×
スケールメリットという言葉の意味をご紹介するページです。ビジネスシーンで耳にする機会の多いスケールメリットという言葉ですが、どういう意味かご存知ですか?こちらでスケールメリットの正しい意味を理解して、情報収集に役立ててください。

記事の概要を見る

スケールメリットという言葉の意味をご紹介するページです。ビジネスシーンで耳にする機会の多いスケールメリットという言葉ですが、どういう意味かご存知ですか?こちらでスケールメリットの正しい意味を理解して、情報収集に役立ててください。
2016/03/01

スケールメリットって何?

スケールメリットって何?

ビジネスシーンではスケールメリットという言葉を聞いたことがあると思います。実際スケールメリットといったときに、どのような事を意味するのかご存知ですか?ここは、スケールメリットの意味について解説します。

スケールメリットの意味

もともとスケールメリットとは、規模のメリットともいわれ、同種の物が多く集まることにより、単体よりも大きな効果を得られることを指します。特に経済上、経営規模が大きくなればそれだけ生産性や経済効率があがることをいうことが多いです。

スケールメリットの具体例

では、なぜ経営規模が大きくなれば生産性が向上するといわれるのでしょうか?例えば工場である製品を生産することを考えてみた場合、100個の品物を作るより、1000個の品物を作る方が経費が安くつくということになります。

それは、企業には物を作ることにかかる経費の他に固定費といわれる物を作らなくてもかかる経費が存在しているからです。工場の家賃や土地代、物を作ることに直接かかわらない人の人件費等が固定費にあたります。

それら固定費は物を多く作ろうが少なく作ろうがかかる金額は同じになります。なのでこの固定費の割合を小さくするために、大量に物を作ったほうが良いことになります。

スケールメリットを生かせる場面

大量仕入れ、大量生産、大量販売することにより、企業の経営効率を図ることができますが、これは全ての物に共通することではありません。スケールメリットを生かせるのは、同じ規格の物を大量に物を製造しても、それを購入する人たちがいることが前提となります。

スケールメリットは大規模展開している企業にとって重要な考え方です

大企業が生産効率を図り経費を効果的に削減するときに、スケールメリットは重要になってきます。これはメーカーのみならず、小売り業などにも共通する事柄になります。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
ジェネリック医薬品って何?

  ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれています。特許が切れた医薬品を他の…

2016/11/26
ファブレスって何?

fabrication facility(工場)を持たない経営スタイルのファブレス。メーカ…

2016/11/26
スマートグリッドって何?

スマートグリッドという言葉についてご紹介します。IT業界で目にすることの多いスマートグリッ…

2016/11/26
フロントローディングとは?

フロントローディングという言葉の意味をご存じでしょうか。ここではフロントローディングの意味…

2016/11/26
年功序列の意味とは?

  ビジネスにおける年功序列の意味は、勤続年数や年齢に応じて昇格や昇給を行うこと…

2015/02/10
生産技術の仕事内容って?

就職活動・転職活動をスタートすると、初めて目にする職種名ってありますよね。「生産技術」とい…

2014/12/03
ゼネコンとは

リーマンショック以降、長く低迷を続けていた建設業界ですが、民間企業の設備投資増加、海外進出…

2014/11/05
限定正社員ってどんな働き方?

2013年、アベノミクスの成長戦略の一つとして盛り込まれた『限定正社員』という働き方。導入…

2014/07/16
第二新卒・既卒って何?

  第二新卒(者)、既卒(者)という言葉が、転職市場において定着しました。企業が…