めるまでに、実は3社経験しているんです。ただ、人と関わることが好きだったので、全部接客のお仕事でした。ウエディングプランナーが2社と、懐石料理のお店が1社。ウエディングプランナーの仕事を選んだのは「人が1番よろこんでくれることって何だろう?」と考えたときに、真っ先に思い浮かんだのが、人生の一大イベントとも言える結婚式だったからです。幸せそうなカップルたちと一緒に結婚式のイメージを膨らませていく仕事にはすごくやりがいがあった反面「一生に一度の大イベントなので、絶対に失敗できない」というプレッシャーがだんだん辛くなっていきました。そしてお客様との距離が近いため、休日に連絡がくることもしばしば…。仕事は好きでしたが、自分の時間が全くとれなくなってしまったことが辛くて、転職を考えるようになりました。そして、懐石料理屋での仕事も経験。和食が好きなので、自分が好きなものを提供することでお客様を喜ばせられるのはうれしかったです。ただ、会食や法事などに使われることが多かったので、なんとなくお客様との距離を感じて寂しかったですね。そんな2つの接客のお仕事を通じて考えたことを大切にしつつ、転職活動をはじめました。

悩んだ自分が選んだのは、やっぱり「人と関わる仕事」。

次の転職で4社目になるので「これが最後の転職」という気持ちが強く、実際に応募に踏み切るまでには時間がかかりました。会社に退職したいと申し出てから実際に退職するまで半年間あったので、仕事を続けながらも慎重に求人を探していました。今までにやってきた接客の仕事でのやりがいや物足りなかったことなどを振り返りながら「どんな人と関わっていきたいのか」「どんなことで、お客様を喜ばせたいのか」など、じっくり自己分析をしつつ仕事を探していきました。実際にエントリーしたのは、退職の1ヶ月ほど前になってから。5社ほど応募しました。その中の1つが、この『大東企業』の求人です。和食が好きだったので、日本料理を提供している本格派の居酒屋というところに惹かれました。あとは退職金もあるし、お給料も高めで…、待遇もいいから「ここなら長く働けそう」と思い、応募することにしたんです。

雰囲気のよさにふれて、固まった入社意思。

5社ほどエントリーしたものの、真っ先に面接の連絡がきたのがウチでした(笑)そして面接に行ったのですが「とにかく雰囲気のいい会社だな」と思いましたね。ビジネス街を中心に出店していて、本格的な日本料理で人々をもてなすお店なだけあって、落ち着いた店構えが印象的でした。「ここなら、お客様に喜んでもらえる接客ができそうだな」と。面接でお話した人事の担当者も優しくて、会社のことをいろいろ親身になって話してくださったので、すごく安心感がありました。自身の接客経験についてもお話してくださって、自分が望む接客ができるのか、面接を通じて知ることができました。そして「体験入社もできるけど、やってみる?」と言っていただいて。実際に働いてみないと接客の仕方やお客様の特徴、働く仲間の雰囲気がわからないので、挑戦することにしました。体験入社は1日だけでしたが、バイトのホールスタッフも厨房の社員さんもみんないい人たちで、帰る頃には仲良くなっていました。面接のときに感じた会社のよさを再確認したので、入社を決めたんです。

ホールも厨房も、壁はナシ。仲間のおかげで接客が楽しい。

転職してから5ヶ月経ちますが、毎日楽しく働けています。長年接客の仕事に関わってきましたが、ちゃんとお店やサービスについて丁寧に教えてくれるのがうれしいです。厨房に呼ばれて行ってみると「食べてみないとわからないから」と言って、メニューの試食をさせてくれることも多くて。お客様からも「これって、どんなメニューなの?」と聞かれることが多いので、実際に自分も食べたことがある分おすすめしやすくなるのがありがたいですね。あと、料理は本格的ですが堅苦しい接客をする必要はないし、自分に会いに来たと言ってくれる方が増えていくのは励みになります。目指しているのは「邪魔をしない接客」。お客様がお連れ様と一緒においしい料理を楽しめるように、陰で動いていきたいです。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

ウチで存分に「接客スキル」を発揮して欲しいと思いました。

番屋グループ グループマネージャー
川添 正伸
評価したポイントと採用理由 「キラキラしている方だな」それが、面接での藤城さんの第一印象でした。長年、人と関わる仕事の中で磨かれてきたのだと思いますが、言葉遣いの丁寧さとコミュニケーション能力の高さをすぐに感じましたね。一生懸命さも伝わってきましたし、面接の序盤でぜひ一緒に働いてほしいなと思っていました。持ち前の接客スキルを武器に、今はすごく活躍してくれています。予約するために電話をかけてきたお客様が、話し込んでいることもあるほど。これからもお店のファンを増やしつつ、メンバーを引っ張るようなリーダー的存在になって欲しいですね。
企業情報
会社名大東企業株式会社 資本金2400万円
事業内容飲食店の経営、飲食店の企画・運営、不動産賃貸業 従業員数750名(2017年3月現在)
掲載中の求人情報
職種イメージ1 疲れちゃうので、ランチはやめました。ホールスタッフ(月給30万円、家族手当&退職金あり、オープニングスタッフ募集!)
給与月給30万円 ※経験や能力などを考慮して決定します。
勤務地各店舗(西新宿、新宿、八重洲、赤坂、神田、蒲田、有楽町)※希望を考慮。転居を伴う転勤はありません。