×
コンティンジェンシープランについて解説するページです。コンティンジェンシープランとは、どういう意味なのか、どういうシーンで使用される言葉なのか、などをご紹介しています。コンティンジェンシープランについて詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。
2016/11/26

コンティンジェンシープランって何?

コンティンジェンシープランって何?

コンティンジェンシープランとは、緊急時対応計画とも訳されます。事故や災害などで事業が遂行できなくなるような緊急事態を想定して、それに対する対応策や被害を最小限に抑えるようなプランが策定されています。

不測の事態に備えるコンティンジェンシープラン

コンティンジェンシープランは、企業に損害を与える災害やテロなどの不測の事態を想定し、あらかじめ作成しておく対応策や行動手順を指します。コンティンジェンシープランはリスク発生時の損害の規模にリスクの代償を加味し定められます。

具体的には、緊急時の各メンバーの行動指針はもとより、マスコミ対応、バックアップを利用したシステムの復旧方法、代替設備、仮オフィスの確保といったものまで含まれており、すぐにでも通常業務に戻れるように計画されています。

コンティンジェンシープランが求められる業界

コンティンジェンシープランが最も求められているのが金融機関と公的機関です。特に金融機関は経済のインフラでもありますから、非常事態に陥っても、業務をすぐに再開できるよう、綿密なコンティンジェンシープランの策定が望まれます。

また、その他の業種においても非常事態は降りかかってくるものですから、リスクを洗い出し、そのリスクに対処できる全企業的な取り組みが必要です。特にテロと災害は、いかなる企業であってもその可能性がゼロとはいえない時代となっています。

そのため、コンティンジェンシープランの存在はますます必要となっていくことでしょう。

コンティンジェンシープランの策定の仕方

コンティンジェンシープランの策定には、以下のような手順が必要です。
1.調査と基本方針の決定
●リスクの洗い出し
●業務と経営資源の整理リスク評価、
●コンティンジェンシープランの基本方針の決定

2.コンティンジェンシープランの立案
●リスクシナリオの設定
●緊急時体制の構築
●代替手段の詳細決定各対応
●手順の文書化

3.コンティンジェンシープランの周知徹底

4.コンティンジェンシープランの維持、改善
●定期的な教育、訓練
●コンティンジェンシープランの見直し

コンティンジェンシープランの留意点

コンティンジェンシープランは企業のすべてのシステムを対象として策定されるのではなく、優先順位を決め、その高い順番から復旧できいるよう策定されています。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
ボラティリティーって何?

ボラティリティーとは価格変動の大きさを示す言葉です。現代ポートフォリオ理論ではこの価格変動…

2016/11/26
デューデリジェンスって何?

デューデリジェンスについて、良く内容を知っているという方もいる一方、なんとなくわかるけど正…

2016/11/26
コンピテンシーって何?

コンピテンシーという言葉を聞かれたことはありますか?コンピテンシーとは、どういうものなのか…

2016/11/26
アジェンダってどういう意味?

  アジェンダという言葉の意味がわかりますか?時々聞くけれど、意味がわからない。…

2016/11/26
プライバシーマークとは?

個人情報は本人の意思決定があってから開示されるのですが、残念なことに本人が知らない間に情報…

2016/11/26
プランナーってどんな仕事なの?

プランナーとは日本語で「企画者」の意味ですが、業界等でその役割や定義付けは異なります。プラ…

2015/07/15
コンシェルジュの意味と仕事内容とは?

  ホテルや百貨店などで働くコンシェルジュという職業。なんとなくイメージできるか…

2014/08/01
ヘッドハンティングって何?

ヘッドハンティングは、優秀な人材を社外からスカウトする、人材採用の手法です。企業から依頼を…

2014/07/28
転職エージェントって何?

転職活動を始めると耳にすることが増える「転職エージェント」という言葉。しかし、耳にする機会…