2015/6/19

2社で迷っていた私が、第二希望だった会社を選んだ理由。

丹波 幸子さんの転職体験記
前職ホテルのバンケット業務・ルームサービス
現職ブライダルジュエリーの販売スタッフ
丹波 幸子(23歳)
Sachiko Tanba
  • 応募社数2
  • 面接社数2
  • 転職までにかかった期間2ヵ月
この体験記のポイント
  • 人生で一番幸せな瞬間である結婚に携わる仕事がしたいと思い、入社したのは外資系ホテル。
  • 自分が退職したら現場が困る。なかなか伝えられなかった退職の意思。
  • 面接以外の場で気づいた、本当に入りたい会社。

ブライダルに関わる仕事がしたい、学生のころから抱き続けた夢を叶えた前職。

学生の時からずっとブライダルの仕事に憧れがありました。人生の中で一番幸せな瞬間である結婚に携われる仕事って、とてもステキだなと思っていたんです。専門学校もブライダルのことを学ぶためにはどこがいいか、という視点で選びました。そして、最初に入社したのが外資系のホテル。ラグジュアリークラスでよく結婚式も行なわれていて、私は挙式・披露宴などのバンケット業務を担当していました。ずっと憧れていたブライダルの仕事だったので、すごく充実感がありました。

でも、憧れの仕事は、ハードな仕事でもありました。拘束時間が長く、夜勤もあり体力的な部分もありましたが、なによりお客様と触れ合う時間をもっと作りたい、もっとゆっくりと時間を掛けられる仕事がしたい、と思うようになったときに転職を意識し始めました。

そうはいっても、ただでさえ人手が足りないような状況でした。私がここで抜けてしまうと、残った人達に迷惑がかかる。シフトの穴を埋められるだろうかー。そう考えると、なかなか行動に移すことができなくて。すごく悩みましたが、最終的には自分が好きだと思える仕事をしたいと思い、転職活動を始めました。

ブライダルに関わることであれば、扱う商材は特にこだわらなかった。

転職先を探している時の基準は、ブライダルに関わること。そして、ホテルサービス以外の仕事。この2点だけです。だから扱う商材には、特にこだわりがなかったですね。

いろいろな会社を見ていて、応募する企業を2社に絞りました。1社はウエディングドレスショップで、もう1社はジュエリーを扱う当社です。理由はどちらもオーダーメイドのサービスがあったこと。お客様の「こんなことやりたい!」というニーズにはすべて応えたいんです。「うちではできません」とは言いたくない。そう考えるとオーダーメイドが可能なことは、とても重要な点でした。

その2社に応募しました。ほとんど同時進行で選考を進めていたんですが、実は最初はドレスショップのほうが志望度が高かったんです。結果的にマリアージュを選んだわけですが、それは面接での出来事がとても大きかったんです。

第一希望と第二希望の企業が逆転した瞬間。

ドレスショップの面接を受けに店舗に行った時の話なんですが、応接スペースでお待ちくださいと言われたので、座って待っていたんです。

スタッフはみんな裏に行ってしまっていて、店舗には誰もいない状況。そんな時、お客様が入ってこられたんです。店舗には案内する人が誰もいなくて、お客様が入られたことにも気づいていません。仕方なく私が店舗裏にスタッフの方を呼びに行きました。私だったら絶対にお客様にそんな思いをさせたくない。そう考えると、次第に志望度が下がっていきました。

一方で、マリアージュの志望度が上がるような出来事もありました。当時、ホテルでの業務が忙しかったのと、第二志望だったということもあって、面接日の日程調整などのメール返信が遅れてしまっていたんです。そんな時やり取りをしていた本部長から「ブライダルの仕事はどんな商品だとしてもお客様にとっては一生の思い出になる。自分の転職のメールが疎かになるようでは、お客様に対するサービスが満足に出来る訳がない」と お叱りを受けてしまったんです。

「あぁ、やってしまった」という思いとともに、嬉しい気持ちにもなりました。まだ内定も出ていない他人である私のためを思って叱ってくれる会社なんて、きっとそうはないはず。面接に行っても、とてもアットホームな雰囲気が伝わってきて、みんな本当に優しそうだったんです。そして、ここなら自分らしくのびのび働けると思い、マリアージュへの入社を決めました。

一番のやりがいは、指名をいただいた時。

前職との大きな違いはお客様一人ひとりと深く接することができること。

お客様の喜ばれる姿を見れたときや、感謝のお言葉をいただいた時はすごく嬉しいですね。そして、もっともやりがいを感じるのは、指名をいただいた時。男性のお客様がお一人で来られることがよくあります。ご案内させていただいて、後日お二人で来られた際、ご指名をいただけることがあるんです。私のことを信頼していただいたんだと実感できるのが、とても嬉しいですね。これは前職では経験できなかったことです。

全員が同じ方向を向いてお客様に向き合っている事もあり、協力しあって取り組んでいく仲間との関係性がいいと思います。きっとこれが普段の接客にも良く影響しているんだと思います。

まだまだお客様を迷わせてしまったり、指輪を選ぶのに予想以上に時間をかけさせてしまうことがあります。今後の目標は、もっとお客様にとって満足度の高い接客ができるようになること。そしてまわりの先輩達が、もっと楽しく働いていけるような環境づくりに貢献していけたらなと思っています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

経験や能力よりも、感じのよさ、素直さを評価しました。

本部長
小澤 匡晃
評価したポイントと採用理由 これまでもずっとサービス業の経験をしてきているので、接客のスキルはほとんど心配していませんでした。
あとは実際会ってみて、素直さや感じのよさ、コミュニケーション能力、伝える力、魅せる力がどのくらい備わっているかを確認するという感じですね。

そういう意味では、彼女の場合、とても感じが良くて最初からすごく良い印象でした。
ただ、面接日程の調整をしている時に、とにかくメールのレスが遅くて注意をしたことがあったんです。ブライダルの仕事はアイテムに限らず、一生に一度の瞬間に立ち会います。自身の転職という瞬間に相手に対する姿勢を大切に出来ないという事は、お客様に出来る訳がないんです。本人はケロッとしていましたけどね。そういうところも含めて周りから愛されるだろうなと。

実際に今は、期待通りに活躍してくれてますし、今後ももっと伸びてほしいと思っています。普段の働いているところを見ていると、視野がとても広くて関心させられることも少なくありません。ゆくゆくは同世代のスタッフよりも一歩先を行って、ぜひ下の世代に良い影響を与えるスタッフへと成長していってほしいと期待しています。
企業情報
会社名株式会社マリアージュ 資本金9950万円
事業内容■ブライダルジュエリーブランドの企画・製造・販売・卸売 ■宝飾品加工・製造・販売・卸売 ■海外宝飾品の輸入・販売 ■通信販売事業 従業員数30名