2015/9/8

自分の経験を整理すれば、転職回数の多さも強みになる。

星 惇吾さんの転職体験記
前職惣菜店の店長
現職食品の商品開発
星 惇吾(30歳)
Jungo Hoshi
  • 応募社数3
  • 面接社数1
  • 転職までにかかった期間2ヵ月
この体験記のポイント
  • さまざまな仕事の経験を重ね、転職回数は6回。
  • その経験で得たものを、自分なりに整理してアピール。
  • 転職で実現したいことを、熱意とともに伝えた。

6回の転職を経て、「やりたいこと」がわかってきました。

前職は、デパ地下に構える惣菜店の店長。スタッフ20名くらいの規模の店舗で、私は店舗立ち上げからその運営、スタッフ管理まで、マネジメント全般を手がけていました。多くの人の助けを借りながら手探りで仕事を進めていったのですが、毎日がとても充実していましたね。3年ほどその仕事を行なったのですが、残念ながら店舗が閉店となることが決定。そこで次の仕事を探しはじめたのが、転職活動をスタートさせたきっかけでした。

私は前職に就くまでにも販売スタッフや飲食店スタッフなどさまざまな仕事を経験しており、気づけばこれが6回目の転職。ただ、幅広い経験を重ねたことで自分のやりたいこともわかってきました。これまで携わってきた“食品”により深く関わっていきたい。そして、たくさんの人の暮らしを支えるような仕事に就きたい。そんなことを考えるようになったんです。

やりたいことを叶えるには、“食品メーカー”がベストでした。

実は前職では、ほぼ休日ゼロのような働き方をしていたんです。結婚して家庭を持つことも考えていたので、転職では休日がきちんととれる働き方を実現したいと考えていました。そんな背景もあって、休日の多いイメージのあった “食品メーカー”を中心に転職先を検討していました。

食品メーカーで、日本全国を商圏としている企業。自分のやりたいことが整理できていたため、応募する企業の候補もスムーズに見つけることができました。条件にあう求人を3つほどピックアップしたのですが、そのなかに含まれていたのが『わらべや日洋』の商品開発募集だったんです。

事業内容としては自分の希望にマッチしている。一方で、「メーカーの商品開発」という仕事ははじめてで、自分にとってのチャレンジでもある。不安がなかったと言えば嘘になるかもしれません。それでもとにかく、面接に行って自分のやりたいことを話してみよう。そんな思いで、応募してみることにしました。

転職回数の多さそのものも、整理すれば強みになる。

面接に臨むにあたっては、さまざまな仕事の経験を重ねたことで得た自らの強みを整理しておきました。たとえば、接客でコミュニケーション力を培ってきたこと、店舗運営を通じて人やプロジェクトのマネジメント能力を磨いてきたことです。メーカーの商品開発という職種こそはじめてでしたが、これまでの経験がアピールできるポイントになると確信していたんです。また、経験が幅広い分、多少のトラブルになら全く動じない対応力・忍耐力も身についている自信がありました。

面接当日には、あらかじめ整理しておいた自分の強みをアピールすることに加え、「食品業界を志望する理由」や「多くの人の役に立ちたいという思い」など、自分がどんなことをしたいと考えているのかを明確に言葉にして伝えました。とにかく熱意を持って自己アピールをすることで、面接官にも私自身の魅力を感じてもらえるのではないかと考えたんです。

実際、面接は好感触。その後の進捗もスムーズで、すぐに内定をいただくことができました。転職回数が多いことは一般的に転職には不利と考えられていますが、その経験によって得たものをきちんと整理することで、自分自身の強みにもできるのだと思います。

培ってきた幅広い経験が、あらゆるシーンで活かせています。

いま手がけている仕事は、ひとことで言うと“コンビニエンスストアに並ぶ食品の開発”。ですが、その業務内容は多岐にわたります。取引先であるコンビニエンスストアに商品を採用していただくために地道な営業活動も行ないますし、コンペに勝つためのプレゼンテーションなど人前で話す場面も少なくありません。また、社内でもあらゆる部門と連携をとって仕事を進めていくため、社内コミュニケーションも不可欠。プロジェクトマネジメント能力が問われることもあります。これまで幅広い仕事に携わってきた経験が、実際の仕事のあらゆる場面において活かせていると感じますね。

今は自分の仕事を進めていくことで手いっぱいになってしまっていますが、今後はメンバー育成などの分野にも携わっていきたい。これまで以上に、経験の幅を広げていけたら嬉しいですね。会社からの期待にしっかりと応えていくことで結果を出して、出世できたらいいな、なんてことも考えていたりします(笑)
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

幅広い経験を重ねてきたことは、むしろ高く評価したポイントでした。

管理本部 総務部 人事課
陰 松岩
評価したポイントと採用理由 真剣な目とハキハキ話をする姿勢が好印象。食品関連の仕事も含めさまざまな経験を重ねていることも、高い評価のポイントでした。商品開発に携わる社員には、こだわりの強い職人気質な人たちも少なくありません。また、取引先など社外の人たちと関わる場面が少なくない仕事でもあります。そのため環境に関わらず、周囲とうまくやってくれると感じられる人柄も魅力でした。

また、自身の強みをきちんと整理できていること、「食品の開発に携わりたい」「人々の暮らしに役立ちたい」など、自分のやりたいことを熱意をもってアピールしてくれたことも、採用の決め手になったと思います。

これまでの幅広い経験も活かしながら、現在は当社の商品開発部門に欠かせない戦力として活躍中。今後、事業の成長に伴って弊社としても採用をさらに強化していきます。新メンバーが増えていくなかで、新入社員の教育や組織づくりなどにも力を発揮してくれることを期待しています。
企業情報
会社名わらべや日洋株式会社 資本金1億円
事業内容お弁当・おにぎり・サンドイッチ・お惣菜等調理済食品の製造 従業員数社員2,185名(2018年2月末現在)