2018/4/2

アイデアを形にしたい!という思いひとつで、
「県立高校の国語の先生」から「WEBエンジニア」へ転身。

佐藤 智彰さんの転職体験記
前職県立高校 常勤講師
現職WEBディレクター
佐藤 智彰(27歳)
Tomoaki sato
  • 応募社数2
  • 面接社数2
  • 転職までにかかった期間2ヵ月
この体験記のポイント
  • 前職は高校の常勤講師。個人に裁量権がなく、アイデア実現に時間がかかった。もっと自由に仕事をしてみたいという想いで転職を決意。
  • 転職サイトで求人を探す前に、自分が働きたい場所として譲れない項目を洗い出して整理。
  • 今は良いアイデアならすぐに取り入れてもらえる環境。エンジニアからディレクターへステップアップも果たせました。

もっとアイデアを形にしたい!という思いで、高校講師から転職。

大学時代にとった教員免許を活かして、前職では県立高校で国語の常勤講師をしていました。とはいっても大学入学当初から国語の先生になろうと思っていたわけではなく、せっかくだから将来のために資格をとっておこうくらいの気持ちたったんです。ですが、実際に教育実習をやってみると意外と面白くて。教えるスキルは未熟でしたが、それでも生徒たちが教えたことを吸収してくれる。生徒たちの成長に関わっていける、やりがいのある仕事だと感じました。

その後、教員免許を取得したときに、出身高校の恩師に報告したら「このまま先生をやってみなよ」と言ってもらえて。恩師の言葉と、教育実習で仕事の面白さを感じられたこともあり、任期制の講師という形で勤務することになりました。

3つの高校に勤務し、担任や部活動の顧問を任されて、仕事自体はとても面白かったです。ただ、学校ということもあって、個人に裁量がなく新しいことを提案しても通りづらいなというのを感じていました。

例えば、授業形式。図書室へ行く機会がない生徒が多かったので、図書室で国語の授業を行なうことで国語自体に関心をもってもらえるのでは?と思って提案してみたんです。でも、「前例がない」という理由で、学校から承認してもらえるまでに約半年かかってしまいました。

そういった経験が積み重なって、もっと自分の提案を聞いてもらえる環境で、自由な仕事をしてみたいと思うようになったんです。慕っていた恩師の先生が定年退職してしまったこともあって、在籍していた高校での講師の任期終了を期に、次は一般企業で働いてみようと決意しました。

アイデアを活かせそうか?など、譲れない項目をリスト化して整理。

クリエイティブな仕事につきたいという漠然とした希望はありましたが、はじめから業界・職種が絞られていたわけではありませんでした。はじめは手探りでしたね。自分がやりたいことが何かを見つけるために、自分にとって身近なお店や興味があるお店、好きなアパレルブランドをリストアップして、そこで働く自分を頭のなかでイメージしてみたり。それでピンと来ずに、学生時代にやりたかったことを思い出したりもしました。

結果的に、たどり着いたのがIT業界。大学時代に、教職に就く以外の道も考えて就職活動していたんですが、そのときの第一志望がIT企業だったんです。僕は学生時代にラグビー部に所属していたんですが、第一志望のIT企業のグラウンドで中学時代に練習していたこともあって、親近感があったんですよね。それと大学時代にラグビー部のプロモーションビデオ作成やWEBページ更新が面白かったから志望したんだよなということを思い出して。IT業界で探してみようと決めました。

イメージするだけではちゃんと企業を絞り込めないなと思ったので、転職サイトで求人を探す前に、自分が働きたい場所として譲れない項目を洗い出しました。例えば「アイデアを形にできそうか?」とか「将来的にステップアップをしていけるか?」などです。

前職で、アイデアを形にするまでにステップが沢山あって実現するのに時間がかかってしまうという苦い経験があったので、大企業ではなくベンチャー企業のほうが、スピード感をもって自分のアイデアを形にできそうだなというのが見えてきたんです。ここで、IT業界×ベンチャー企業という軸を作ることができました。

2社とも内定。決め手は、面接時に会社の雰囲気を感じられたこと。

IT×ベンチャー企業という軸が決まってから、エン転職で求人を探しました。検索するときには、IT業界・設立10年未満という項目にチェックを入れて。職種は絞らなかったので、ヘルプデスクとか色々な職種が出てきましたね。更に職種を絞るのにも、応募する求人を絞るのにも、自分が働きたい場所として譲れない項目に立ち戻って考えたんです。そうして、Y'sを含めて2社に応募し、2社とも面接に進めることになりました。

未経験からのチャレンジなので、今のスキルがない分、自分のこれまでの経歴だけはきちんと話せるようにしておこうと思って整理をして臨みました。分からないことは知ったかぶりをせずに、素直に分からないから教えてほしいということを伝えたように記憶しています。幸いにも、2社とも内定をいただくことができました。

2社のどちらに決めようかと迷ったとき、「自分のなかでスキルをためて、どんどんステップアップしていけそうか」という視点もありましたが、面接の段階で感じた一緒に働く方達の雰囲気が自分に合うなと思ったのも大きいと思います。

内定をお断りした会社は、面接会場がパーテーションで区切られていて、社内の雰囲気はまったく分からない状態だったんです。一方でY'sの説明会や面接は、社内のカフェスペースで実施してくれて。そこからは、社内で実際に働く方たちの雰囲気を見ることもできましたし、挨拶もしっかり元気よくしてくれて、活気を感じられました。

エンジニアからディレクターへステップアップ。今は自分のできることをどんどん広げて、いつかビッグタイトルも手がけたい。

入社後2~3ヶ月は、研修期間でした。研修はカリキュラムがきちんとできていて、未経験ではありましたが、HTMLやCSS、Javascriptなど仕事に必要な基礎知識を身につけることができました。

研修を経て、最初は電力会社のWEB申し込み画面の改修の仕事。その次は、ケーブルテレビのWEBサイトの更新と改修。最後がWEB動画広告の運用・改修・新しい広告のフォーマットを作るなど、そのときのスキルに合わせて仕事を任せていただけました。

前職と違うのは、仕事のスピード感ですね。前職だと、何かを提案したとしても、実現までに半年近くもかかってしまいました。今は、お客様へWEBページの改修について自分から提案すると、僕のことをプロとして見て、提案を聞いてくださいます。前例の有無ではなく、その提案そのものを良いと思ってもらえたら、すぐにGOサイン。スピード感があるので面白いですよ。

しばらくエンジニアとして勤務していましたが、会社から社内のディレクターの業務をやらないかと声をかけてもらって、実は1ヶ月半ほど前に職種転換をしたんです。自社で開発する案件を手がける少数精鋭の部隊での業務。これは、ステップアップのチャンスだと思ったので、喜んでアサインを受けました。

まだディレクターになって1ヶ月半で、周りの皆さんから吸収している段階です。ディレクターは人や進捗などを管理することが仕事。開発に関わる仲間が、言いづらいことがないように、こちらから声をかけたり、こまめにコミュニケーションを心がけています。

今は自分のできることをどんどん広げていって、ビッグタイトルの案件もディレクションできるようになりたいです。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

佐藤さんにはディレクターに必要な素養が全て揃っている。
社内の当たり前の基準を引き上げてくれることを期待しています。

人事担当
山崎 幸一
評価したポイントと採用理由 面接時に評価をしたのは、県立高校の講師から、全く別の業界へキャリアチェンジする理由を、面接段階できちんと整理して話してくれたことです。

というのも、当社がアニメ・ゲーム・漫画系の作品を多く手がけているせいか、志望理由の多くが、アニメ・ゲーム・漫画が好きだからという理由だったり、未経験から挑戦できて、手に職もつきそうという理由だったり。ビジネスなので「好き」や「手に職をつける」だけでは成り立たないんですよね。その点、佐藤さんは、仕事自体に興味をもってくれているのだというのを感じました。

加えて、最初はWEBエンジニアとして入社して経験を積んでもらいましたが、1ヶ月半ほど前にWEBディレクターへ職種転換してもらいました。WEBディレクターは当社の肝となる自社内開発のサービスをディレクションする本当に少数精鋭部隊です。WEBディレクターの周囲への影響は大きいですよ。だからこそ佐藤さんをアサインしました。

というのも、佐藤さんにはディレクターに必要な素養が全て備わっているから。例えば、挨拶をきちんとする。いつも機嫌よくいる。誰かが話しかけてきたら手を止めてきちんと話をきく。惰性で仕事しない。約束を守る。など。基本的なことと思われるかもしれませんが、これを徹底的にできる人ってそうはいません。

ディレクターがきちんとできると、周りもそこに合わせて仕事をするようになるので、佐藤さんがディレクターなら、きっと社内の当たり前の基準もあがっていくのではないかと期待しています。
企業情報
会社名株式会社Y’s 資本金500万円
事業内容~Creative Division~ ■ポスターなどの広告制作 ■書籍やパンフレットなどの制作 ■ロゴなど、CI・VIの企画制作 ■Webサイト制作 ■グッズ・ノベルティ制作 ■システム開発 ■動画製作 ~COS Division~ ■Webシステム業務支援 ■オープンシステム業務支援 ■サーバーの構築・運用支援 ■人材エージェントサービス ■ITソリューションサービス ■有料人材紹介サービス 労働者派遣 派13-308097 有料職業紹介事業 13-ユ-308849 従業員数71名
掲載中の求人情報
職種イメージ1 そろそろ変身しちゃう?「ブラウザって何?」からはじめるWebエンジニア
給与【未経験者】月給21.5万円~23万円【経験者】月給28万円~40万円
勤務地本社(新宿区の新宿御苑前駅)および東京都内の各プロジェクト先 *プロジェクト変更あり