×
SWOT分析という言葉の意味を解説します。SWOT分析とはどういう意味で、どういうシーンで使われる言葉なのかを解説。ぜひこちらでSWOT分析の正しい意味を理解して、トレンドウォッチや情報収集などに役立ててください。
2016/11/26

SWOT分析って何?

SWOT分析って何?

SWOT分析という言葉の意味を解説します。SWOT分析の概要と使い方を紹介するとともに、その注意点についても言及します。SWOT分析を理解して、日頃の業務に役立てましょう。

SWOT分析ってどんな分析?

SWOT分析はStrength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4つの頭文字をとったマーケティングや自己分析などで使うフレームワークです。

SとWで自社や自分といった内部環境について考え、OとTで他社や市場などの外部環境について考えることで、経営戦略や経営計画を構築するために使います。

SWOT分析のSとWを考えよう

Strength(強み)とWeakness(弱み)は自社でコントロール可能な内部環境を示します。経営資源を競争相手と比べたときの強み・弱みを分析します。

従って「これが我が社の得意分野だ」といったところで競争相手と比べたときに、相手の方が勝っていれば、それは強みにはなりません。弱みについても同様です。

SWOT分析のWとTを考えよう

Opportunity(機会)、Threat(脅威)は自社ではコントロールできない外部環境を示します。機会とはチャンスと言い換えても良い概念で、それをうまく活用することで自社のパフォーマンスが向上する外部環境の変化を指します。

対して脅威とは放置していると自社のパフォーマンスを悪化させかねない要素を指します。

SWOT分析を使うときに注意すべきこと

SWOT分析で注意したいのは、本当の意味でのSWOTとは何かが分かりにくいという点です。というのも、強みや弱みというのはどんな戦略を立てるかによって大きく変わってきますし、機会や脅威についても短期間では機会だとしても、長期間で考えれば脅威だというケースもあります。

そのためSWOT分析を行う際は、「どんな局面のSWOTなのか」をよく設定する必要があります。

フレームワークは日々の業務の中に取り入れよう

SWOT分析はビジネスのみならず日常でも活用しやすいフレームワークです。自社だけでなく自分についてもSWOT分析を導入することで、ビジネスパーソンとしてのステップアップを図りましょう。

関連する記事
2019/11/06
転職を成功に導くための自己分析のポイント5選

今回は新卒時とは異なる「転職時の自己分析の仕方」を5つのステップでご紹介します。 目次1.…

2016/11/26
自己分析って何すればいい?

  自己分析のやり方は決してひとつではありませんが、その中でオススメできる自己分…

2015/05/15
文系と理系って何が違うの?

文系は主に人間活動をテーマとした学問分野であり、理系は自然科学をテーマとした学問分野を指し…

2015/05/07
転職のきっかけって何だろう?転職活動はじめの一歩

  毎日の仕事のなかで漠然と、あるいは真剣に、転職について考えたことのある方は多…

2015/04/21
適職診断を受けるときに気をつけたいポイント

  「適職診断」という言葉を聞いたことはありますか?なんとなく最適な職種がわかり…

2015/03/31
美容師国家試験とは?

髪のプロフェッショナル、美容師。身近な存在ですが、具体的にどうしたら美容師として働けるのか…

2015/01/19
有給休暇って買取してもらえるの?

労働基準法で定められている有給休暇の付与。せっかく付与されても、業務が忙しかったり、同僚に…

2014/12/02
休日出勤することになったら

会社で働いていると、休日出勤しなければいけないことがあると思います。「せっかくの休みなのに…

2014/11/13
「会社を辞めたい」と思ったら

「給料が上がらない」、「残業が多い」、「上司とソリが合わない」、「新たにやりたい仕事が見つ…

2014/08/19
未経験から正社員へ 派遣社員・フリーターからの転職活動

「生涯賃金の違い」や「社会的な安定」などを理由に、正社員への転職を志望する人は少なくありま…