×
ディーゼルエンジンについて解説します。メーカーの求人で目にする機会の多いディーゼルエンジン。どのようなエンジンなのかご存知ない方も多いのではないでしょうか?こちらでディーゼルエンジンについて事細かにご紹介させていただきます。
2016/11/26

ディーゼルエンジンって何?

ディーゼルエンジンって何?

求人で目にすることも多いディーゼルエンジンですが、実のところどのようなエンジンかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?最近再び注目されているディーゼルエンジンについてまとめてみました。

ディーゼルエンジンとは?

ディーゼルエンジンとは、19世紀後半にドイツのディーゼル氏によって開発されたエンジンで、軽油や重油を燃料としています。シリンダー内の高圧・高温の空気に燃料を噴射して爆発させ、その力でエンジンを動かします。

プラグを使わない簡単な構造で故障が少なく、比較的安い燃料が使えるため、船舶や鉄道車両、バスやトラックなどの大型自動車、工業機械などに使われています。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンを比べると?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いをまとめてみました。

ディーゼルエンジンの長所
●燃費が良い
●二酸化炭素の排出量が少ない
●低速トルクがある
●故障が少ない

ディーゼルエンジンの短所
●音・振動が大きい
●黒煙や粒状物質(PM)・窒素酸化物(Nox)が排出されやすい
●エンジン自体が大きい
●値段が高い

注目されるクリーンディーゼルエンジン

熱効率の良く二酸化炭素の排出が少ないディーゼルエンジンは、欧州車では多く普及している反面、日本の乗用車には少ないのが現状です。黒煙、PM(粒子状物質)、窒素酸化物などの排出が多いことから、日本の乗用車では敬遠されてきたようです。

ですが、近年の研究によりクリーンな排出ガスのディーゼルエンジンが開発され、2012年には商品化されています。またクリーンディーゼル車に対する国の補助金もあり、今後はディーゼルエンジン車の普及が予想されています。

バイオディーゼル燃料

いつかなくなる石油などの化石燃料に対して、再生可能なバイオディーゼル燃料が注目されています。植物油を原料に、メタノールと反応させて作られるもので、日本では使用済み天ぷら油が使われています。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
ボラティリティーって何?

ボラティリティーとは価格変動の大きさを示す言葉です。現代ポートフォリオ理論ではこの価格変動…

2016/11/26
モーダルシフトって何?

  さまざまなメディアに登場するモーダルシフトという言葉ですが、その意味をご存知…

2016/11/26
トランスミッションって何?

トランスミッションという言葉、車好きの方はともかく、よくご存知ない方も多いのではないでしょ…

2016/11/26
バイオマスって何?

新聞やニュースで目にすることの多いバイオマスという言葉ですが、実はよくご存知ない方も多いの…

2016/11/26
燃料電池って何?

近頃よく目にする燃料電池という言葉ですが、どんな電池なのかよく分からない方も多いのではない…

2016/11/26
マージンって何?

マージンという言葉、聞いたことがあると思います。実際マージンという言葉がビジネス上どのよう…

2016/11/26
プライオリティーって何?

プライオリティーって、どのような意味なのでしょうか?なんとなくは、解ってるけれど、本当はど…

2015/12/14
マーチャンダイジングって何?

マーチャンダイジングという言葉の意味をご存知ですか?ビジネスシーンで時々耳にするけれど、良…

2015/07/16
カーディーラーってどんな業態なの?

カーディラーという名称を耳にしたことはありますか?車のディーラーであることはなんとなくわか…

関連するキーワード