2018/4/16

転機は30歳。大好きな仕事を長く続けるための、選択。

水野 裕理恵さんの転職体験記
前職子供服の販売スタッフ
現職バッグの販売スタッフ
水野 裕理恵(33歳)
Yurie Mizuno
  • 応募社数3
  • 面接社数2
  • 転職までにかかった期間1ヵ月
この体験記のポイント
  • 前職も販売の仕事。大好きな販売の仕事は続けていきたいが、ハードな環境に不安を覚える。
  • 面接では、休日休暇や有給の取りやすさについても質問。長く働ける職場かどうかを聞いた。
  • 転職後は、お休みも取りやすく海外旅行も行けるように!メリハリを持って働けるようになった。

転機は30歳になった頃。このままの環境で長く続けられるか不安に…。

高校を卒業してから10年以上、販売接客の仕事に長く携わってきました。扱う商品もさまざまで、宝飾関連のものや子供服などさまざま。ここまで長く続けられてきたのは、やはり人と接する仕事が楽しかったからですね。自分が本当に良いと思う商品を、お客様に提案する。結果として喜んでもらえたり、お店の馴染み客になってくださったり…。そんなところに大きなやりがいを感じていました。

ここに入る直前は、イタリアなど海外インポートの子供服を扱うセレクトショップで働いていました。一つひとつの商品へのこだわりも強く、2年ほど勤務したと思います。転職を考え始めたのは、私が30歳になった頃。年齢的な節目のタイミングで、このままここで仕事を続けていくべきなのかを考えました。

そう思った一番の理由は「休日」です。前提として月8回という話ではありましたが、繁忙期で人手が足りなくなってしまったときは、月6回ぐらいになることも。リアルに休みが減ってしまうのは、体力的に厳しかったですね。また、定時で帰れることはほとんどなく、毎日ある一定の残業はしている状態でした。加えて、有給が取れなかったり、ボーナスがなかったり…。

今はやれていることも、年齢を重ねて行く中でやっていけるのかな…と不安を感じるようになったんです。私は販売の仕事が大好きでしたし、これからも働き続けていきたいと思っていましたから、希望のキャリアを形にするためにも転職をしようと考えました。

洋服からバッグに。職人のこだわりが詰まった商品に惹かれた。

転職を考えるようになって『エン転職』をはじめ、いくつかの求人サイトに登録をしました。販売の仕事ということは決めていましたから、その条件で検索し、そこから「名古屋」「正社員」「給与」などの条件を入れていきました。譲れない絶対条件で絞込み、そこから、さらに気にしていったのは2点。「扱っている商材」と「企業の福利厚生」です。

1点目の「扱っている商材」というのは、長く使ってもらえる商品、という意味です。これまで私は洋服を中心に販売の仕事を続けてきましたが、その中で感じていたのは、ファッションは流行の入れ替わりが激しいということ。ある一定の時期を過ぎてしまえば、セール品として売られていくスタイルに少しずつ違和感を覚えるようになったんです。その中で、『フェリージ』の販売スタッフの仕事に出会いました。職人がこだわりを持って作っていることや、ワンシーズン限りの消耗品ではなく長年愛着を持って使えることが、私の中で興味を持ったポイントです。

もう1点目は「福利厚生」。休日の日数ふくめ、働きやすい環境かどうかを気にしてチェックしていきました。その中で、『フェリージ』の求人情報を見ていて覚えているのは「産休を取っている社員がいます」という事実が記載されていたこと。結婚や出産を経ても、長く働けるというのは、とても魅力的に感じたんです。

面接で確かめたかったのは、長く働ける環境があるかどうか。

そんな経緯で『フェリージ』の販売スタッフに興味を持ち、応募を決めました。現在働いている名古屋のミッドランドスクエア店で面接をしたのですが、当時、面接をしてくださったのが女性の店長。その方が、産休明けで戻ってきているという話を聞き、求人情報に書かれていたことは本当なんだな、と好印象を持ちました。その方は、10年ほど働いていて、お子さんが1人いらっゃって。時短勤務で働いていらっしゃったんですよね。自然と自分の将来と重ねることができ、安心感を覚えました。

また、前職では休日を始めとした福利厚生に対して不安を覚えていましたから、その点についても詳しくお聞きしました。休日の日数や、有給は使うことができるのか、シフト勤務の希望を出すことはできるのか…。気になっていたことをお聞きしたのですが、包み隠さず教えてくださって。とてもありがたかったですね。その後、内定をいただき、迷うことなく入社を決めました。

商品のこだわり・魅力をたくさんの人に伝えていきたい。

現在は入社して2年半になりますが、商品力の高さは、販売に携わる者として誇りでもあります。イタリアの職人が時間をかけて、一つひとつ丁寧に作り上げている製品を手にすると、その魅力を余すことなく伝えていきたいという気持ちになります。純粋に“すごいなぁ”という思いが強くなりますね。

ですから、そんな商品の魅力をお客様に伝わったときは、本当に嬉しい。たとえば、初めて『フェリージ』のバッグを購入してくださったお客様が、その後、同じ素材で作られた財布やキーケースもお買い求めくださったことがありました。商品のこだわり・魅力を伝えられたんだなぁと思うとやりがいを感じますね。

それから、転職を考え始めたキッカケでもあった休日についても、とても満足!実は私の趣味は旅行なんです。これまで接客の仕事についている以上、長い休みをとって旅に出ることは難しいと思っていたんですが、転職してその夢が叶いました。最近では、国内だけでなく海外にも行っています。先日は5日間ほどの休みをいただいて、東南アジアに行ってきました。来年は、モロッコに行きたいなぁと計画中です(笑)。メリハリをつけて働くことができて、今まで以上に仕事に前向きに取り組めていると感じています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

後輩育成や店長としてのキャリアを描いていってもらいたい。

直営店課 課長
瀬戸 大輔
評価したポイントと採用理由 現在、水野さんが働く店舗があるミッドランドスクエアは、ラグジュアリーブランドが立ち並ぶ商業施設ということもあって、ファッション感度の高い方が多くいらっしゃいます。ですから、より丁寧な対応・接客が求められている店舗でもあるんです。水野さんは、そんなお店において、即戦力として活躍してくださっていますね。これまでの販売経験を活かし、非常に高いパフォーマンスをあげてくれています。

また、面接で評価したのはもちろん販売経験もありますが、彼女の表情や受け応えを含めた人柄の部分も大きくあります。ミッドランドスクエアのお店にいても違和感なく、活躍してくれるとイメージを持つことができました。将来的には、後輩育成や店長としての道も視野に入れながら、長く活躍していただきたいですね。
企業情報
会社名株式会社フィーゴ 資本金4000万円
事業内容革製品・紳士服・婦人服・雑貨等の企画・輸入・販売 従業員数100名 (2018年9月時点)