×
アグリビジネスという言葉の意味をご紹介します。アグリビジネスとはどういうものなのか、どういったシーンで使われるのか、そこから何を知ることができるのか、などごご紹介。アグリビジネスについて知りたい方は、ぜひごらんください。

記事の概要を見る

アグリビジネスという言葉の意味をご紹介します。アグリビジネスとはどういうものなのか、どういったシーンで使われるのか、そこから何を知ることができるのか、などごご紹介。アグリビジネスについて知りたい方は、ぜひごらんください。
2015/12/23

アグリビジネスって何?

アグリビジネスって何?

昨今、注目を集めているアグリビジネスについて解説します。アグリビジネスとは、どのようなものなのか?何ができるのか?などをご紹介。アグリビジネスについて知りたい方はぜひご覧ください。

アグリビジネスとは?

アグリビジネスとは、アグリカルチャー(農業)とビジネス(事業)を組み合わせた造語で、農業に関係する幅広い経済活動全体を指しています。農産物の加工、流通や販売、金融、資材の供給に至るまでの産業とした農業、または、それらの産業の総称だといえるでしょう。

アグリビジネスの実例(1)

●農産物の直売や産直や農産物の加工・販売

農産物の直売は、農家が自分で生産した農産物を卸業者や市場を通さずに直接消費者に販売することをいいます。農産物の加工・販売とは、農家が自分で育てた農産物を原料にして加工品をつくって販売すること。最近では、道の駅や農産物直売所で、こうした商品を直接販売する農家も増えてきました。

アグリビジネスの実例(2)

●農家民宿(ファーム・イン)

ファーム・インとは、農村の景色や雰囲気を楽しんでもらうための宿泊施設です。リゾートホテルでは味わえないふれあいや素朴さを売りにして、ミカン狩りやブドウ狩りなどの収穫体験をはじめとする様々な農業体験ができる施設があります。

その他にも、自分の農場でつくった農産物を提供するファームレストランや、果樹の摘み取りや収穫体験ができる観光農園、芋掘りや田植え・稲刈り・牧場で乳しぼりやチーズつくりなどの体験ができる農業体験など様々なアグリビジネスがあります。

日本の農家は後継者不足という問題に直面しています。その一方で、食の安全への意識の高まりから若い世代からの農業への関心が高まっています。アグリビジネスが、今後の日本農業の将来を切り開くかも知れませんね。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
割賦販売って何?

大きな買い物をするときに、一度は耳にしたことのある割賦販売という言葉ですが、その意味をご存…

2016/11/26
スマートグリッドって何?

スマートグリッドという言葉についてご紹介します。IT業界で目にすることの多いスマートグリッ…

2016/11/26
ロールモデルって一体何?

「〇〇さんのようになりたい」と思える人物の具体的な行動を模倣することによって、人はその人物…

2016/11/26
ビジネス文書とは、どういう文書?

ビジネス文書とは一体どのような文書を指すのでしょうか。「ビジネス~」とつくと、少し難しく感…

2016/04/19
コンセンサスの意味は?

  ビジネスシーンで、時々耳にするコンセンサスという言葉ですが、どのような意味か…

2016/03/29
ビジネスマナーって一体何?

転職活動において、もし何か誤解や勘違いしていることがあると面接などで厳しい評価になってしま…

2015/01/08
ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの違い

ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルで働ける企業や部署が増えてきました。採用を行なってい…

2014/12/19
第一次産業への転職

第一次産業とは、農業・林業・漁業など、自然界から原材料・食糧などを生産する産業のことです。…

2014/09/16
フランチャイズ(FC)の意味とは?

飲食店のチラシや、求人情報サイトで「フランチャイズ」という言葉を見かけたことはありますか?…