×
ワーク・ライフ・バランスについて紹介するページです。求人情報を見ていると、ワーク・ライフ・バランスを大切にできるといった文言を見かけることがあると思います。こちらでワーク・ライフ・バランスの意味を正しく理解しちゃいましょう。
2016/11/26

ワーク・ライフ・バランスって何のことなの?

ワーク・ライフ・バランスって何のことなの?

ワーク・ライフ・バランスとは「仕事と生活の調和」と言う意味で、国民一人一人が仕事にやりがいと充実感を持ちながらも、生活の質を落とさずにいるための調和のことを言います。

ワーク・ライフ・バランスっておもに何をしているの?

ワーク・ライフ・バランスとは国民一人一人が仕事にやりがいと充実感を持って、取り組みながら、生活面では地域社会とよりよく繋がり、中高年期も充実した生活を維持できるような調和にとれた職業環境を創ることを目指しています。

2007年に「ワーク・ライフ・バランス推進官民トップ会議において策定された「仕事と生活の調和憲章」と「仕事と生活の調和推進のための指針」に基づいて、主に女性の社会進出、少子高齢化社会の改善をめざしています。

ワーク・ライフ・バランスの実現が必要な理由

ワークに重きを置き過ぎたこれまでの日本の政策では過労死、精神疾患者の増大などの問題が噴出しています。そんな状況にありながら子供を産んで育てる事、また年老いた親の介護などを行うのは不可能に近く、ワーク・ライフ・バランスではそうした問題点の改善をも目指しています。

具体的には働き方、休み方の変化を定着させて、ライフの部分の充実を保証する経営戦略を考えています。今のままでは労働者数も先細りしてしまうため、ライフに重きを置き、ワークが潰れることのないバランスづくりが進められています。

ワーク・ライフ・バランスの問題点

ワーク・ライフ・バランスは、官民が一体化して推し進めるべき課題です、けれども実際にはワーク・ライフ・バランスを積極的に取り入れている企業は少ないのが現状です。

それと言うのも企業が求めているのは利益であり、ワークとライフのバランスをとる事によって企業の実績が落ちてしまうことが往々に認められるからです。

特にワーク・ライフ・バランスに取り組み「法規制を上回る育児休暇」「介護休暇を」認めた企業が、ワーク・ライフ・バランスを推進したことで業績が下降したとしています。

官では利害関係がないため、すみやかに進めたいワーク・ライフ・バランスですが、成果主義の企業にとっては頭の痛い問題になりそうです。

ワーク・ライフ・バランスの今後

ワーク・ライフ・バランスが実際に機能するためには、新たな労働資本の創生の一環としてワーク・ライフ・バランスを捉えより積極的に関わっていくことが大切です。

関連する記事
2017/11/16
資格があれば、転職も安心!転職のプロがおすすめする資格一覧

いつか転職するかもしれない。そのときに、確実なスキルの証明書となるのが「資格」です。漠然と…

2016/11/26
コンフリクトって何?

コンフリクトは衝突、葛藤、矛盾を表し、IT業界では1つのIRQに複数のデバイスが集中するこ…

2016/11/26
ネットワークスペシャリストってどんな仕事?

「ネットワークスペシャリスト」という資格があることを皆さんはご存知でしょうか。どのような資…

2016/11/26
デューデリジェンスって何?

デューデリジェンスについて、良く内容を知っているという方もいる一方、なんとなくわかるけど正…

2016/11/26
フレームワークとは?

ビジネスシーンでもよく耳にする「フレームワーク」。ここではこの言葉の意味から、どのような効…

2016/11/26
プランナーってどんな仕事なの?

プランナーとは日本語で「企画者」の意味ですが、業界等でその役割や定義付けは異なります。プラ…

2016/04/16
ルーチンワークって何?

ルーチンワークという言葉は何度か耳にしたことはあるでしょうか。しかし、その正確な意味がよく…

2015/03/03
ネットワークエンジニアとは?NEの仕事内容・スキル

ネットワークエンジニア(NE)とはどんな職種なのでしょうか。「ネットワークを専門に扱うエン…

2014/10/29
ハローワーク新宿へ行ってみよう

突然ですが、ハローワークへ行ったことはありますか?なんとなく「行ったほうがいい」ということ…

2014/08/08
ハローワークの求人とは?

求人情報の探し方の一つとして、国が運営するハローワーク(公共職業安定所)を利用する方法があ…

関連するキーワード