1. エン転職TOP
  2. 転職ノウハウ
  3. わたしの転職体験記
  4. 「もうすぐ掲載終了」のアラートで滑り込みの応募。⾃動⾞学校の先⽣が広告代理店の営業になるまで。
2018/8/20

「もうすぐ掲載終了」のアラートで滑り込みの応募。⾃動⾞学校の先⽣が広告代理店の営業になるまで。

梅木 ⾹⾥さんの転職体験記
前職自動車学校のインストラクター
現職広告代理店の営業
梅木 ⾹⾥(30歳)
Kaori Umeki
  • 応募社数4
  • 面接社数3
  • 転職までにかかった期間1ヵ月未満
この体験記のポイント
  • 新卒1年目、事前の説明と違う部署への配属。努⼒の末掴み取った企画職は、やっぱり楽しかった。
  • 畑違いの広告代理店に、思い切って応募。⽣じた迷いも振り切り、⼊社を決めた。
  • 刺激的な毎⽇を送る⽇々を⼿に⼊れ、企画ができる営業への⼀歩を踏み出した。

⼊社前の説明と異なるインストラクター業務に配属。負けず嫌いに⽕が点いた。

元々⼈と話すことが好きで営業を志望していたので、⼤学卒業後は、⾃動⾞学校の企画営業……になるはずでした。企画ができる仕事に興味があったし、学⽣時代ディーラーでバイトしていた経験も活かせそうだなと思い、応募しました。ところが、⼊社初日に上司から「あなたは営業じゃなくて現場で指導をしてね」といきなり告げられて、有無を言わさずインストラクターへの配属が決まったんです。

もちろんやりたいわけではありませんでしたが、引き受けてしまった理由は“負けず嫌い”に尽きると思います。その時社内には⼥性のインストラクターがいなかったし、まして私は新卒1年目。周囲からの「どうせできないだろう」という視線を感じて、逆に⽕が点いてしまったというか(笑)。どうせなら誰もが認める指導者になろうと思いました。

そうと決めてからは、教えるのに必要な種類の免許をすべて取得。意外と全部の免許を持っているインストラクターは少ないので、社内はもちろん、⽣徒さんからも信頼を得やすくなりました。

この姿勢を評価してもらい、念願だった企画業務も任せてもらえることになったのは嬉しかったですね。免許の筆記試験対策の授業や教材など、⾃分なりにアイデアを考えて、新しいものを作れる毎日は充実していました。ただ、部署を異動できるわけではなく、インストラクターとしての指導も並⾏して⾏なわなければならない日々が続いていて……。忙しい毎日が続くうちに、この経験を⽣かしてもっと企画に集中できる環境に⾏きたいと考えるようになり、転職を決意しました。

畑違いの広告代理店。応募に踏み切れたのは、『もうすぐ掲載終了』のアラートがあったから。

働くことが好きだったので、ブランクができないように仕事の合間に転職活動をしていました。休憩時間にご飯を食べながらスマホで会社を探して、興味を持った会社は『気になる』ボタンで保存。スマホのメモアプリで志望理由を簡単に書いて、帰宅してからパソコンで清書していました。仕事選びの軸は、名古屋市内の会社で、営業も企画もできること。お客様と直接コミュニケーションを取る仕事はやっぱり好きだったので、企画営業の仕事を中心に探していました。

アドラフトは、求⼈広告に書いてあった「問題解決のお手伝い」というワードがすごく印象的で興味を惹かれたのが最初です。広告系の企画営業は、営業のアイデアがわかりやすくカタチになりそうで、いくつか目をつけていたのですが、他は看板やWebなどの媒体をセールスするものが多かったんです。テレビやラジオ、雑誌などいろいろなメディアを駆使しながら仕事ができる点も、なんだかスケールの⼤きい仕事ができそうでワクワクしました。

ただ、マスメディアと取引があるような広告代理店なんて畑違いの⾃分には無理なんじゃないか、という気持ちが強くて、とりあえず『気になる』ボタンだけ押して、応募は躊躇していました。そうしたら、掲載終了間際にサイトから『もうすぐ掲載終了』というアラート通知があったんです。背中を押された気がして、最後は勢いで応募しました。

これまでの取り組みをきちんと伝え、⾒事内定。ただ、迷いも……。

書類選考を通過して面接に呼ばれた時はすごく嬉しかったです。反面、不安な気持ちも⼤きかったのでしっかり準備していきました。これまでの経験から企画営業に活かせそうなことを選んで⾃分なりに整理したのは、役に⽴ったと思います。

実際の面接は、想像以上に温かくて話しやすい雰囲気でした。採用担当の⽅がすごく気さくで、雑談混じりのような面接で。この社員の⼈たちとなら楽しく働けそうだという印象も⽣まれて、すごく楽しかったです。ただ、面接を終えた帰りのエレベーターで「さすがにフランクに話しすぎてしまったかも」と反省しきりでした…。

志望度が⾼かった分、内定をもらえたことには安心したものの、⼊社を決意するまでには少し迷いもありました。というのも、私は在職中の転職活動でしたから、内定をもらった日も当然⾃動⾞学校に出社するんですよね。インストラクターの仕事を嫌いになって転職活動をしたわけではなかったし、目の前の⽣徒さんや仲の良い同僚の姿を目にして、「本当に転職して後悔しないだろうか」という思いが頭をよぎったんです。これまで積み上げてきた経験や知識がゼロになる環境へ⾶び込むことが怖かったのかもしれません。

せっかく新たなチャンスを手にしたのに、迷っている⾃分⾃身のこともなんだか情けなく感じてしまって、家族や友⼈にも相談を重ねました。でも、⼝々に言われたのが「最終的に決めるのはあなたでしょ」という言葉。本当にその通りだと思って、改めて新卒⼊社からの8年間を振り返ってみると、⾃分がやれるだけのことをやりきったと胸を張って言える気がしました。最後は⾃分で、次に進もうと思えて、⼊社を決めました。

テレビやラジオの現場へ出向く、刺激的な毎日。問題解決ができる営業をめざしています。

⼊社したのは今年の2月。繁忙期真っ只中の年度末だったので、みなさんものすごいスピードでお仕事をされていて、ちょっと圧倒されながらのスタートでした。⼤型のプロモーションの案件に勉強を兼ねて補佐として⼊る予定だったのですが、気づけばどんどん仕事を任されていた……なんてことも。でもすごく刺激的で、なんだかんだ楽しんでいる⾃分がいますね。これも負けず嫌いの性格にはぴったりなのかもしれません。

今私が担当している案件は、先輩⽅が提案して受注した企画を実⾏する段階。実際に当社から⽣まれたアイデアがカタチになった現場で働いているのも面⽩いです。想定通り、ラジオ番組の収録に⽴ちあったり、ドラマの先行上映イベントをしたり、コンサートの企画をしたり、いろいろな手法でクライアントのプロモーションを実現している実感もありますよ。

最近になって、ようやく現場の流れやクライアントの求めていることが分かるようになってきたところ。これからは⾃分で企画を提案して、お客様から信頼される営業をめざしたいですね。先輩を⾒ていると、お客様との信頼関係が築けていると感じるんです。この仕事は問題解決業なので、お客様の問題を解決し、期待を超える斬新な企画を⽴てられる営業になりたいと思っています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

⾃然な明るさと、求められる以上の仕事をこなしていた姿勢に惚れ込みました。

営業部 アカウントエグゼクティブ 次長
神田 徹
評価したポイントと採用理由 本⼈は畑違いの業界からの転職で不安があったと話していましたが、面接での印象は抜群に良かったです。評価したのは、コミュニケーション⼒の⾼さと、⾃然な明るさ。やはりお客様と上手く関係性を築いていくためには、インストラクターとして笑顔で明るく振る舞っていたという経験はすごく価値があると感じました。もちろんそれだけではなく、前職で求められる以上の仕事をこなしていた点が非常に好印象。面接が終わってすぐ内定を出すことを決めました。辞退されたり他社に⼊社されたりしまっては困る……と思って、翌朝には内定の連絡をさせていただきました。

⼊社後すぐから、僕が担当していた業務も一気に任せているので、今は⼤変な時期だと思います。でも、持ち前の明るさを活かして一⽣懸命食らいついてくれていますよ。彼⼥にはまだまだ期待をかけていきたいんです。目指してほしいのは当社のエース的な存在。優れた企画をたくさん⽣み出して、今後後輩が⼊ってきた時に「梅木さんみたいになりたい」と憧れられるような営業になってほしいです。
企業情報
会社名アドラフト株式会社 資本金1000万円
事業内容広告代理店業及び一切の付随業務 ≪主要取引媒体(中部)≫ ■新聞 中日新聞社、朝日新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、中部経済新聞社、毎日新聞社、中日スポーツ、中京スポーツ、静岡新聞社、岐阜新聞社 他全国主要新聞社 ■テレビ 東海テレビ放送、中京テレビ放送、CBCテレビ、名古屋テレビ放送、テレビ愛知、三重テレビ放送、岐阜放送、びわ湖放送、テレビ静岡、静岡第一テレビ、静岡放送、静岡朝日テレビ、北陸各局 ■ラジオ ZIP-FM、@FM、東海ラジオ、CBCラジオ、エフエムとよた、岐阜ラジオ、FM岐阜 ■その他 名古屋リビング新聞、ゲイン、流行発信、KADOKAWA、各種FP、交通媒体及び屋外看板 他 ※順不同/敬称略 従業員数7名(2018年8月現在)