2015/7/31

29歳で正社員デビューを飾った、元少年野球コーチ。

矢上 卓也さんの転職体験記
前職少年野球のバッティングコーチ
現職マンション管理のフロント担当
矢上 卓也(29歳)
Takuya Yagami
  • 応募社数1
  • 面接社数1
  • 転職までにかかった期間3ヵ月
この体験記のポイント
  • 29歳になるまで、正社員として働いたことがなかった。
  • 18/20人が受かった面接で落ちたトラウマをバネに。
  • 面接の質問を事前にイメージしたことが功を奏した。

29歳で抱いた「そろそろ正社員にならないとまずい…」という危機感。

大学卒業後、初めて就いた仕事は少年野球のバッティングコーチのアルバイトでした。諸事情あって大学を卒業してからしばらく働くことができなかったので、働けること自体が嬉しかったですし、人に何かを教えるのが得意だったこともあり、どんどんスクール運営のおもしろさにのめり込んでいきました。そして、意欲的にアルバイトをしていたら、1年後には契約社員になることができたんです。任される仕事も増えていって、埼玉県にある約15のスクールの管轄を任されるまでになっていました。やりがいはありましたし、とても楽しい仕事だったのですが…正社員になれないことや給料が上がっていかないことに、次第に将来性を感じられなくなっていきました。気がつけば年齢は29歳。「そろそろ正社員にならないとまずいかも」と危機感を抱いていたこともあり、新しい仕事にチャレンジすることを心に決めました。

とりあえず1社だけ応募してみた。

野球のコーチや学生時代にやっていた塾講師など、人と関わる仕事をしてきたこともあって、「人と接する仕事」という軸でとりあえず転職活動をはじめました。はじめは塾講師にもう1度チャレンジすることも考えたのですが、「せっかくならこれまでにやったことのない仕事に挑戦したい」と思って、選択肢を広げることにしました。そんな折、自宅のまわりに、もの凄い数のマンションが建ちはじめたんです。それをキッカケに、考えたこともなかった「マンション業界」に興味が湧きました。そして、「人と接する仕事」×「マンション業界」という2つの軸に絞って転職サイトで求人を探している時に見つけたのが、エヌティーコーポレーションでした。「まずはここだけ受けて、ダメだったほかの会社を受けよう」という気持ちで、とりあえず1社だけ応募してみることにしました。

18/20人が受かった面接で落ちた過去のトラウマをバネに。

正直、応募をした時は受かるとは思っていませんでした。実は18/20人が合格した面接で、不合格になってしまった過去があって…(笑)。今となっては笑い話ですが、当時は結構トラウマだったんです。だからこそ、事前に「どんな質問をされるか」というシミュレーションをして、的確なアピールができるように徹底的に準備しました。

そして面接当日。面接室に入った瞬間に「ここまでどうやって来ましたか?」と聞かれたんです。コミュニケーション能力が求められる仕事だから、この質問をされる可能性があると予想していたので、スムーズに説明することができました。そこから、心に余裕が生まれ、自分を偽ることなく受け応えできるようになり、面接は非常に盛り上がりました。とても心地よかったですし「あぁ、この人たちと一緒に働くことになるんだろうなぁ」と、すんなりとイメージできたことを今でも鮮明に覚えています。

最終面接もうまくいき、内定をもらえた時には「ようやく正社員になれる」と感慨深い気持ちになりました。29歳にして、ようやく正社員デビュー。失うものは何もなかったので、精一杯頑張ることを誓って入社しました。

自分の得意分野で、会社に恩返しをしていきたい。

わかっているつもりではいましたが、入社後はやはり大変でした。やったことのない仕事、飛び交う専門用語、増えていく業務。自分の仕事が何に役立っているのかもわからない…。そんな日々が数ヶ月は続きました。タスク管理やスケジュール管理が全くできなくて、先輩方にもたくさん迷惑をかけました。それでも、一つひとつ改善をして、少しずつできることが増えていくのはとても嬉しいものです。入社から約半年経った今、私にも後輩ができました。わからない人の気持ちを誰よりも理解できるからこそ、親身になっていろいろ教えながら私自身も一緒に成長していきたいですね。

現時点での短期的な目標は、先輩の助けを受けずにひとりで仕事を担当できるようになることですが、いずれは未経験者を育成する仕組みをつくりたいと考えています。属人的になりがちな知識や経験値をわかりやすい形でまとめて、私が得意な「教育・育成」という部分で会社に貢献していきたいです。それが、正社員経験のない29歳の未経験者を採用してくれた会社への恩返しだと思っています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

嘘をつかず、等身大の自分で勝負する素直さを評価しました。

管理部 部長代理
鮫嶋 功一
評価したポイントと採用理由 大前提、当社では「過去の経歴などは気にせずに、未経験の方でも積極的に会ってみましょう」というスタンスで採用活動を行なっています。彼の時もそうで、履歴書を見ても特に何も思わなかったですね(笑)。会ってみて、ちゃんとしたコミュニケーションがとれるかどうかを確かめよう、と考えていたことを覚えています。

実際に面接に来てもらって結果的に好感をもてた理由は、話の筋が通っていたこと。面接を受ける方の多くは、過去のエピソードを誇張したり、都合の悪いことを隠したりします。それは「受かりたい」という思いを持つ転職者の方にとってはあたり前のことですし、私どもとしてもある程度は仕方ないことだと思っています。ただ、それを上手に伝えられるコミュニケーションがないとすぐにわかってしまうものなんです。その点、彼の場合は話の筋が通っていましたし、そもそも自分を大きく見せようとしていなかった。等身大の自分で勝負しようとしている素直さを高く評価しました。

また、入社後のミスマッチによる早期退職を防ぐためにも、面接では敢えて仕事の厳しい部分だけを伝えるようにしています。「しょっちゅうクレームをいただく仕事ですよ」と伝えると、人によってはオドオドしてしまうこともあるのですが、彼は野球スクールのコーチをやっていた頃、多くのクレームを受けてきたとのことでした。耐性があることはわかりましたし、なにより「精一杯頑張ります!」という熱い言葉を伝えてくれたんです。そんなまっすぐな姿勢に期待ができたので、迷わず採用することを決めました。
企業情報
会社名株式会社エヌティーコーポレーション 資本金1400万円
事業内容■マンション、ビルの総合管理、会計・出納事務管理 ■建物内外の補修及び付帯設備に関する営繕工事 ■不動産の賃貸管理、売買及び仲介 ■土地・建物の総合管理及び保安警備業務 ■損害保険代理業 [免許番号] 宅地建物取引業者:東京都知事(5)第73974号 マンション管理業者:国土交通大臣(3)031452号 従業員数40名(2016年5月現在)