1. エン転職TOP
  2. 転職ノウハウ
  3. わたしの転職体験記
  4. ⼤好きなボルダリングと、正社員としてのキャリア。 どちらも両⽴する転職、叶えられました。
2018/6/21

⼤好きなボルダリングと、正社員としてのキャリア。
どちらも両⽴する転職、叶えられました。

早川 将さんの転職体験記
前職飲食店の店舗スタッフ(アルバイト)
現職レンタカーの法人営業
早川 将(25歳)
Sho Hayakawa
  • 応募社数10
  • 面接社数3
  • 転職までにかかった期間3ヵ月
この体験記のポイント
  • 大好きなボルダリングのため、大学卒業後は飲食店でのアルバイトを続けることを決意。
  • 接客業で培ったコミュニケーション⼒を武器に、転職活動では様々な業界の⾯接を受ける。
  • 営業活動を通してお客様と仲良くなれるのが、この仕事の⾯⽩さ。⾃分のぴったりの仕事に出会えた。

スポーツに打ち込んだ学生時代。卒業後も、それを諦めたくなかった。

⼤学3年のとき、ボルダリングに出会いました。元々スポーツは好きでしたが、体だけでなく頭も使って登る⾯⽩さと、頂上に辿り着いた時の達成感に魅了されて、⼀気にのめり込んだんです。
週5~6⽇ジムに通って練習を続け、ボルダリングの⼤会でも成績を残せるようになっていました。

だから、4年生になって周囲が就職活動をはじめても、⾃分もやらなければとは思えなかったんです。ボルダリングをあきらめてまで⾏きたい会社もありませんでしたから。⼤学卒業後も同じペースでボルダリングを続けたかったので、結局学生時代からアルバイトをしていたカフェレストランで働き続けることを選びました。それから2年くらいは、朝~午後はアルバイト、⼣⽅~夜はボルダリングという生活を続けていたんです。

ただ、20代の折り返し地点が⾒え始めてきた24歳の時、漠然と「このままでいいのかなあ」と考えるようになりました。ずっと実家ぐらしでしたし、いい加減独り⽴ちもしなければならないと思えてきて……。もちろんボルダリングを辞めるつもりはありませんでしたが、仕事と趣味を両⽴できる環境を探してみるのもありじゃないか。そう考えて、転職活動を始めてみることにしました。

書類選考の通過に苦戦。くよくよせず、次に進むポジティブな姿勢の⼤切さを知る。

まずは、アルバイトやボルダリングの合間にスマホで転職サイトを⾒るところからはじめました。メインで使っていたのは『エン転職』。経験を活かせる接客や営業の仕事を中⼼に探していたので、それらの求⼈がたくさん載っているところが良いなと思いました。

転職活動をする中で唯⼀気にしていたのは、休⽇の数や曜⽇です。正社員になってもボルダリングは続けたかったので、⼤会の多い土⽇に休みが取れる会社を中⼼にチェックしていました。とは言え、正社員経験がなかっただけに、「仕事を選べる⽴場じゃないぞ」と⾃分に言い聞かせていたところもあります。

実際に応募したのは、警備会社から飲⾷店まで10社ほど。そのうち⾯接に進めたのは5社でした。書類選考で落ちてしまうのは、フリーターだからなのか……と思うと、⻭がゆさもありました。ただ、そこでくよくよしていても仕⽅がない。その会社とは縁がなかったと割り切って、⾯接に進めた会社に⼒を注ぐことにしました。

たとえアルバイトでも、接客業で培ったコミュニケーション⼒はアピールできる。

J-netレンタリースに最初に興味を持ったのは、レンタカーというサービスの身近さ。学生時代の旅⾏で何度も使っていましたから。ただ、求⼈を読み進めていくと、⾃分の経験を活かせそうなお客様と接する仕事であることや、写真に映っていた社員の⽅の雰囲気の良さにも惹かれました。思い切って応募してみたら、無事に⾯接に進むことができたんです。

⾯接では、経歴にアピールできるところが少ない分、これまでに培ったチカラや⾃分なりの考えを積極的に伝えることにしました。カフェレストランでは、与えられた業務は正確にこなして、評価をもらえていたこと。お客さんとすぐ仲良くなれるくらい、コミュニケーション⼒には⾃信があること。そして、“なんとなく”ではなく、ボルダリングを続けたいという思いがあってフリーターの道を選んだこと。事前に⾃分のこれまでを振り返り、アピールポイントを言葉にしておいたことで、⾃信を持って話す事ができたように思います。

2回の⾯接は、どちらも和気あいあいとした雰囲気で、すごく楽しく話ができました。社員の⽅もイメージ通り明るく温かい雰囲気で、ここで働きたいという思いが強くなった⾯接でした。内定をもらったときは、安堵の気持ちが⼤きかったです。すぐに⼊社を決めました。

接客と似ている営業の仕事。馴染みのお客様も増えて、次の目標が⾒えてきた。

6月で⼊社して丸1年になりました。今は勝川駅南⼝店で、レンタカーでの代⾞サービスを提案する法⼈営業をしています。整備期間などでクルマが⾜りなくて困っているディーラーや⾃動⾞の修理⼯場に、レンタカーを⼿配することでスムーズな修理をサポートするような仕事です。

はじめは知識が少ないだけに、お客様から突っ込んだ質問をされるのが怖く感じていましたが、今はもう⼤丈夫。同じ会社に何度も連絡をすることで、顔や名前を覚えてもらえて、困った時に頼ってもらえる関係性になるのがすごく⾯⽩いです。仲の良いお客様もだいぶ増えてきたところ。ひとを相⼿にする仕事という点では、前の仕事との共通点も感じますね。

休みの取り⽅はシフト制ですが、事前に申請すれば土⽇に休みが取れるので、その点は事前に希望していた通り。もちろん、今でもボルダリングは続けています。

今の目標は、次のステップである副店⻑になること。J-netレンタリースは、それぞれの店舗が独⽴した会社のようになっていて、会社を経営するように店舗を運営しているんです。副店⻑になって裁量を広げて、お客様にもっと喜んでもらえるようなサービスを提供できるお店を作りたいと思っています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

仕事にも⼈生にもまっすぐ向き合う、芯の強さがポイントでした。

⼈事課
藤本 唯矢
評価したポイントと採用理由 確かに彼は正社員経験がありませんでしたが、⾯接ではその点は全く気にならないほど評価が高かったですね。飲⾷店でのアルバイトで養われたコミュニケーション⼒や、仕事への誠実な姿勢はもちろんですが、⾃分なりにきちんと考えて⼈生の選択をしていたところに、僕⾃身はすごく好感を持ちました。やりたいことをやるために⼀度はフリーターになって、その経験を踏まえた上で転職活動をしているというところに芯を感じましたし、⾯⽩いなと思ったんです。

⼊社して1年が経ちましたが、周囲からの評価もすごく高いです。初めて経験することが多く、壁にぶつかった時期もあったと思うのですが、それを⾒せない我慢強さや粘り強さ、仕事に対する真摯な姿勢は、店⻑やブロック⻑も信頼を寄せています。

⼀通りの仕事はそろそろわかってきたと思うので、今後は店舗運営全体へと視野を広げて、⾃分からアイデアを発信してほしいです。副店⻑、店⻑として⻑く活躍してくれることを期待しています。
企業情報
会社名J-netレンタリース株式会社 資本金6000万円
事業内容■自動車及び自動二輪車の賃貸借、輸出入、売買、修理、保管 ■自動車及び自動二輪車の付属品・部品の輸出入、売買、修理、保管 ■自動車損害賠償保障法に基く保険代理店業並びに損害保険代理業務 ■生命保険の募集に関する業務 ■各種動産の賃貸借 ■不動産の賃貸借、売買及び管理 ■上記各号に付帯する一切の業務 従業員数830名