×
サスティナブルの意味を解説します。ビジネスでのサスティナブルとはどういう意味で、どういうシーンで使われる言葉なのかを解説。ぜひこちらでサスティナブルの正しい意味を理解して、日々の業務に役立ててください。
2016/11/26

サスティナブルって何?

サスティナブルって何?

サスティナブルとは、事業自体の存続が自然環境の保全に役立ち、また現地コミュニティに価値をもたらすものであり、さらに現地人材の育成に役立つ、恒久的な事業を指します。

持続可能なビジネスモデル サスティナブルモデル

そもそもサスティナブルという言葉には「持続可能」という意味があります。そうした意味で今、産業が持続可能であるためには自然に配慮したビジネスモデルが求められます。

これまでの搾取型のビジネスモデルでは環境尊物の疲弊も大きく、ビジネスの維持も望めないでしょう。サスティナブルモデルは、そうした開発地域の自然の保全と、コミュニティの保全に配慮しながら利益を上げるという新しいビジネスモデルといえます。

サスティナブルな社会ってどんな社会?

1992年、ブラジルで開催された第1回地球環境サミットで初めて「サスティナブル=持続可能な発展」という考え方が提唱されました。今後の開発やビジネスの発展には環境保全が必要不可欠であることが全世界的に認められたのです。

この考えが、現在ビジネスキーワードとして広く世の中に浸透しているサスティナブルのもととなっているのです。「環境保全」「社会利益」「経済メリット」の三者のバランスを取りながら発展していくことこそ、サスティナブルな社会だといえます。

サスティナブルコーヒーとは

サスティナブルコーヒーは、サスティナブルビジネスのモデルケースとして現在多くのNGOなどが取り組んでいる事業です。事業そのものの持続性を考えて、コーヒーの生産に関わる環境、人、コミュニティを崩すことなく、コーヒーを持続的に生産輸出していきます。

各NGOは、それらの活動が健全に行われているかを監視するなどして、合格した事業にはサスティナブルコーヒーとしてのお墨付きが与えられます。サスティナブルコーヒーの目的はNGOによって様々で、農園労働者の人権保護の改善、お金の透明性、原産地の自然保護などがあげられます。

サスティナブルビジネスの今後

今までの資源を消費する経済活動では持続性は求められません。サスティナブルという概念は経済活動から離脱し、今後の経済社会を安定化させるうえで欠かせない理念といえます。

関連する記事
2016/11/26
コモディティってどういう意味?

  コモディティには、日用品、必需品、商品取引所などで取引をされる商品という意味…

2016/11/26
ビジネスカジュアルのとき、靴は何を選べばいい?

最近「ビジネスカジュアルで」という会社が増えていると思います。そのとき、足元まで気が回らな…

2016/11/26
ブルー・オーシャンって何?

ブルー・オーシャンをご存知でしょうか。以下ではブルー・オーシャンの言葉の意味、どんな文脈で…

2016/11/26
セグメントって何?

セグメントって、どんな意味の言葉でしょうか?ビジネスでは、どのような時に使うの?ターゲット…

2016/11/26
ロールモデルって一体何?

「〇〇さんのようになりたい」と思える人物の具体的な行動を模倣することによって、人はその人物…

2016/04/19
コンセンサスの意味は?

  ビジネスシーンで、時々耳にするコンセンサスという言葉ですが、どのような意味か…

2016/03/29
ビジネスマナーって一体何?

転職活動において、もし何か誤解や勘違いしていることがあると面接などで厳しい評価になってしま…

2016/02/23
トラブルシューティングって何?

IT業界で目にすることの多いトラブルシューティングという言葉ですが、その意味をご存知でしょ…

2015/03/30
バリスタとは?バリスタの仕事内容と目指し方

バリスタという職業を耳にしたことがある方は多いと思います。しかし、“コーヒーを淹れる人”と…

2014/09/16
フランチャイズ(FC)の意味とは?

飲食店のチラシや、求人情報サイトで「フランチャイズ」という言葉を見かけたことはありますか?…

関連するキーワード