1. エン転職TOP
  2. 転職ノウハウ
  3. わたしの転職体験記
  4. 「⽣き物好き」の僕が選んだ害⾍駆除の仕事。図鑑で⽣態を調べる苦労さえ、面白い。
2018/7/2

「⽣き物好き」の僕が選んだ害⾍駆除の仕事。図鑑で⽣態を調べる苦労さえ、面白い。

藤田 拓也さんの転職体験記
前職動物・昆⾍を扱う商社の営業
現職害⾍駆除のサービススタッフ
藤田 拓也(27歳)
Takuya Fujita
  • 応募社数3
  • 面接社数3
  • 転職までにかかった期間2ヵ月
この体験記のポイント
  • 昆⾍や動物が好きで就いていた仕事を待遇がネックで退職。でも、次も⽣き物に関わる仕事が良かった。
  • 絶対に入りたいからって、評価されたのが偽った自分じゃ意味がない。ありのままの自分で面接に挑んだ。
  • ⽣き物に関われる仕事とはいえ、苦労は出てくる。でも、背伸びせずに働けているから、大変に感じていない。

好きだけじゃ、続けられなかった。

⾃宅で昆⾍や熱帯⿂を飼うくらい、僕は⼦どもの頃から⽣き物が好きなんです。できれば好きな分野の仕事がいい。そう思って以前勤めていたのが、動物や昆⾍、熱帯⿂などの商社。ペットショップに卸してもらえるように提案する営業に携わっていました。扱っていたのは、犬やハムスターなどの動物、カブトムシやクワガタといった昆⾍、10万円以上する高級の熱帯⿂など多種多様。会社で飼育していたので、いろんな⽣き物の⽣態を知れて、知識が深まるのが楽しかったですね。

ただ、⽣き物の体調管理は⼤変。会社が休みの⽇でも1時間ほど会社に寄って、餌をあげたり⽔槽に薬を⼊れたりしないといけなかったんです。正社員として1年半働いていましたが、ボーナスをもらったことがなく、⽉給もずっと同じ。仕事は好きだけど、休⽇や収⼊は決して良いとはいえませんでした。好きだけで続けるのは難しいなと感じていた時に、仲の良い友⼈に「転職を考えてもいいんじゃない?」といわれたんです。⼩学⽣の頃から僕のことを知る友⼈に背中を押され、転職を踏み切ることにしました。

待遇が⼤きく改善されなくても、やっぱり好きになれる仕事がいい。

明確にやりたい仕事が決まってなかったので、エン転職に掲載されるいろんな求⼈を⾒ました。休⽇や収⼊が良い会社はたくさんありましたね。でも、待遇の良さだけではどうしても⼀⽣懸命働いている⾃分を想像できなくて。やっぱり、好きになれる仕事を最優先にして選ぼうと決めました。

応募したのは3社です。そのうちの2社は、ペットを扱う商社の営業経験が活かせそうと感じた求⼈。厨房機器の営業と食品の営業です。そして、最も気になっていたのが三共衛研のサービススタッフ。店舗や工場などに害⾍や害獣が発⽣しないようにしたり、駆除したりする仕事です。飼育とは扱い方が違いますが、「⽣き物の⽣態をいろいろ知れるかもな」と面白そうに思えましたね。⽣き物に関われる求⼈が全然なかったので、「ここしかない。絶対⼊りたい」と第⼀志望で応募しました。

ありのままの⾃分を出して、知りたいことを素直に聞いた。

他に2社応募していましたが、本気で⼊りたいのは三共衛研しかないと思っていました。でも、絶対に落ちたくないからといって、必要以上に⾃分をよく⾒せるのは違うかなと考えていましたね。だって、評価されたのが飾った⾃分だったら、⼊社後も偽り続けることになるじゃないですか。せっかくの好きな仕事でも、きっと辛くなってしまいます。だからあえて、ありのままアピールした⾃分を評価してもらうつもりで面接に挑みました。気持ちが楽だったおかげで何を質問されても、適当に取り繕ったことを⾔ったり悩んで⾔葉が出なかったりすることはありませんでしたね。

僕は、第⼀志望の会社だったからこそ、三共衛研のこともありのまま知りたいと思っていました。面接でアピールするためだけのありきたりな質問じゃなく、求⼈を⾒た時に感じた素直な疑問を質問として⽤意していったんです。当時の面接官だった専務の宮田さんが丁寧に回答してくれて、納得して⼊社できました。

⾃分らしく働けているから、苦労はあるけど⼤変に感じない。

食品工場や飲食店で衛⽣上の問題が出ないように害⾍や害獣を駆除することが主な仕事です。ただ、発⽣したからといって目に⾒えて居場所がわかる訳じゃありません。お客さんに被害の状況を聞いたり、棚を動かして隅の痕跡を調べたりして、どんな害⾍や害獣なのかを特定するところからはじめます。害⾍なら習性を利⽤してトラップを仕掛け、後⽇捕まった数から駆除や繁殖防止の方法を考えていくんです。

ただ対策を練るには、シロアリ、ハチ、ハト、ハクビシンなどいろんな⽣き物の⽣態を知らないとできません。前職で扱っていた⽣き物とも違う種類なので、しばらくは知識不⾜で判断できないことばかりでした。そのたびに会社で資料や図鑑を⾒て勉強しなきゃいけない苦労はあるんですけど、知らなかった⽣態を知れるのが、僕には面白く感じましたね。昔からわからないとまず⾃分で調べていたことも⼤きいかもしれません。

また、お客さんとのコミュニケーションを取る機会が多いことにも、抵抗はありませんでした。特別に高い営業スキルを持ってはいませんでしたけど、お客さんの悩みや要望を聞いて応えるのは前職の営業でもやってきたこと。経験を活かせました。好きな分野の仕事に、無理に背伸びすることなく取り組めています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

嘘や誇張がなく、ありのまま話してくれているのが感じ取れました。

専務取締役
宮田 勉
評価したポイントと採用理由 もう数えきれないくらい面接してきたので、「この⼈は⾃分を取り繕っているかもな」とだいたいわかります。質問しても中⾝のないうわべだけの回答や、前半と後半の話の⽭盾が目⽴つんですよね。ただ、藤田くんは全然緊張している様⼦がなくて、嘘をついたり変に良く⾒せようとしたりせず、素直に話してくれているのが感じ取れました。

この姿勢、実は当社の仕事で⼤事なことなんです。お客さんとは信頼で成り⽴っています。誠実に向き合って信頼を少しずつ得ることが何よりも⼤切。だから、藤田くんの素直な姿勢を⾒て活躍してくれそうと思えました。

それに、藤田くんから質問されたのは、これまで面接に来た⼈と違う切り⼝の内容。本当に聞きたかったことを事前に考えて⽤意してきてくれたのが伝わってきました。疑問や不安をきちんと解消しようとする姿勢から意欲の高さも⾒られましたね。他にも受けている会社があるといっていたけど、他社を辞退してぜひ当社に来てほしいと感じました。

⼊社後は期待通り、着実に成⻑してくれています。面接で⾒せてくれた彼のまま、素直に報告・連絡・相談をしてくれるので、安心して仕事を任せられていますよ。
企業情報
会社名有限会社三共衛研 資本金300万円
事業内容■ペストコントロール 総合的有害生物管理(IPM) 有害生物防除 建築物環境衛生管理 同定検査 環境調査 環境衛生コンサルタント 防鳥対策 ■ターマイトコントロール シロアリ防除・予防・駆除(新築・既築・増改築) 床下ロボット調査 ベイト工法(セントリコンシステム) 防蟻・防湿シート工法 ホウ酸処理 ボロンdeガード ■ハウスメンテナンス 住宅診断 室内環境改善(カビ対策・シックハウス対策) 床下環境改善(換気扇・調湿剤・束補強) 基礎補修工事 異臭死臭消臭対策 内装リフォーム工事 ハウスクリーニング 外壁塗装・外壁補修工事 店舗リフォーム 断熱取り付け工事(ボード・フォーム) アルティマコート(UVフロアコーティング) 液体ガラス 従業員数18名