×
ストックオプションという制度について解説します。社員のモチベーションを上げる福利厚生の制度であるストックオプション。導入している企業に転職したら、給与以外の収入に繋がる可能性も。ストックオプションという制度を知れば求人情報の見方が変わるはず
2014/10/08

ストックオプションってどんな制度?

ストックオプションってどんな制度?

求人情報をチェックする際、福利厚生欄で「ストックオプション」を見かけたことがあるという方は多いのではないでしょうか。ストックオプションは、社員のモチベーションを上げるインセンティブ制度。自社株を優遇された金額で購入し、市場で高く売却することで差額の売却益をボーナスのように受け取ることができる仕組みです。業績が右肩上がりのネットベンチャーが上場した際に、社員が一夜にして億万長者になった!といったニュースを見たことがあるかもしれませんが、それこそストックオプションの効果なのです。具体的な仕組みは下記をご覧ください。

ストックオプションとは?

「ストック」は英語で株式という意味。「オプション」は、一定期間において、ある値段で取引ができる権利のことです。つまり、ストックオプションとは「株式をある値段で購入できる権利」という意味です。元々はアメリカで始まったこの制度。日本では1997年以降に商法で認定された新しい制度のため、ネット・IT系のベンチャー企業が多く採用していると言われています。

ストックオプションってどんな制度?ストックオプションの権利を行使すると、市場よりも優遇された価格で自社株を購入することができます。そして、市場での株価が上昇した際に売却すると、その差額が、株式を取得した社員にとって利益になる仕組みです。キャピタルゲイン(株式売却益)という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。もちろんストックオプションの権利を行使するかしないかは社員の自由。会社の業績が思わしくない時は、自社株を購入しなければ損をすることはありません。

ストックオプションの簡単な例をご紹介します。

たとえば、自社株の市場価格が1000円だとします。
ストックオプションの権利を行使し、自社株を1株500円という価格で1000株購入した場合。

その後、会社の業績が向上し、市場の株価が2000円に上昇したので売却すると、
売却額(1株2000円×1000株)-購入額(1株500円×1000株)=売却益150万円

ストックオプションで株式売却益を得る方法。

自社株の購入金額と、市場での売却額に差が大きいほど利益になります。そのため、ストックオプションがあり、さらに業績が右肩上がり(になるであろう)企業に転職することが大きな売却益を得るための第一歩です。そんな会社わかるの?と言われれば残念ながらわかりません。だからこそ、求人情報をしっかりと読み込み、伸びる会社なのかどうか自身の目で判断する必要があります。そして入社後は、ストックオプションを行使して株を購入しつつ、とにかく会社の業績が上がるよう自らも頑張ることが重要です。実際に上場までたどり着く企業はほんの一握り。リスクは高いですが、当たればリターンも大きい転職になるかもしれません。もしあなたが株式売却益を得たいと考えるならば、慎重に考えて転職活動を進めてください。

関連する記事
2016/11/26
株主優待って何?

株主優待とは、株主がその会社から受けられる優待制度のことですが、どのような目的があるのでし…

2016/11/26
リースとレンタルの違いとは?

リースとレンタルは、それぞれ違った意味を持っています。今回は、その具体的な意味の違いや、転…

2016/11/26
ESOPってどういう意味?

求人情報などを見ていると福利厚生の欄で時々目にする「ESOP」の文字。いったいこれは何なの…

2016/11/26
東証って何ですか?

「東証一部上場企業」などという言葉、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この「東証…

2016/02/24
ファイナンスリースって何?

ファイナンスリースとは、リース会社が企業の希望する設備や不動産などを購入し、企業に賃貸する…

2015/06/11
オフショアとは?

ビジネスシーンで耳にする機会の多いオフショアという言葉。本来であれば「(陸から海へ吹く)陸…

2015/05/19
購買とは、どんな仕事内容なの?

主にメーカーの求人をチェックしていると、「購買」という職種を目にすることがあると思います。…

2015/04/24
グループ会社ってどんな会社?

求人サイトなどをチェックしていると目にすることのある「グループ会社」という言葉。目にする機…

2014/11/18
スタートアップって何だ?

突然ですが、スタートアップという言葉を聞いたことはありますか?ざっくり言うと、創業間もない…

2014/06/24
ブラック企業の見分け方

第30回(2013年)の流行語大賞においても、ベスト10入りした「ブラック企業」という言葉…