×
サードパーティーという言葉の意味を解説します。最近耳にする機会の増えたサードパーティーという言葉ですが、どういう意味なのかご存じない方も多いのではないでしょうか。こちらで正しい言葉の使い方、注意点などを理解しておくようにしましょう。

記事の概要を見る

サードパーティーという言葉の意味を解説します。最近耳にする機会の増えたサードパーティーという言葉ですが、どういう意味なのかご存じない方も多いのではないでしょうか。こちらで正しい言葉の使い方、注意点などを理解しておくようにしましょう。
2016/11/26

サードパーティーって何?

サードパーティーって何?

 

サードパーティーという近年よく使われるようになってきたIT用語を解説するページです。サードパーティとはどういう意味なのか、どんなときに使われるのかなどを説明していきます。

■サードパーティーとはどういう意味?

直訳すると第三者、二大政党制での三番目の勢力を持つ政党などの意味もありますが、多くは主にIT業界でオリジナル製品を販売していない、互換性のあるソフトウェアなどを製造、販売しているメーカーを指します。

販売しているツールによって、ソフトウェアのサードパーティーはISV(Independent Software Vendor)、ハードウェアのサードパーティーはIHV(Independent Hardware Vendor)と呼び分けられることがあります。

■具体的にサードパーティーはどんな企業が含まれるか?

パソコンのソフトでマイクロソフト社が販売しているオフィスというものがあります。みなさんも使ったことがあるかと思いますが世界中でかなりのシェアがあり、ビジネスでもワードやエクセルなどのソフトで作られた資料が企業間でやりとりされるケースが多いです。

そのオフィスソフトと互換性のあるワープロ、表計算ソフトも多数販売されており、それらを開発しているメーカーをサードパーティーと呼びます。

■サードパーティーを利用するメリット・デメリットは?

サードパーティーの販売するソフトは機能面では純正品との違いも少ないですが、価格が安いのでユーザーにとっては便利さでメリットが大きいといえるでしょう。一方ではトラブル発生時などの保証が明確でない場合も多いのがデメリットです。

■サードパーティーのおかげでユーザーはメリットが多い

特定のソフトのシェアが拡大すると、価格の高騰などを引き起こす可能性が出てきます。しかしサードパーティーが互換性があり機能も近く価格が安いものを販売することで、そこに競争が生まれることを期待できます。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
ボラティリティーって何?

ボラティリティーとは価格変動の大きさを示す言葉です。現代ポートフォリオ理論ではこの価格変動…

2016/11/26
オープンソースって何?

オープンソースという言葉についてご紹介します。Web業界で目にすることの多いオープンソース…

2016/11/26
ソフトウェアって何?

  ソフトウェアという言葉についてご紹介します。IT業界で目にすることの多いソフ…

2016/11/26
プライオリティーって何?

プライオリティーって、どのような意味なのでしょうか?なんとなくは、解ってるけれど、本当はど…

2016/04/22
Dreamweaverって何?

Dreamweaver(ドリームウィーバー)というPC用ソフトについて解説します。どのよう…

2016/04/21
Fireworksって何?

Fireworksというパソコンソフトをご存知ですか?どんなソフトなのか、どんな職業の人が…

2016/02/23
トラブルシューティングって何?

IT業界で目にすることの多いトラブルシューティングという言葉ですが、その意味をご存知でしょ…

2015/07/16
カーディーラーってどんな業態なの?

カーディラーという名称を耳にしたことはありますか?車のディーラーであることはなんとなくわか…

2015/06/24
バーテンダーの仕事内容

カウンターに立ち、カッコ良くカクテルをつくる姿で人気のバーテンダー。一見華やかなイメージの…

関連するキーワード