1. エン転職TOP
  2. 転職ノウハウ
  3. わたしの転職体験記
  4. 働く姿をイメージできるまで、とことん調べ、とことん質問。 前のめりで手に入れた、自分らしく働ける場所。
2019/8/22

働く姿をイメージできるまで、とことん調べ、とことん質問。
前のめりで手に入れた、自分らしく働ける場所。

大塚 郁弥さんの転職体験記
前職ナイトクラブの運営スタッフ
現職メイドカフェの運営スタッフ
大塚 郁弥(25歳)
Yuya Otsuka
  • 応募社数1
  • 面接社数1
  • 転職までにかかった期間1ヵ月
この体験記のポイント
  • 転職8回。18歳の頃から、サービス業界一筋でキャリアを歩む。目指したのは「経験したことのない業種」。
  • 応募前に企業の成長性などを入念にチェック。気になる点は面接で遠慮せず質問し、志望度を高めた。
  • 入社後も過去の経験を活かし、積極的に改善提案を発信。入社1年経たずに大役を任されるなど、期待の星に。

サービス業界に絞り、転職回数は8回。根底にあったのは、「究極のサービスを突き詰めたい」という想い。

高校生のときに飲食店でのアルバイトを通して接客の楽しさに目覚めて以来、ずっとサービス業界で生きてきました。最初に就職したのは、あるホテル。結構サービスに力を入れていて、今の僕のサービスに対する考え方の原型はそこでできあがりました。「究極のサービスってなんだろう」って考えるようになり、そこを突き詰めたいと思うようになったんです。

そこから、「まだ経験したことのないサービス業にチャレンジしてみよう」と考え、いろいろな業態のサービス業を経験しました。居酒屋やレストラン、ブライダル…気づけば転職を8回していました。でも、闇雲に会社を移っていたつもりはなくて。入った会社で「ここまではやりきる」という目標をあらかじめ決めて、それを達成してから次を探す…という転職の仕方でした。

そしてあるとき、知人から「人手が足りないから手伝って欲しい」と言われ、前職のナイトクラブの仕事をはじめたんです。そこではサービス内容の企画や労務関連など、バックオフィス業務が中心でした。ただ何よりの学びは、お客さまを「楽しませる」という、エンターテイメントの考え方。自分の中では、それまでになかったサービスのあり方だったんですよ。

なのでとても勉強にはなりましたが、経営側の仕事でありながら入社以来ずっと非正規雇用。待遇改善を何度も申し入れたのですがなかなか受け入れられず…。店舗の立ち上げやサービス開発などを手がけ、この先もっと責任が重くなるのにこのままかと思うと、前進している感覚がなくなってしまい、転職を考え始めるようになったんです。

選考を受けたのは1社だけ。その分、納得いくまで会社の将来性や成長性を調べ尽くした。

インフィニアを知るきっかけになったのは、これまた知人から『@ほぉ~むカフェ』に行ったという話を聞いたこと。メイドカフェに行ったことがなかったので、気になってHPを調べたんですよ。そしたらフロアマネージャーの募集をしていて。自分が主体ではなく、メイドさんたちに動いてもらってお客さまに楽しんでもらうという「空間づくり」がメインの仕事であることを知り、「こうしたサービスへの関わり方があるのか」と興味を持ったんです。今までって、あくまで自分が動いてお客さまに喜んでもらうというサービスばかりだったので。そのときちょうど今のままの仕事でいいのかって疑問に感じていたのもあり、選考を受けようと思ったんです。

ただ、選考を受けたのはインフィニア一社だけ。昔から、転職活動などでいくつもの会社を受けるようなことはしてなかったんですよ。本当に入りたいと思えた会社だけに絞り、面接前にとことん調べる…というスタイルでした。HPを隅々まで読み込むのはもちろん、その会社を取り巻く環境や市場の動向などを調べ尽くしました。同じサービス業界を歩んできたからこそ競争の激しさなどは理解しているつもりだったので、その中で将来性や成長性を見極めたいと思ったんです。

今回で言えば、インフィニアの歴史や市場の中での立ち位置を調べましたね。すると、メイドカフェの中でもパイオニアであり、確たる立ち位置を築いている企業であることがわかりました。さらに訪日外国人が増えている中で、今後もニーズがあるのではないか…と思えました。そこで、今後訪日外国人がどれくらい増えるのかといったデータも揃え、客観的にインフィニアの将来性を探りました。面接前には実際に店舗も利用してみてお客さまやメイドさんたちの雰囲気を知ることで、ここなら間違いないって思えました。面接前の段階で、よほどのマイナスが面接で出てこない限りは内定が出たら入社しようって心に決めてました。

面接は常に前のめり。そこで働く自分がイメージできるまで、面接官を質問攻めに。

面接前にだいぶ前のめりにはなっていたので、当日は気になっていたことを遠慮なくガンガン質問しましたね。これまで転職を重ねる中で、思っていたのと違った…というギャップを感じたこともあったので。だから自分がインフィニアで働く姿がイメージできるまで、とことん聞きました。たとえば労働時間。募集要項にはこのように書かれてますけど、実際にはどうですか?って。他にも求人広告にはキャリアアップ制度について触れられていますけど、先輩社員は実際にどのくらいのスピードで昇格しているのかなど、具体的な事例を教えてもらいました。そうすることで、「自分の場合は何年でどれくらいのポストに就けるか」をリアルにイメージすることができました。今までの経験上、「早期のキャリアアップが可能」と書かれていても、結局は年次がモノをいうなんてこともあったので。

あとは面接って、自分のことをよく見せようとつくってしまうことってあるじゃないですか。僕、それもよくないって思ったんですよね。だからホントに"素"でした。前職までの経験を踏まえながら、「自分はこういう仕事をしたい」ということを、やっぱり前のめりになって語りました。自分が面接官だったら、引きますけどね(笑)。でも、その姿勢が幸いなことにインフィニアとずれてなくて。ここだったら絶対楽しみながら仕事ができる!って確信しました。もともと入りたい会社じゃなきゃ面接なんて受けないですけど、それでも内定が出たときは即答で入社を承諾しました。

自分の意見が、店舗運営に反映される。「前進している感覚」を常に味わえる日々。

僕の場合、仕事において重視しているのはやりがいなんです。少しくらい給与が低かったり、休みが少なくっても、やりがいがあれば気にならないんです。人生の大半を仕事に費やすのですから、その時間が楽しくなかったら僕は我慢ができません。それが、今すごく充実しているんです。8社ものサービス業を経験しましたが、それでもインフィニアの仕事は初めて経験することばかり。学ぶことが多くて、毎日が刺激的です。先日も名古屋に期間限定店舗ができたのですが、その運営を任されまして。初めて経験することばかりでしたが、得るものも大きかったです。僕は同じ業界をずっと続けていますが、自分が変化を求めれば、新たなチャンスっていくらでも舞い込んでくるんだって思えますね。

サービス業界でも、大手ともなると変化を嫌う傾向ってあるんですよ。でもインフィニアの場合、より良くしていこうという会社としての意志が強いんです。だから社員からの提案にも耳を傾け、実際に行動しようとしてくれるんですよね。僕もまだ入社して1年も経っていないですが、「もっとこんな風にしたい」という改善提案は、ガシガシ出しています。小さなことなら、すぐ「やってみなよ」ってレスポンスがあるのが嬉しいです。ときには事業責任者から「詳しく話を聞かせてよ」なんて声をかけられたり、飲みに行ったときに軽く提案したりもできます。常に前進している感覚が味わえるので、不満を感じることがありません。今までは入社半年もしたら辞めたいと思うことはあったのに、この会社ではそれがないのが自分でも驚きです。

この先、どんどんキャリアアップして、会社の経営を支えられるような存在になりたいとざっくりと思い描いてます。この会社なら、そうした姿勢や努力を、きちんと認めてくれると思ってるから。メイドカフェは今後海外に進出できるポテンシャルがあります。そのときに「コイツなら安心して任せられる」と、周りから信頼される人間でありたいと思っています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

暑苦しいくらいの想い。それは面接での「質問」にもあらわれていました。

管理部 部長
市川 重信
評価したポイントと採用理由 面接での大塚さんは、とにかくアツかった。よくウチのことを調べてくれていて、「前職の経験を活かして、インフィニアでこんなことをしたい」ということが明確でした。当社の選考を受ける方には、「新しいことに挑戦したい」という志望動機をお持ちの方が多いんです。でも、残念ながら具体的になっていない場合が少なくありません。大塚さんの場合は、ご自身の中で入社後のイメージがすでにできあがっていたので、これは期待できるな、と。一般的に労働時間やキャリアアップなどの質問って面接ではしづらいかと思いますが、それって結構重要だと思うんですよ。入社後の自分をイメージできていないと、出てこない質問ですからね。

大塚さんのすごいところは、入社後もその熱量が変わらないこと。今もアツいんです。たいてい、時間の経過とともに落ち着くもんじゃないですか。でも、大塚さんはそれがありません。名古屋の期間限定店舗の運営に抜擢されたのも、そうした想いに対しての会社からの期待や信頼が厚いからだと思うのです。

だから大塚さんには今のまま、変わってほしくないって思っています。熱量を失わず、初心を忘れずに。そして会社の資産をうまいこと活用して、チャンスを掴んでほしいなと願っています。
企業情報
会社名インフィニア株式会社 資本金300万円
事業内容『@ほぉ~むカフェ』の運営、タレントプロデュース、グッズ企画販売、衣装制作販売 従業員数383名(2018年4月時点)※アルバイト含む