×
コミットという言葉の意味をご紹介するページです。ビジネスシーンで使われるコミットとは、どういう意味なのか、どういうときに使用されるのか、などをご紹介。コミットの正しい意味を知りたいという方は、ぜひご覧ください。

記事の概要を見る

コミットという言葉の意味をご紹介するページです。ビジネスシーンで使われるコミットとは、どういう意味なのか、どういうときに使用されるのか、などをご紹介。コミットの正しい意味を知りたいという方は、ぜひご覧ください。
2016/11/26

コミットってどういう意味?

コミットってどういう意味?

 

「コミットする」という言葉を聞いたことがある人の中にも、「コミットってなんのこと?」と思っている人もいるでしょう。ここではコミットの意味やメリット、使うシーンを紹介します。

■コミットってどういう意味?

コミットは英語のcommitmentから出来た和製英語です。「コミットする」というと、「関わりあう」「明言する」「約束・誓約する」といった意味になります。

ただし、単に「関わりあう」「明言する」「約束・誓約する」という時よりも「コミットする」という方が、意味としては重くなります。「責任を持って」これらを行うというニュアンスが、コミットするという言葉にはあります。

■コミットすると何かいいことあるの?

コミットすることを習慣にすると、仕事の質が劇的に向上します。例えばスーパーの店長が「来月の売り上げを前年比110%にします」とコミットすれば、それは責任を持って明言したわけですから、目標を達成するためにあらゆる手段を模索するでしょう。

人員は十分なのか。売れない商品と売れる商品を区別し、売れる商品を多く仕入れているのか。陳列は見やすいのか、POPは効果的に使われているか。あるいは店内は清潔かなど、売り上げを下げる要因を徹底的になくすはずです。

「責任を持つ」ことで仕事にメリハリが出るわけです。

■誰が使う言葉なの?

一般的には契約や交渉ごと、声明や公約をするさいに、政治や法律分野の人が使う言葉として説明しています。しかしこれはビジネスパーソンどころか、すべての人が使いたい言葉なのです。

例えば個人営業成績を前年比110%にするとコミットしてもよければ、トレーニングしている人なら来年までにベンチプレス100Kgあげられるようになるとコミットしてもいいのです。

重要なのは「責任を持って」という点です。政治や法律分野の人では、この「責任」を社会的にとることができるため、「コミットする」機会が増えるわけですね。

とはいえ、自分なりの責任の取り方をきちんと設定していれば、誰でもコミットすることはできます。

■コミットは仕事を変える

必ず達成するという信念のもと、そのためにしっかりと準備し、実践した仕事は取引先からの信頼感にもつながりますし、自分への自信にもつながります。さあ今日からコミットしていきましょう。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
トランスミッションって何?

トランスミッションという言葉、車好きの方はともかく、よくご存知ない方も多いのではないでしょ…

2016/11/26
マーケットってどういう意味?

  マーケットという言葉は良く耳にすると思います。それではビジネスでマーケットと…

2016/11/26
スキームってどういう意味?

  最近、よく耳にするスキームと言う言葉ですが、正確な意味を知っていますか?ここ…

2016/11/26
コミットメントって何?

横文字が多く使われる時代ですが、その中でも使用頻度が多いので覚えておきたい言葉にコミットメ…

2016/04/26
有限責任事業組合って何?

有限責任事業組合という言葉について詳しく解説します。なかなか聞き慣れない言葉ですが、近年新…

2015/12/13
メディアミックスって何?

メディアミックスという言葉をご存知ですか?メディアミックスについて知りたい方はぜひご覧くだ…

2015/07/02
同僚ってどういう意味?

  ふだん何気なく使っている「同僚」という言葉。耳慣れた言葉ですが、正確な意味・…

2014/11/07
広報ってどんな仕事内容なの?

世の中の様々な職種の仕事内容に迫る、お仕事ガイドの第7弾。今回ピックアップするのは、広報の…

2014/10/09
フルコミッション(完全歩合制)の働き方

フルコミッションとは「完全歩合制」のこと。働く人の仕事の成果に応じて賃金が支払われる給与形…