×
スキームという言葉の意味を解説するページです。スキームとはそもそもどういう意味なのか、どういうシーンで使用するのか、などをご紹介。スキームという言葉を聞いたけどよくわからない、という方は、ぜひこちらをご覧ください。
2016/11/26

スキームってどういう意味?

スキームってどういう意味?

 

最近、よく耳にするスキームと言う言葉ですが、正確な意味を知っていますか?ここでは、スキームの意味と使い方について解説します。改めて、意味を聞かれるとよくわからないという方は、是非参考にしてください。

■スキームって、本来どういう意味なのでしょうか?

最近、頻繁に聞くスキームと言う言葉ですが、実は、良くわからないなぁという方は多いと思います。「こういう事業スキームなんですけど、どう思いますか?」と言われたら、なんとなく、事業計画の事でいいのかなと想像はつきますが、スキーム(scheme)の本来の意味は、「枠組みを伴った計画」「計画を伴う枠組み」という意味です。

同じような意味の言葉で、計画を意味する「plan」や、枠組みを意味する「フレーム」との違いは、「組織として今後も継続の見込みがある」と言う点です。

■スキームって、どんな使い方をするのでしょうか?

政治、経済の分野では「基本計画」や「基本構想」の事をスキームと呼ぶ場合が多いです。また、事業の枠組み(ビジネスモデル)を「事業スキーム」「ビジネススキーム」と呼びます。

フランチャイズビジネスは、「オーナーが、加盟店となることで、企業からノウハウを提供してもらう代わりに、売り上げの一部を企業にロイヤリティーとして支払う」というビジネススキームで成り立っています。

また、仕組みを表現するために「○○スキーム」と言います。「課金スキーム」なら課金する仕組み、「認証スキーム」なら認証する仕組み、「評価スキーム」なら評価する仕組みになります。

■スキームを使うときに気を付けたいことは?

日本で多用されている「スキーム」ですが、アメリカで、スキームと言えば、「悪だくみ」「陰謀」「ねずみ講」という意味で使われていて、政治家が堂々と言う言葉ではないという指摘もあります。

では、どうして、日本では、違う意味なのでしょうか。その背景には、イギリス英語とアメリカ英語の違いがあるようです。イギリスでは、スキームには、「公共計画、案、計画」などの意味があり、それが日本で使われているスキームの語源となっているようです。

どうやら、イギリスとアメリカでは、使われ方が違うようなので、海外では安易に使わない方が良いのかもしれません。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
ゾーニングとは?

ゾーンニングという言葉をご存じですか?ゾーニングとは、どのような意味で、どんな場面で使われ…

2016/11/26
ファームウェアって何のこと?

ファームウェアについてご紹介します。IT業界で目にすることの多いファームウェアという言葉で…

2016/11/26
モジュール化って何?

モジュール化という言葉ご存知ですか?ビジネス上でモジュール化という言葉を時々耳にされる方も…

2016/11/26
フレームワークとは?

ビジネスシーンでもよく耳にする「フレームワーク」。ここではこの言葉の意味から、どのような効…

2016/11/26
コミットメントって何?

横文字が多く使われる時代ですが、その中でも使用頻度が多いので覚えておきたい言葉にコミットメ…

2016/11/26
アサインってどういう意味?

  アサインとは、どういう意味なのかご存じですか?ビジネスシーンにおいて、どんな…

2016/11/26
プライオリティーって何?

プライオリティーって、どのような意味なのでしょうか?なんとなくは、解ってるけれど、本当はど…

2015/07/02
同僚ってどういう意味?

  ふだん何気なく使っている「同僚」という言葉。耳慣れた言葉ですが、正確な意味・…

2014/07/15
転職活動のスケジュール

転職活動に必要な行動に、仕事・求人を探す、応募書類をつくる、面接に行く等がありますが、実は…