×
「人手不足」と言われる介護業界。けれど介護施設もビジネス。採用にはシビアです。介護の素晴らしい経験を持っているのに、職務経歴書のせいで書類選考で評価されないのはもったいない!そこで、行きたい施設へ転職するための「介護業界経験者向け」の職務経歴書の書き方をご紹介します。
2018/01/05

介護職:職務経歴書の書き方|採用担当者に評価される「経験・資格」のアピール例

介護職:職務経歴書の書き方|採用担当者に評価される「経験・資格」のアピール例

「人手不足」と言われる介護業界。だからといって「実務経験あるし、応募したら受かるだろう」なんて考えていると大きな落とし穴が!自分に合った、理想に適った職場にきちんと採用されるためにも、これまでの経験を職務経歴書でしっかりアピールすることが大切です。とはいえ、介護職は何かノルマがあるわけではなく、数字など目に見えるカタチで実績をアピールすることが難しいと言えるでしょう。そこでここでは介護の現場で培ってきたスキルや経験を、どのように職務経歴書でアピールすべきかをお伝えします。

1.介護職の採用担当者が重視するポイント

どのような介護施設での経験なのか

「介護業界」とひと口に言っても、ご存知の通り業態は様々ありますし、提供しているサービスも全くと言っていいほど異なるでしょう。そのため、まずはどのような介護施設で、どのような介護を行なっていたのかをわかりやすく伝えることが大切です。特別養護老人ホームなのか、デイサービスなのかといった違いから、利用者数、スタッフ数など、介護施設の概要を職務経歴書で書いておくことで、まずは採用担当者が自社の施設で即戦力となりそうか…といった判断がつきやすくなるのです。

 

どのような業務を担当していたのか

介護サービスもまた様々ですよね。たとえばデイサービスなら入浴介助をしない…といった施設もあります。そのため、あなたが働いていた介護施設で、どの範囲まで介護を行なっていたのかは介護施設の概要だけではわかりません。また、担当していた介護内容次第で、自社の施設で即戦力と言えるかどうかも判断したいと考えています。

 

2.職務経歴書の書き方

まずは基本として押さえるべきポイント

【経験をそのままかくのではなく、整理・要約して書こう】

採用担当者にあなたの実績やスキルがすみやかに伝わるよう、経験をそのまま列挙するのではなく、整理・要約して記載しましょう。職務経歴書に書く情報量は「短すぎず、長すぎず」がベストです。

【レイアウトを調整して、読みやすい職務経歴書を目指そう】

・「業務内容」「実績」などの項目ごとに、箇条書きでまとめましょう
・一つの文章は2行以内に、長くても3行以内におさめましょう
・改行位置は揃えましょう(全角50文字前後での改行を推奨します)

【具体的な記載を心がけよう】

「数字」や「固有名詞」などの具体的な情報を盛り込むことで、採用担当者はあなたの実績・経験・スキルを、よりイメージしやすくなります。

[良い例]

介護施設内の用具の置き場所を統一し、すぐに見つけられるようにジャンルごとに収納場所を改めました。そうすることで、1日30分の「モノを探す」というムダな時間の削減に成功しました。

[悪い例]

さまざまな業務改善を行なうことで、施設内の業務改善に寄与しました。

 

記載方法(編年式、キャリア)

職務経歴書のフォーマット(形式)には、大きく分けて『キャリア式』と『編年体式』があります。

【編年体式】

時系列に沿って、職務内容を示していく、最も一般的な形式です。特に、「社会人経験が浅い方」や「異動や転職の回数が少ない方」に向いていると言われています。

編年体式は、履歴書と照らし合わせながら読むことができるので、キャリアを積んできた過程が採用担当者に伝わりやすいという特徴があり、基本的にはこの形式での職務経歴書の作成がオススメです。

【キャリア式】

キャリア式とは、職務経験を「職務分野別にまとめた」形式のことを言います。入社日などではなく、業務内容を見出しにするため、「何をやってきたのか」「得意分野が何か」などが伝わりやすい形式だといえます。そのため、「転職回数の多い方や経験・スキルをアピールしたい方(技術職や専門職など)」に向いています。
それでは、一般的な職務経歴書の項目ごとにチェックポイントを見ていきましょう。

 

記載する項目

■【必須】タイトル

「職務経歴書」

■【必須】日付

「○○年○月○日現在」と記載日を記入。

■【必須】氏名
□【任意】連絡先(住所、電話番号等)
■【必須】職務要約(概要)

自身の職務経歴の概要を、最大5行程度で記載します。経験社数が1社であればその企業での職務内容を、複数社の経験がある場合にはそれぞれを時系列順に簡潔にまとめましょう。

■【必須】職務経歴

・会社概要
企業名・従業員・売上高・事業内容・従業員数・売上高など、不明な部分があっても、企業名・事業内容のみは必ず記載しましょう。なお、社会福祉法人や医療法人などの場合は資本金はありませんので、記載の必要はありません。

・職務に携わった期間(○年○月~○年○月)
・所属部署・役職(異動、昇進歴など)
・具体的な職務内容
・実績(成果)
・受賞歴
・取組内容

を記載します。一つの項目ごとに3~5行を目安に記載。具体的な職務内容においては、いつ、誰を対象にした、どんな仕事をしてきたかを簡潔にまとめます。また、冒頭で説明した通り、所属していた介護施設の概要は必ず記載するようにしましょう。もし異動や転職などで複数の介護施設を経験しているようであれば、その都度介護施設の概要を記すことが好ましいです。

介護業界での経験は、やってきた仕事ごとに大まかに内容を分けて記載します。その中で、具体的な業務を書き出し、読み手に仕事内容・状況を想像させることが大切です。介護職や施設スタッフという仕事は、そもそもノルマがあるわけではないので、経験者でも実績を数字で表すことはなかなかできません。無理に数字で実績をあらわすことにこだわらず、仕事とどう向き合ったかをアピールしましょう。

□【任意】取得資格

応募している職務に関連した保有資格を書くことが有効です。略称ではなく正式名称で記載。取得時期も含めて記載します。特に介護業界では「介護福祉士」や「介護職員初任者研修」など関連資格が豊富にありますので、漏らさず書くよう心がけてください。

□【任意】パソコンスキル

必須ではありませんが、介護の現場ではパソコンスキルがある方は重宝される傾向にあります。あなたにとって「こんなレベルでいいのかな?」なんて思うかもしれませんが、もし基本操作が可能なようであれば念のため記載しておくようにしておきましょう。

□【任意】 自己PR

自身の能力や意欲など、具体的にアピールするブロックです。これまでの職務経歴の中から、応募先企業で有効になると思われることをアピールしましょう。介護の現場でのリーダー経験があればリーダーシップ、保有資格など、人事担当者がぜひ会ってみたいと思うよう、自身をアピールします。

また、介護業界の場合は介護というものに対するスタンスや介護の現場における業務改善の工夫などもアピールポイントになります。

■【必須】志望動機

履歴書内にも志望動機を書く欄がありますが、まったく同じ内容にならないよう注意しましょう。職務経歴書では具体的な経験やエピソードを盛り込むなどして、応募先企業を志望する理由に厚みを増しましょう。

 

採用担当者の声、失敗談

こちらでは介護業界での転職をお考えの方に、参考にしていただきたいと事例をご紹介。自身が応募する上で、さらには採用担当が職務経歴書を始めとした応募書類をどのように見ているか…という点に注意すべきかをチェックしていただければと思います。

■採用担当の声

U社/エリアマネージャー Sさん

たくさんの方にご応募いただきましたが、中でも目にとまる応募書類の傾向は『字がキレイなもの』でしたね。手書きじゃないとダメ…なんてことは思いませんが、やはり手書きで、かつ丁寧に書かれていると思わず読んでしまいますね。

また、当社への志望動機がハッキリ書かれていると『きちんと求人広告を読んでくれたんだな』『HPも見てくれているんだろうな』と当社への志望度の高さがうかがえます。

なかでも覚えているのは、具体的なエピソードを絡めて経歴が書かれていたもの。「困っている方々のために、自分ができることがあれば助けたいから志望しました」という内容にも非常に説得力を感じました

■求職者の失敗談

介護職/Mさん

「転職サイトで施設長の募集を見つけ、『自分にはまだ早いかな』と思いつつも、待遇を改善したいという想いもあって、ちょっと職務経歴書を”盛って”書いて応募したんです。そうしたら書類選考は通過。面接してもらえることになりました。しかし、実際に面接に行ったところ、盛って書いた仕事内容にどんどん質問が来る。しかし、やはりまともに答えることができず、面接官の方も『あれ?思っていたのと違う…』という表情。結果的に不採用通知が届きました。あのとき等身大の職務経歴書をきちんと書いて、意欲を精一杯伝えていれば受かったのではないか…そんな後悔が残っています」

 

3.サンプル・作成ポイント

介護職における職務経歴書のサンプル

いろいろご説明してきましたが、とはいっても実際に見てみないことにはわからないもの。そこで、今回は職務経歴書のサンプルをご用意しました。ぜひ、こちらを参考に、自身の職務経歴書の作成に活かしていただけると幸いです。

【職務経歴】
■エン・ライフケア株式会社
■勤務期間/2012(平成24)年4月~現在(2年6ヶ月在籍)
■従業員/304名
■雇用形態/正社員
■部署・役職ケアリーダー
■職歴概要
・介護スタッフ(2012年4月~現在)

[所属歴]
2008年4月 入社、「むらさきの里」越谷に配属
2010年7月 「むらさきの里」春日部に異動
2011年4月 リーダーに昇格

[施設概要]
業態/介護付有料老人ホーム
利用者数/74名
スタッフ数/24名

[業務内容]
・ヘルパー業務(食事・入浴・排泄などのサポート)
・ケアプラン作成
・ご家族への近況報告
・レクリエーションの企画立案、実施
・業務マニュアルの作成、改訂
・後輩スタッフへの業務指導

[アピールポイント]
施設利用者の生活の質を高め、生きがいを感じられるように、日々の業務やレクリエーションの内容に工夫を凝らしました。
一例をあげますと、「むらさきの里交流会」という、囲碁の愛好者が定期的に交流戦を行うイベントを、企画立案しました。利用者の評判もよく、今では全ての運営施設がこの交流会に参加しています。

関連する記事
2018/10/04
これから職務経歴書を書く方必見!抑えるべきポイントや例文まとめ

「履歴書は書いたことがあるけど、職務経歴書って何を書けばいいの?」。 転職活動をはじめたば…

2018/09/13
職務経歴書は手書きとパソコン(Word等)とどちらが良い?

転職活動において、企業への応募の際に時に必要な書類の一つ、職務経歴書。いざ、作成しようとす…

2018/06/21
英語・英文での職務経歴書(レジュメ)の書き方

「学生時代には海外に語学留学もしていた。だから新卒では得意の英語が活かせそうな会社に就職し…

2018/05/17
職務経歴書・履歴書|おすすめフォントを解説!読みやすいフォント・文字サイズの選び方

はじめて転職する人にとって、職務経歴書・履歴書の書き方は悩みの種ですよね。特に、フリーフォ…

2018/04/26
営業職の職務経歴書の書き方|営業経験のアピール方法を伝授!(業種別の見本・サンプル付き)

営業経験を活かしてキャリアアップ!と意気込んで転職活動を始めたものの、自分の営業経験を職務…

2018/03/08
職務経歴書、最適な枚数は?|1枚じゃ少ない?ベストな枚数とは?

たとえば、「これまでIT系の企業で、エンジニアとして働いてきたけど、職務経歴書に書くと枚数…

2018/03/06
転職回数が多い方向け!職務経歴書の書き方| 書類選考の不利を克服するには?

“転職経験が多い”という方も、最初から半年や1年で転職をするつもりで入社をしていないはずで…

2017/12/19
会いたくなる履歴書の書き方 ~ポイントや見本など~

「履歴書って書き方にルールはあるの?」 転職活動をはじめたばかりの人であれば、「履歴書」に…

2017/12/04
職種別の職務経歴書テンプレート集(50職種の雛形をダウンロード可能)

「履歴書と職務経歴書って何が違うの?」「職務経歴書って、何をどうやって書けばいいのか分から…

2017/11/30
デザイナー志望者必見!職務経歴書の書き方|転職を成功させる職務経歴書(サンプル付き)

「グラフィックデザイナーになりたい!」と思っていても、「本当になれるのか?」「自分のスキル…

関連するキーワード