転職大辞典
転職活動を有利に進めるためのノウハウが満載!履歴書・職務経歴書に使えるネタ、
自己PRのヒント、ビジネスマナーなど、仕事にまつわる様々なノウハウについて解説します。
2014/06/24 公開

社内恋愛がバレる前に|秘密を守るための7つの方法


社内恋愛がバレる前に|秘密を守るための7つの方法.fw

    社内恋愛のオキテ一般的に、人生の大半の時間を費やすことになる仕事。仕事をしていれば、家族や友人よりも、同僚との時間は必然的に増えてきます。一緒にいる時間が増えれば、社内の誰かに特別な感情を抱くこともあるでしょう。毎日顔を合わせるなかで想いは膨らんでいき、寝ても覚めても相手のことを考えるようになる。日を重ねるごとに自分では感情を抑えきれなくなり、意を決して想いを告げる。そして、相手の了承を得られれば、いよいよ社内恋愛が始まるのです。

    ■社内恋愛がバレることで、退職を考えてしまう人もいます。

    <社内恋愛を禁止するのは、あまり意味がない?>

    あるデータによると成人女性の5人に1人が社内恋愛を経験したことがあるとのこと。社内恋愛ががきっかけで結婚、というカップルも多く、一度は憧れを抱いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。社内恋愛を禁じている会社もありますが、基本的に周りの目を盗んでヒッソリと愛を育むケースがほとんど。社内恋愛を禁止するのはあまり意味がないかもしれませんね(笑)。

    <社内恋愛で、モチベーションアップ?>

    社内恋愛の魅力は、毎日交際相手と顔を合わせられること。お互い仕事で頑張っている様子を見られるのは刺激になりますし、ときには会社や仕事の愚痴を言い合うことでストレスの発散もできます(仕事でミスしてしまうと恥ずかしいですが…)。共通の話題があるので、カップル間のコミュニケーションもさかんになるでしょう。

    <楽しいデートの現場を同僚に見られてしまったら…?>

    ただ、社内恋愛で気をつけたいのが、周囲に二人の関係がバレてしまうこと。良くも悪くも社内での見られ方は変わりますし、冷やかされることもあるでしょう。仕事は仕事、プライベートはプライベートと切り分けているつもりでも、精神的にストレスを感じるかもしれません。社内恋愛を禁止している会社では、異動を命じられる可能性もあります。その異動がきっかけで別れたり、場合によっては退職…なんてことも起きないとは言い切れません。自分のために、同僚のために、そして相手のために、周囲にバレずに愛を育んでいく方法を考えてみましょう。

    ■社内恋愛がバレることのないように|秘密を守るための7つの方法。

    [1]交際前と接するときの態度を変えない。

    よく「厳しく接するくらいがちょうどいい」という意見もありますが、交際相手一人にだけシビアに接していると、逆に周囲は感づいてしまいます。今までどおり接するように努めましょう。

    [2]内線や社内メールでコミュニケーションをとらない。

    内線や社内メールは、会社の大事な資産です。基本的に内容は監視されています。また、ふとした瞬間に同僚にメール画面を見られてしまうリスクもあります。

    [3]出社・退社時は時差を設ける。

    たとえば、同棲をしていたり、相手の家に泊まりにいってそのまま出社したりする場合。一緒に出社するのは「僕たち(私たち)は昨晩一緒に過ごしました」と公言しているのと同じです。

    [4]同じシャンプーやボディソープ、洗濯洗剤などは使わない。

    こちらも、同棲していたり、泊まりにいった場合です。同じシャンプーやボディーソープ、洗濯洗剤などを使用するのは極力避けましょう。周囲は意外と匂いに敏感です。

    [5]飲み会では、交際相手以外とコミュニケーションをとるように。

    お互いが参加する飲み会では、お酒が入ることもあり、ついつい話しかけたくなってしまいます。でも、周りから「この二人、こんなに仲良かった?」という印象を抱かれる可能性もあります。交際相手以外とのコミュニケーションをとるようにしましょう。

    [6]同じ日に有給休暇を取得しない。

    「一緒に連休を取得して海外旅行へ…」なんてことを考えたくなりますが、何もない平日に男女2人がいないと目に留まります。無理して同じ日に有給休暇を取得するのはおすすめしません。

    [7]信頼できる同僚にだけバラしてしまう。

    周囲にバレないために、信頼できる同僚にだけ話してしまうというのも手です。相談に乗ってもらうだけでなく、もしバレそうなら指摘してもらうように依頼しましょう。「あんなに親しげにしていたらバレちゃうよ」といった指摘などは、ありがたく思えるはずです。


      周囲にバレないためのポイントは、“二人の共通点”に感づかれないこと。そのためには、「もし付き合っていなかったら…」をイメージして、日々を過ごすのがいいのかもしれません。周囲を気にせず、お互いを高めあっていけるような関係性を築いていけるよう、実践してみてはいかがでしょうか?

      written by

      関連するキーワード