×
デファクトスタンダードという言葉の意味を解説するページです。デファクトスタンダードとはどういう意味なのか、どういうシーンで使用される言葉なのか、などをご紹介します。デファクトスタンダードという言葉について、ぜひこちらで理解を深めてください。

記事の概要を見る

デファクトスタンダードという言葉の意味を解説するページです。デファクトスタンダードとはどういう意味なのか、どういうシーンで使用される言葉なのか、などをご紹介します。デファクトスタンダードという言葉について、ぜひこちらで理解を深めてください。
2016/11/26

デファクトスタンダードって何?

デファクトスタンダードって何?

 

デファクトスタンダードという言葉の意味について解説します。普段はビジネスの現場でもなかなか見聞きすることのない用語ですが、社会人としては知っておくべき言葉です。ぜひ覚えておきましょう。

■デファクトスタンダードってどういう意味?

ディファクトスタンダードを一言で表すと、事実上の標準という意味になります。つまり国際機関など公的な機関によって標準として認定されていないものの、使いやすさなどにより市場で評価されて標準となったものをいいます。

あるメーカーの商品の規格がかなり広まって当たり前のように使われるようになったときに、別のメーカーが追随する場合は最初のメーカーに仕様などを合わせて商品をつくることになります。それがやがてデファクトスタンダードとなっていくのです。

■具体的にデファクトスタンダードとなったものはどんなもの?

特に近年の技術革新によって世界基準、つまりデファクトスタンダードになったものはたくさんあります。最もよく知られているのがパソコンの「WindowsOS」ですね。

ほぼ全てのパソコンに搭載されており、これが標準化になったからこそ、職場でも無用なパソコン研修などが必要ないといえそうです。ほかにはBlu-rayやSDカード(メモリーカード)、QWERTY配列のキーボードなどがあります。

■デファクトスタンダードの反対語はなに?

事実上に標準を指すデファクトスタンダードの反対語はデジュールスタンダードといいます。意味はISOやJISなど国際標準化機関によって「標準」であると明確に定められていることです。

公に標準を決めることで市場の競争に影響がなく、かつ世界の消費者にとって便利になるケースに定められるようです。乾電池などが代表例です。

■使うケースが少ないが社会人としては知っておきたい言葉

日常的に使う言葉ではありませんが、ビジネスのアイディアを出すレベルでは知っておきたい知識です。どこの企業も新しいものを発売したときには、自社の商品が「標準」となることを目指しているのです。

関連する記事
2016/11/26
プロジェクトファイナンスって何?

プロジェクトファイナンスはある特定の事業から上がる予想収益を基礎としてローンを組む金融事業…

2016/11/26
デフォルトゲートウェイって何?

デフォルトゲートウェイという言葉についてご紹介します。Web業界で目にすることの多いデフォ…

2016/11/26
ベンダーって何?

皆さんは「ベンダー」という言葉を耳にしたことはありますか。IT業界で使用されてます。今回は…

2016/11/26
デフレスパイラルって何?

学校の授業で習った記憶はあるものの、具体的に説明するとなると難しい言葉のひとつに「デフレス…

2016/11/26
ファンダメンタルズって何?

日常生活では耳にするチャンスがほとんどないということができる言葉のひとつに「ファンダメンタ…

2016/11/26
グローバル・スタンダードとは?

グローバル・スタンダードとはどういう意味なのでしょうか。すでに広く浸透している言葉のため今…

2016/11/26
アジェンダってどういう意味?

  アジェンダという言葉の意味がわかりますか?時々聞くけれど、意味がわからない。…

2015/07/15
ツアーコンダクターの仕事内容って?

バス旅行などでお客を先導して見どころなどを教えてくれるツアーコンダクター(通称ツアコン)。…

2015/06/24
バーテンダーの仕事内容

カウンターに立ち、カッコ良くカクテルをつくる姿で人気のバーテンダー。一見華やかなイメージの…

2015/06/08
マーチャンダイザーの仕事内容って?

  「マーチャンダイザー」という職種について、耳にしたことはありますか?流通業界…