2018/3/12

販売員からエンジニアへの挑戦。
未経験でも、親身に指導してもらえる会社を探しました。

田川 あんさんの転職体験記
前職販売員
現職エンジニア
田川 あん(25歳)
An Tagawa
  • 応募社数2
  • 面接社数2
  • 転職までにかかった期間1ヵ月
この体験記のポイント
  • 新卒で入社した大手企業を1年ほどで退社。仕事は楽しいけど、ずっと続けるイメージが沸かなかった。
  • 販売員からエンジニアへの挑戦。だから未経験でも親身に指導してもらえる会社を探そうと思った。
  • 周りはエンジニア10年以上のベテランばかり。手厚いフォローで、ゼロからエンジニアの仕事を覚えられた。

長く続けられるイメージが湧かなくて。新卒で入社した大手アパレル企業を退社。

大学卒業後、最初の就職先として選んだの大手アパレル企業でした。 就職活動では自分の興味があるものをきっかけに企業を探していて。文具メーカー、不動産、出版社など本当に色々見ていた中で、最終的に1番興味のあったアパレルの仕事を選んだんですよね。

入社後は、販売員として仕事をしていました。当時新卒1年目でしたが、働く店舗のメンバーは私と店長以外全員アルバイト。必死に販売の仕事を覚えながら、店長代理として、在庫管理や問い合わせ対応なども行っていました。まだ自分も未熟な状態で、アルバイトメンバーの前に立って引っ張っていかなくてはならない。最初はなかなかプレッシャーでしたが、少しずつ周りが頼ってくれるようになるのはやりがいでした。

ただお給料と休みが少なかったので一人暮らしをしているとなかなか生活が厳しかったんですよね。目の前にある販売の仕事は楽しかったのですが、将来のキャリアが見えない中で、厳しい生活を続けていくイメージがわかなくて。退職することに決めました。

「指導者」がいること。仕事を続ける上で大切なポイントかもしれないと思った。

転職先はIT企業にしようと思っていました。そう考えたのは、大学の先輩がプログラマーとして楽しそうに働いていたのを聞いていたからです。全くの未経験ですが、自分も挑戦してみたいと思いました。興味を持ったところに飛び込んでみようという考えは新卒時代と変わっていません。ただ今回はもう1点、親身に指導してもらえる小さめの会社で働こうと決めていました。会社は学校…ではありませんが、未経験で飛び込んでも、ちゃんと教えてくれる指導者の存在は、仕事を続ける上で大切かもしれないと思ったんです。

というのも大学時代の経験を思い出して。所属していたゼミでビジネスコンテストに出る機会があり、私は経験した事の無いプレゼン担当になったんですよね。それで当時、担当の教授が毎日マンツーマンでプレゼンの特訓をしてくださったんです。特訓はとにかく厳しかったのですが、プレゼンは上達して、コンテストですごくいい結果を残すことが出来ました。

仕事も同じで、教われる環境が整っていれば出来ないことでもチャレンジ出来る、もっとやりがいをもって続けていけるだろうと考えました。

職場は一軒家のオフィス。この会社なら、未経験でも向き合ってくれると感じた。

軸を決めて、転職サイトで仕事探しをしている中で、たまたまラフアンドレディのコーポレートサイトにたどり着きました。ブログを見ていて目に入ったのは一軒家のオフィス。アットホームな雰囲気を見ると、未経験でも突き放さずに迎えてくれそうだなと感じて、すぐにネットで掲載求人を探しました。それでそのまま応募して、面接が決まったんです。

面接は、いきなり役員面接。アパレルからの転職理由を中心に聞かれましたね。こちらからは、生活が苦しかった事、プログラミングに興味を持ったきっかけなど全て正直にお話しました。それでも役員の方からは、簡単なことではないが、挑戦するなら根気づよく教えていくという心強い言葉を頂けたんです。

実は当時もう1社別のIT企業受けていて、そちらの選考でも「未経験でも安心して」という話はして頂きました。ただコーポレートサイトやオフィスの様子を見ていると、なんだか"人"の温かみが感じられなくて。大きめの会社だったのでそういうものかもしれないのですが、やっぱり私は、個人と真っ正面から向き合ってくれそうな小さな会社で頑張りたいと思いました。

育ててくれたラフアンドレディのために。しっかり良さを外に伝えていくつもりです。

入社後はまず2ヶ月ほど、分厚いテキストを読んで、"java"の言語の基礎を覚えましたね。その後はすぐ、お客様先への常駐が始まりました。とはいっても、常駐は先輩社員と一緒。小さな作業をふってもらいながら、じっくり仕事を覚えていけるので、1年ほどたった頃にはプログラミングの理解が一通り出来るようになりました。というのも先輩達は10年以上エンジニアを続けているベテランばかり。分からない事はいつでも近くで指導して頂きましたし、失敗しても大丈夫だという安心感があったので、どんどん挑戦することが出来たんです。

現在は入社して2年程たち、新しく広報の仕事にチャレンジさせてもらっています。仕事内容が変わっても、ラフアンドレディを大切に想う気持ちは全く変わりません。何度でも挑戦させてくれるラフアンドレディにはとても感謝しています。

これからは未経験からスキルを身につけた私の経験や、未経験でも見捨てずに育ててくださったラフアンドレディのことをしっかり外に伝えていきたいと思っています。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

会社に新しい色を入れたい。未経験でも恐れず行動できる彼女は、まさにぴったりでした。

取締役
桑折 誠太郎
評価したポイントと採用理由 弊社は全員で30名ほどの組織なんですが、半分ほどが、前職から一緒に会社を作ってきた古いメンバーなんです。根っからの技術者ばかりですから、そろそろ新しい系統のメンバーも欲しいと思っていたんですよね。

そんな時に、ちょうど田川さんが応募してきてくれたんです。アパレルからIT業界に飛び込んでくるなんて勇気がある方だなと思いました。また、自分で募集を探して応募して来た前向きさも良いな、と。コーポレートサイトからエン転職へのリンクは無いのですが、ラフアンドレディという会社に共感してわざわざ原稿を見つけに来てくれたんですよ。たまたま掲載期間だったこともあり、タイミングも本当によかったです。 彼女にはご縁を感じましたね。

田川さんの採用から2年ほど経ち、今では広報をお任せしています。
"技術者"と話が出来るように新しい技術を知っておくことはもちろんですが、彼女には、ラフアンドレディを色々な人に知ってもらうためのブランディングを頑張ってもらいたいと思っています。
企業情報
会社名ラフアンドレディ株式会社 資本金1000万円
事業内容◆金融機関システム開発 ◆通信系システム開発 ◆行政システム開発 ◆業務系システム開発 ◆コンシューマ系サービス開発 ◆スマートフォンアプリ開発 ◆Webサイト制作 など 従業員数30人(2018年1月現在)