×
エクイティファイナンスという言葉について解説するページです。エクイティファイナンスとは、どういう意味なのか、どういう場面で使用される言葉なのか、などをご紹介しています。エクイティファイナンスについて詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。
2016/11/26

エクイティファイナンスって何?

エクイティファイナンスって何?

エクイティファイナンスは、企業のエクエティ(=株主資本)の増加による資金調達のことで、公募や株主割り当などの払込を伴う増資、転換社債型新株予約権付社債などの新株予約権付社債の発行によって行われます。

エクイティファイナンスってそもそも何?

エクイティファイナンスは新たな株を発行してその収益で増資する方法といえます。主に行われているのは、株主割り当て、第三者割当といった払込みによる増資で、株主割り当ては既存株主を優先して行う新株の発行であり、第三者割当は一般の株主に公開されるため公募ともいわれています。

エクイティファイナンスの問題点って何?

エクイティファイナンスの良いところは、発行企業にとっては原則的に返済期限のない資金調達策であるという点です。けれども株主にとっては調達資金が企業の収益拡大に充当されない限り、株が増えた分一株の重みが軽くなってしまうため、何のメリットもありません。

また、会社の支配権や配当政策に悪い影響が出てくることもあります。そのためエクイティファイナンスを行う場合、前もって株主の同意を取り付けることができるよう十分な説明が必要です。

エクイティファイナンスとデッドファイナンスて何?

エクイティファイナンスとデッドファイナンスは企業の主な資金調達法です。エクイティファイナンスは基本的に返済期限のない資本調達です。ですから企業がこれを行なうと、財務体質を強固なものにすることができます。

反対にデッドファイナンスは原則として返済義務のある負債であり、バランスシートには負債として記載されます。またこれらの支払い利息がコストとして計算されること、また損失として計上されることによって課税対象が軽減されるといったメリットがあります。

エクイティファイナンスが行われる条件とは

エクイティファイナンスは、株主に負担をかける資金調達法です。そのため、エクイティファイナンスを行う際は、それが会社の成長、また収益に資するものであるという場合にのみ行われるべきです。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
IRってどんな仕事内容なの?

IRというお仕事は実際どんな仕事内容なのでしょうか。企業広報とは違うのでしょうか?最近よく…

2016/11/26
ボラティリティーって何?

ボラティリティーとは価格変動の大きさを示す言葉です。現代ポートフォリオ理論ではこの価格変動…

2016/11/26
コーポレートガバナンスって何?

コーポレートガバナンスについて説明します。社会の教科書でも出てくるほど重要な言葉ですが、実…

2016/11/26
デューデリジェンスって何?

デューデリジェンスについて、良く内容を知っているという方もいる一方、なんとなくわかるけど正…

2016/11/26
プロジェクトファイナンスって何?

プロジェクトファイナンスはある特定の事業から上がる予想収益を基礎としてローンを組む金融事業…

2016/11/26
ファブレスって何?

fabrication facility(工場)を持たない経営スタイルのファブレス。メーカ…

2016/04/30
ファイアウォールって何?

ウィルス対策ソフトなど、IT業界でよく耳にする「ファイアウォール」という言葉についてご存知…

2016/02/08
株主総会って何?

  株主総会は実質的に企業のオーナーに当たる株主を招集して、会社の今後の方針や配…

2015/02/20
クリエイティブディレクターとは?CDの仕事内容・業務内容

転職活動をしていると、クリエイティブディレクター(Creative Director/CD…

関連するキーワード