2018/1/18

「自分の仕事は、何に繋がっているのか?」
理解して働いたら、成長の感じ方が変わりました。

鳴海 菜々恵さんの転職体験記
前職管理栄養士
現職CRMDiv.管理栄養士
鳴海 菜々恵(30歳)
Nanae Narumi
  • 応募社数9
  • 面接社数6
  • 転職までにかかった期間
この体験記のポイント
  • 新卒から6年間勤めた保育園。もっと大きな挑戦がしたい!と思い退職を決意。
  • 選べる求人は沢山あったが、妥協して企業を選びたくなかった。
  • 「考え方」に共感出来る会社。自分の仕事が何に繋がるか納得できると、成長実感が違った。

子どもの成長と自分の成長を比べてしまって。責任を全うしてから、キャリアアップに挑戦することを決めた。

前職は、保育園で管理栄養士として働いていました。担当していたのは、給食に関する業務全て。具体的には、栄養バランスの取れた献立作り、調理と配膳、保護者向けのお便り作りなどです。毎朝7時には出勤して、12時の給食に間に合うように準備をしていました。子供たちと直接関わる機会は少なかったのですが、片付ける際に、残さず食べてくれた食器を見ると、この仕事のやりがいを感じたものです。

入社して3年ほどは、がむしゃらに頑張りましたね。一通り仕事を覚えて、後輩を育てるポジションにもついて。3年経った時点で、慣れた仕事に対して「もうここではやりきってしまったな・・・」という想いがあったんですが、まずは後輩を育てきることに責任を持とうと決めました。

そこから、入社して6年が経った時。0歳から給食を担当していた子供たちが、6歳になって卒園していったんです。子供の成長の大きさを目の前にすると、改めて、自分の成長に物足りなさを感じてしまいました。もともと学生時代から管理栄養士を目指していたこともあり、仕事内容自体に不満を持ったことはありません。ただ、管理栄養士の資格を活かしつつ、もっと大きな挑戦をしてキャリアアップしたいと思ったんです。

その時28歳。後輩も独り立ちし、子供たちも一区切りしたタイミングでもあったので、転職にチャレンジするために退職することにしました。

いくらでもある管理栄養士としての仕事。ただ、絶対に妥協はしないと決めていた。

まずは、転職サイトにも複数登録して求人を探し始めました。管理栄養士の仕事を続けることを軸に、本当に様々な求人を見ましたね。管理栄養士として働ける領域ってすごく広くて。例えば病院、薬局、食に関わるサービスを持つ一般企業など・・・探せば探すほど、仕事があるんです。失業保険を貰うためハローワークにも足を運びました。失業保険には半年の期限があるので、そこまでに決めなければいけないという目標が定まったのは良かったですね。

求人を見ていく中で、どんどん新しいチャレンジが出来そうだったり、面白いサービスを展開しているような企業には積極的に応募するようにしました。求人を見るだけで実際のことは分からないので、担当者と顔を合わせて話がしたいと思ったんです。

最終的には9社ほどエントリーして、6社面接を行いましたね。いざ会って話をすると、面白いサービス内容でも、企業に熱量が無かったり・・・なんてこともまれにあって。気づけば、失業保険も終了ギリギリのところまで来てしまいました。ただ、せっかく長く続けた保育園を辞めてまでのチャレンジ。最後まで絶対に妥協したくなかったので、新しく求人を探し続けました。

諦めなくてよかった!最後に見つけた「企業理念」に共感出来る会社。

そうして最後の最後に出会ったのが、ビーボなんですよね。ビーボでは企業理念がミッション・ビジョン・クレドの3つで構成されているんですが、求人を読んで一目惚れしてしまいました。半年間の転職活動を通して、「何をやるか」よりも「誰とやるか」「何の為にやるか」が大切だと思うようになっていたんですよね。なので、ただ職場環境や商品のアピールをするのではなく、自分たちの仕事が世の中にどう役に立っていくのが言語化されていることに、とても共感出来たんです。

とにかく会社のことが知りたくて、選考前もコーポレートサイトの隅々まで見ていましたね。ブログも毎日読みました。もう自分はビーボの社員だという錯覚に陥るくらい(笑)。ビーボの選考は一次面接の前に電話でお話するのが最初だったんですが、電話がかかってきた時は嬉しさでいっぱいでした。電話では担当者の方が履歴書を読み込んだ上で話してくださっているのが伝わって。あちらからすれば当たり前のことかもしれないのですが、私にとってはとても信頼出来るポイントでした。

それから選考が進み内定を頂いた時はすぐに入社を決めましたね。最後まで転職活動を諦めなくて本当に良かったです。

自分の仕事が何につながるか。納得しながら仕事をすると、成長実感が違いました。

今振り返ってみると、前職で成長実感が小さかったのは、「自分の仕事の先に何があるか」見えなかったからだと思うんですよね。ビーボに入ってからは、自分の仕事の目的が明確に見えるようになったので、常に上を目指しやすいんですよね。

入社後は、管理栄養士として、電話やメールでお客さまをサポートする仕事をしています。扱っているのは酵素ドリンクをはじめとした、美容・健康関連商品。同じ商品でも、ダイエットしたい方、妊活している方などお客さまが実現したい目標ってさまざまなんですよ。管理栄養士のスキルを活かして、一人ひとりに合わせたアドバイスをするようにしています。電話ではついつい話がはずんで、"2時間"通話することも・・・(笑)。お客さまの声を直接聞いて力になれるだけで楽しいんですが、やっぱり目標を達成された報告を聞くことは、この上無いやりがいですね。

現在では入社1年ほど経ち、四半期の表彰では最優秀メンバー賞(BBM→Best Bbo Member)を頂くことが出来ました。成長は感じていますが、まだまだ、現状に満足したくありません。商品を売ることではなく、お客さまの目標を叶えるのが私たちの仕事ですから。

ゆくゆくはリーダーになったり、商品開発に携わったり、まだまだチャレンジすることが山ほどあります。
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ1
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ2
採用担当者の声
成功の秘訣!わたしの転職体験記イメージ3

当社の考え方とマッチしていて、熱意も感じる。
選考の時点で「ビーボで活躍できる」と感じました。

EC・通販事業部 CRMDiv. マネージャー 執行役員
内田みちる
評価したポイントと採用理由 鳴海さんの第一印象は「ビーボのストーカー!」と言えるくらい、当社の事を知り尽くしていたこと。当社では一次面接前に電話面談があるのですが、電話した時点ですでに、よく会社を見ているなと感じました。一次面接の時には、さらに企業理念を頭に叩き込んだ状態で来てくださったんですよね。なので、彼女の考え方やなりたい姿が当社にマッチしていることがしっかり伝わりました。

というのも、当社の選考では"何をやりたいか"は特別、重要視していなくて。"企業理念"に共感して、同じゴールを目指す人と一緒に働きたいと考えているんです。鳴海さんはまさに後者でしたね。

まだ入社して1年ほどですが、今では管理栄養士という武器を活かしてたくさんのお客さまからの信頼を得ています。鳴海さん、1つ1つのことに対してやり切る力が強いんですよね。今後はその力で組織をひっぱる存在になって欲しいと思っています。
企業情報
会社名株式会社ビーボ 資本金2000万円
事業内容メーカー事業(商品企画/企画開発) Eコマース事業(企画開発/運営) メディア事業(企画開発/運営) コンサルティング事業(WEBマーティング・Eコマース・メディアなど企画/制作/運営) WEBサービス・アプリ事業(企画開発/制作/運営) ◆受賞・推薦・紹介◆ ・人財力 ・人財力Woman ・未来の百年企業 ・情熱社長 ・ベンチャー通信 ・ニッポンの社長 ・ベストベンチャー100(2016年度、2017年度) ・働きがいのある会社ランキング ・EC業界大図鑑 2016年注目ショップ ・アジアの注目企業100 ・社長チップス ・企業家倶楽部 などで受賞・推薦・紹介されています。そちらも併せてご覧ください。 従業員数75名
掲載中の求人情報
職種イメージ1 自社ブランド商品EC知識や経験よりも「お客様への思い」がある人と働きたい!自社ブランド通販のCRM(カスタマーサクセス)
給与月給23万円以上+賞与(年2回)
勤務地【本社】東京都港区北青山3-3-5 東京建物青山ビル5階 ※転勤はありません。