2018/4/23

1日の中でお客さまの喜ぶ顔に何度も出会える。それが、飲食の面白さだと思う。

金谷 佑介さんの転職体験記
前職店舗運営
現職ラーメン店 店員(店長代理)
金谷 佑介(33歳)
Yusuke Kanaya
  • 応募社数3
  • 面接社数2
  • 転職までにかかった期間3ヵ月
この体験記のポイント
  • どのような仕事をしていても、人とコミュニケーションを取る楽しさを感じながら働いてきた。
  • 転職してやりたいことや、それを実現できる場所を明確にしてから転職活動に臨んだ。
  • 1日の中でお客さまの喜ぶ顔に何度も出会える。それが、飲食の面白さだと思う。

人と関わりながら仕事をするのが好き。それが、20代のキャリアで見つけたこと。

20代は、エンジニアリング、旅行、アミューズメントなど様々な業界で働いてきました。職種もバラバラです。ただ自分の中で一貫していたのは、 “人とコミュニケーションを取るのが好きだ”と感じながら仕事をしてきたこと。

もともと、化学系の学校に通っていたので、新卒で初めて入社した会社はエンジニアリングの会社でした。『コミュニケーションとは程遠い!』と思われそうですが、プロジェクト型の仕事だったので、複数の方と打ち合わせを重ねながら建設を進める、とてもコミュニケーション量の多い仕事だったんです。プロジェクトメンバーと一緒に仕事を進めて、成功した時の達成感は格別でしたね。なにより、メンバーが喜ぶ顔を見れるのが嬉しかった。

そんな経験から、人と関われる仕事を軸に、ここまでのキャリアを積んできたんです。

接客は接客でも、よりお客さまに満足して貰える仕事がしたい。そう思って、『飲食業』に絞ることを決めた。

エンジニアリング、旅行の仕事を経て、1番直近の前職はアミューズメント業界、いわゆるパチンコホールでのお仕事をしていました。それまでお客さまとの関わりが間接的な仕事をしていたので、接客の仕事をしたいと思ったのが入社理由です。3年ほど、お客さまの接客やアルバイトスタッフの教育などを行っていました。念願の接客の仕事。ただ、続けていても心からやりがいを感じることが出来なくて・・・。というのも、パチンコというサービス柄、遊びに来てくださるお客さま全員が満足してお帰りになるわけではないんですよね。接客は好きだったのですが、どうしても、この仕事に違和感を感じるようになり、転職を決意しました。

転職活動については、数回経験があったので、活動そのものに対して難しいことは無かったです。しかし今回は、“やりたいこと”をより詳細に定めてから求人を探すことを意識しました。これまでの仕事を通して自分が大切にしたいと思うのは、やはり『人に満足して頂くこと』。それを叶えられそうな仕事は何かと考えて、“食”であれば必ず人を満足させられるだろうと考えたんです。そうして、飲食業一本で仕事を探すことに決めました。

人のくらしに触れる理念と、目標にしたい社員。迷わず入社を決意。

その中で3社エントリーして2社面接したのですが、迷うことなく、つけめん・ラーメン店を運営する松富士食品に入社したいと思いました。最初は、年々店舗数を増やしている勢いある会社ということから興味を持ってエントリーしたんです。それで会社のことを知っていくうちに、理念にものすごく共感出来るな、と感じて。“人々の日常のくらしを豊かにし、地域社会の発展に正しく貢献します”というのがワンフレーズなのですが、この考え方を大切にしている会社であれば、私が大切にしたい、人に喜んで貰ったり、満足して頂くことが叶えられると確信しました。

面接は部長にして頂いたのですが、会社のことを語る熱量がとにかくすごくて。ここまで様々な職場で働いてきて初めて、『この人のようになりたい』と胸を打たれた面接でしたね。内定を頂き、迷わず入社を決めました。

お客さまの喜ぶ顔が嬉しい。純粋にそう思える、素敵な仕事に出会えた。

現在入社して1年とちょっと。従業員30名ほどの大規模店舗で、店長代理として働いています。入社後最初の3ヶ月はカウンターしか無い小さな店舗でラーメンの調理と接客を学び、その後、今の大きな店舗に異動してきました。

大規模の店舗で働く難しさは、大人数で分業して仕事をしているということ。自分のスキルを磨くだけではなく、厨房やホールの流れを全て把握しながら、メンバー皆でお店を回さなければいけないんですよね。前職でも店舗を運営する経験はあったのですが、規模も自分の責任範囲も全然違うので、頭を使う毎日です。その分、メンバーとコミュニケーションを取り、一体感を感じながらお店を作っていく楽しさはたまらないですけどね。

ただやっぱり転職して1番感じているのは、飲食業の面白さ。1日にこれだけ沢山のお客さまの喜ぶ顔を見れる仕事は他に無いと思っています。様々な仕事をしてきたからこそ、改めて思いますね。

これからもっと店舗を増やして、沢山の方にラーメンを食べてほしい。それが今の目標です。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

お客さまを喜ばせたい。
そんな真っ直ぐな想いがしっかり伝わりました。

管理部長
水沼 和之
評価したポイントと採用理由 真面目で好青年。金谷さんにお会いして感じた印象です。これまで目の前の仕事にしっかり向き合ってきた経験がにじみ出ていましたね。

正直、弊社を志望して頂く理由は何でも良いと思っているんですよ。それよりも、当社の理念や思想に本気で共感してくれるかどうかが大切。面接ではこちらから思いっきり熱を伝えるので、真っ直ぐについてきてくれる方と働きたいんです。お話していると、金谷さんが心から共感してくださっているのを感じました。

何よりも彼の『お客さまを喜ばせたい』という想いが、熱い。入社前も入社後も変わらずです。引き続き、一緒に良い会社を作っていきたいですね。
企業情報
会社名株式会社松富士食品 資本金3000万円
事業内容ラーメン店(60店舗)の経営、食品の製造販売 (9月~12月で新しく4店舗OPEN!) ≪当社のブランド≫ ▼つけめん系 六厘舎(ろくりんしゃ)、次念序(じねんじょ)、舎鈴(しゃりん)、久臨(きゅうりん) ▼タンメン系 東京タンメン トナリ ▼ガツン系 ジャンクガレッジ、ドン-キタモト、モッコリ豚 従業員数933名