×
デリバティブという言葉について解説するページです。デリバティブとは、どういう意味なのか、どういう場面で使用される言葉なのか、などをご紹介しています。デリバティブとは何かを知りたい方は、ぜひご覧ください。
2016/11/26

デリバティブって何?

デリバティブって何?

デリバティブとは、株式やローンなどの金融商品に対して購入後に商品から派生した権利ないしは付加価値をいいます。日本語では「派生商品」、「金融派生商品」などと呼ばれています。

デリバティブって何?

ディバリティブには、後に行われる売買を特定価格で事前に取引する「先物取引」や定められた期間に特定の価格で売買を行う権利を取引する「オプション取引」などがあります。

リスクを回避するだけでなく、ハイリターンを目的としたデリバティブもあるなどデリバティブは非常に多様性に富んだ商品です。農作物を扱う先物取引では気温や降水量を対象としたデリバティブもあります。

デリバティブで出来るスワップションって何?

スワップションは、買い手と売り手との間で一定の期間ごとに金利の交換を行い、リスクそのものを取引します。また、契約を始めた際は何の価値も発生していないため、バランスシートへの記載がされないのでオフバランスと呼ばれています。

さらにデリバティブで行うスワップションは借り入れの元本を想定で行いますから、少額の投資資金で大きなリターンが期待できます。

デリバティブの問題点

デリバティブは最初に証拠金や権利金の形で資本を用意しているため、想定元本が大きくなり、小さい資金で大きなお金を動かすことが可能となります。けれども株が下落したり取引が失敗すると、大きなお金が動いていただけに自己資金の少ない投資者は大きな損失を抱えてしまうことになります。

見えないお金を扱い、実体のない商品を売り買いするため、注意が必要な取引といえるでしょう。

デリバティブの現在

デリバティブは、ハイリスクでも魅力的な商品にするために作られた派生商品でした。けれども現在ではデリバティブそのものの方が商品として主流になってきています。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
ボラティリティーって何?

ボラティリティーとは価格変動の大きさを示す言葉です。現代ポートフォリオ理論ではこの価格変動…

2016/11/26
バーターって何?

バーター取引とは、金銭を介在させず、物々交換や、サービスと商品を交換するシステムのことをい…

2016/11/26
ホールセールって何?

ホールセールは量販、卸といった意味もありますが、金融業界では銀行などが政府、企業、機関投資…

2016/11/26
クオンツって何?

クオンツ(Quantitative)は数量的・定量的という言葉から派生した用語で、高度な数…

2016/11/26
デューデリジェンスって何?

デューデリジェンスについて、良く内容を知っているという方もいる一方、なんとなくわかるけど正…

2016/11/26
アファーマティブ・アクションとは?

世界の労働問題を考える上で欠かせないのがアファーマティブ・アクションです。どういう意味なの…

2016/11/26
サバティカルって何?

世界で注目されているサバティカルについて解説するページです。なんとなく聞いたことがある言葉…

2015/06/02
商品企画とは、どんな仕事内容なの?

一般的に人気職種のひとつとして挙げられる商品企画。「自分の企画した商品が世の中に流通する」…

2015/02/20
クリエイティブディレクターとは?CDの仕事内容・業務内容

転職活動をしていると、クリエイティブディレクター(Creative Director/CD…

関連するキーワード